松本潤ドラマ「99.9-刑事専門弁護士(続編/2期)」キャスト相関図とあらすじ動画

スポンサーリンク

2018年1月!あの刑事専門弁護士・深山大翔(松本潤)が帰ってくる!
同作品は、99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する刑事専門弁護士たちが、逆転不可能に重られる刑事事件に挑むというあらすじのリーガルドラマ。

続編が、18年1月14日(日)よりTBS日曜劇場で夜9:00〜(初回25分拡大)で放映される。
第2期では、前作からおなじみのキャストもいるが、木村文乃が新ヒロインに抜擢!

続編のキャスト相関図とあらすじをまとめてみました。

スポンサーリンク



「監獄のお姫様」に深山大翔弁護士が見切れていましたね。笑

99.9-刑事専門弁護士season2(続編/2期)が決定!

99.9-刑事専門弁護士とは?

主役の深山大翔(松本潤)は、99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する刑事専門弁護士。

ある日、何度も無罪を勝ち取っている実績を買われ、
日本4大法律事務所の1つ、斑目法律事務所の所長・斑目春彦 (岸部一徳) からヘッドハンティングされた。

斑目法律事務所の刑事事件専門チームにパラリーガルの 明石達也 (片桐仁) とともに移籍した深山であったが、ひょんなことからチームを組むことになる弁護士・佐田篤弘(香川照之)は、その真逆で民事のプロとして、時に手段を選ばず勝利にこだわってきた敏腕弁護士だった。

さらに、幼い頃から記憶力がよく、勉強もできたため、エリートの階段を躓くことなく昇ってきた優等生弁護士・立花彩乃(榮倉奈々)らが刑事事件専門チームを組み、刑事事件に挑む。

無実を証明できる確率がたとえ 0.1% だとしても、最後の瞬間まであきらめず、事実を追い求めていく主人公と、真逆のスタンスで生きてきた利益至上主義の個性派弁護士たちが交わったとき、チームにどんな化学反応が起こるのか、同作品の見所となる。

スポンサーリンク



99.9-刑事専門弁護士season2(続編/2期)のキャスト相関図やあらすじは?

さて、その続編では、刑事事件専門ルームの後任を探すまでの兼務ということと、後任が見つかったら、マネージングパートナーを譲るということを条件に再び深山大翔(松本潤)と佐田篤弘(香川照之)がコンビを組むことになる。

99.9-刑事専門弁護士season2のあらすじ

依頼人は、加害者・鈴木二郎の娘・加代。
鈴木が借金をしていた沢村ファイナンスの社長が殺害され、鈴木は、その事件の容疑者として逮捕・起訴されていた。そして、依頼人・加代の親友で、付き添いとしてやってきたのは、元裁判官・尾崎舞子(木村文乃)だった。

舞子はエリート裁判官として、順調にそのキャリアを重ねていたが、ある事件がきっかけで裁判官を退官。司法の世界から距離を置いていた矢先に、加代に相談されて、やって来たのだ。

しかし、舞子が、深山たちに求めたのは、加代の父親の無実を証明することではなく、情状酌量だった。舞子は裁判官時代の経験から、調書を見る限り加代の父親の犯行であることは明らかだと考えていた。
そのため、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と、真っ向から対立する。一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、あることを画策する――。

調書だけを見れば、有罪は確実。裁判で覆すことは困難に見えるこの殺人事件…果たして深山たちは事実を明らかにすることができるのか?

▼キャストは下記の通り。

(出典元:公式ホームページ)

深山大翔(34)
・・・松本 潤

班目法律事務所法務部の刑事専門ルーム弁護士。
99.9%有罪の案件でも妥協しない型破りな若手弁護士。
料理とダジャレと飴が好き。飲食店を営んでいた父親の影響で料理をするのが好きで、いとこの小料理屋でよく料理を作っており、その2階の1室を借りて暮らしている。絶対味覚の持ち主で、調味料だけにはこだわりを持ち、MY調味料セットを持っている。

佐田篤弘(48)
・・・香川照之

班目法律事務所法務部の刑事専門ルーム室長。
勝利と金、依頼人の利益を優先して人を見下しがち。
事実を追求する深山とたびたび衝突する。「相手の利益」が口癖で、勝負心が強い。唯一苦手なのが10歳年下の妻で、家庭では尻に敷かれている。

尾崎舞子(31)
・・・木村文乃

東京大学法学部在学中に司法試験に合格した元裁判官のエリート弁護士。
ある事件をきっかけに裁判官を退官して司法の世界から離れた。
親友の付き添いで斑目法律事務所にやってくる。論理的に物事を考えるタイプのため、理屈っぽく、その理屈っぽさが理由で、深山と意見がぶつかり喧嘩してしまうことも多い。

明石達也(41)

・・・片桐 仁

斑目法律事務所のパラリーガルで20年間の勉強でも弁護士になれていない。
司法試験の会場で出会った深山とは気の合う相手として付き合いが始まる。

次のページに続きます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください