【キャリア心理】25 自己分析編 マーケティング手法を使って自己分析ができる!?

SPONSORED LINK



こんにちは、モラトリアム中のシオンです。

前回は、転職するにあたり、
❶まずは自分について知るということ
❷そしてそれがわかったら言葉にしてみること
❸そして世の中とそれがマッチしているのか照らし合わせること

が大事であり、特に❶と❷を反復する作業が必要ですよと
お話しました。

今回は、それに関わり❶まずは自分について知るということという点に役立つ情報をお届けします。

スポンサーリンク


自分のことが自分ではわからない

さて、本題に入って行く前に
人はどうして自分のことが自分でもよくわからないのでしょうか?

こんなこと言い出すと、え?それって病気なんじゃないかとか
それって甘えた人間の言う言葉だとか

いえいえ、人ってそもそも自分のことがわからないんですよ

自分が何を食べたいのか
自分が何をしたいのか
自分は何を面白いと感じるのか

わからないんです

だから本当に納得のいく選択をすることって難しい

例えば、ファミリーレストランのたくさんあるメニューの中から
値段やカロリーや栄養を気にしだすと
本来、自分が食べたかったもの(これは実ははっきりとは決まっていないが)
を選ぶことは難しい
選んだはいいが納得しない

大抵こんなもんです
でもそれって普通じゃないですか?

だって、本当に食べたかったものってそのファミレスのメニューの中に存在していることほぼないから
行きつけのおみせだったら別ですけど
ただ、選ぶ基準として

これとこれならこっち=比較すること

って大事なのです

私は人と比べてこれが好きだなとか
あの人はこれが大事だと言ったけど、どちらかといえば私はこっちだなとか

より自分が欲するものに近づけていくこと
そうすることで自分の価値観が見えてくるから
それが自分についてわかるということにもなるでしょう

スポンサーリンク


自己分析ツールってたくさんあるけど

適性診断を利用する

◼︎マイナビ2018 – 自己分析ツール「適職診断MATCH」
◼︎エニアグラムで自己分析|エニアグラム無料診断

多くの人が一度は使ったことがあるでしょう

こういったサイトは自分の適性や性格的な特徴について知れるので
オススメです。やってみて損はありません。
それがわかることで客観的に自分とつきあうことができます。
変に悩んだりすることもないでしょう

親に聞く

自分ってどういう子供だった?とご両親や友人・知人に聞くのもあり
意外と忘れていた過去も引き出してくれるでしょう

過去から現在に至るまでの自分史をつける

今、あなたが立っている場所を生まれた時として
一歩前に進む。これが一年だとして、
その時何があったのか、その時の感情はどうだったのか
についてノートに記録していくことで自分についての過去を振り返る方法です

いろいろと方法はありそうですが、

私が特にオススメしたい方法

それは、マーケティング手法の一つペルソナを使った自己分析です

ペルソナとは?

商品やサービスのターゲットとなる象徴的な顧客像のことを指し、
ペルソナの設定はマーケティング企画立案の手法の一つ

(出典 ペルソナとは | SEO用語集:意味/解説/SEO効果など [SEO HACKS]

名前、年齢、性別、居住地だけではなく趣味や思考、行動傾向などを細やかに設定することで。要は、リアルにイメージできるある架空の人物を作り上げることで、
その人が好みそうな商品やサービスを作りやすくするというもの
ですね

私は、これって逆に自己分析ツールになりえるんじゃないかなと思いました。

どういうことかというと、

その商品やサービスが好きな自分は
設定されたペルソナの範囲にはまっているということ
ということは設定されたペルソナの中に自分の一部が見出せるのでは?

ということです

例えばですが、

私、「スープストック」が大好きなんです

食べるスープの専門店
「株式会社スープストックトーキョー」(2016年2月1日に会社分割により新設)が提供

ここは、秋野つゆという1人のペルソナに届けることにこだわっています

秋野つゆという人物像
◼︎基本情報
・都内在住
・独身かつ共働きで経済的に余裕がある
・都心で働くバリバリのキャリウーマン
◼︎特徴
・社交的な性格
・自分の時間を大切にする
・シンプルでいいものを追求する
・個性的でこだわりがある
・装飾より機能にこだわる
・・・

彼女が好みそうなシンプルかつセンスのいい空間と
彼女が行きつけになりそうな駅近や高級住宅街にスープストックはあります

(出典 スープストックの成功秘訣はこれ!共感をつくるお客様中心のペルソナマーケティング | イキゴト Digital Marketing

これを見て自分の要素が当てはまっている箇所がいくつかあるなと思いました
都内在住でもないし、経済的に余裕があるわけじゃないけど

シンプルでセンスのいいものを好むこととか、
いかにも女子ウケする派手な装飾ではなく
シンプルでも栄養の取れるという機能面を重視するとか

ここにどうも私はツボがあるようです

まとめ

❶まずは自分について知るということ
❷そしてそれがわかったら言葉にしてみること
❸そして世の中とそれがマッチしているのか照らし合わせること

今日は、ここについての内容でした。
いろいろツールはありますが、ペルソナマーケティングは
とっても逆をついた発想だと思います。

ぜひ、お試しください。

スポンサーリンク


SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です