内田正人 日本大学アメフト部 監督コメント・解任されない理由がヤバイ!損害賠償請求事由

「責任は俺がとる」(内田正人監督)

6日に調布アミノバイタルフィールドで行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で

日大DL(ディフェンスライン)91番 宮川泰介(みやがわ たいすけ)選手が、関学大QB(クオーターバック)奥野耕世(おくの こうせい)を相手に激しい(殺人並の)タックルを食らわせるなど3度ラフプレーで資格没収=退場となった事件。

日本大学アメリカンフットボール(=アメフト部の総称は「日大フェニックス」)の内田正人(うちだまさと)監督が指示こと、

さらに、被害者の関学大QB奥野耕世選手は、負傷退場し、足にしびれが出るなど全治3週間の大けがをしたことが判明しました。

連盟は、10日、監督に対して厳重注意処分をくだしていますが、ネットでは損害賠償事由、刑事事件レベルと批判殺到。

また、日大DL宮川泰介選手は、中国での大学世界選手権日本代表に選出された有力選手でしたが、6日までに代表を辞退。連盟は9日「(無防備な選手への)ひどいパーソナルファウル」に該当すると判断し、10日に最終処分決定まで対外試合出場禁止出場停止処分を決定。同選手においては、ネットでは退部や就職を懸念する声も聞かれています。

【動画】問題の殺人タックルシーン

試合自体は40年ぶりの対戦。

関学大と日大は共に学生アメフト界の名門で、

「青の関学」「赤の日大」として長年のライバル関係にあったとされています。(参考:スポーツ報知

日大の守備選手が関学大攻撃の1プレー目、関学大QB奥野耕世選手がパスを投げ終えた約2秒後に、日大DL宮川泰介選手が背後からタックル。

ルール上、パスを終えた後にタックルすることは禁止されています。

実際に、奥野選手は、パスを終えて完全に気を抜いている状態でした。

大変危険な行為なことは、素人の目からも明らか。

スポンサーリンク



 

QBはそのプレーで負傷退場。その後、足にしびれが出るなど全治3週間の大けがをしたことが判明。

日大DL宮川泰介選手は、その後も3度にわたるラフプレーでも不必要な乱暴行為を続け、5プレー目で退場処分となった。

なぜ、日大DL宮川泰介選手は、危険行為に踏み切ったのか。

 

スポンサーリンク



 

日大アメフト部内田正人監督のコメントがヤバイ!

日大DL宮川泰介選手にタックルを指示したのは、内田正人監督本人だったことが判明。

関係者によると、内田正人監督は、試合前、コーチや選手が集まるミーティングで、

「最初のプレーで、相手のQBに怪我をさせる。何か言われたら『監督の指示と言っていい。』との趣旨で選手の名前を挙げ、指示」したことがわかっています。

また、試合後に、「あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせているのは私の責任」と、驚愕のコメント。

こんな指導を間に受けて、宮川泰介選手は自分の将来を棒に振ってしまったと思うと、「惜しいことをしたな〜」と言う気分になる。

日大アメフト部 内田正人監督のプロフィール

  • 名前:内田正人(うちだまさと)
  • 生年月日:1956年
  • 年齢:62歳
  • 日本大学アメフト部出身
  • 職業:日本大学アメリカンフットボール部(=アメフト部の総称は「日大フェニックス」)の監督/日本大学の常務理事
  • 2003年より日大監督就任
  • 21年ぶりに、日大を日本一にした名将

「ショットガン」オフェンスに磨きをかけ、日本一を決めるライスボウルに出場するだけでなく、勝つことを目指します。昨年の雪辱を果たすには、4年生の変化がカギ。その成長が必ず日本一に近づくと確信しています。

監督の指示では、避けられませんよね。

なぜ解任されないの?賠償請求事由

なぜ、内田正人監督は解任されないのだろうか。

中には、「日本大学の理事」「日大の人事部長」という立場から、本来人事権を持ち、処分に当たる人間だからこそ、大学側も処分に手をこまねくと行った状況が考えられるという意見も。(参考元:https://chunen-metabo-diet.com/incident-19/)

関大側は損害賠償請求できるのだろうか。

関大側 怒りの抗議文 損害賠償請求する?

関学大は10日、日大の部長、監督宛ての抗議文書を送付。

「我々の認識としては、生命に関わる重篤な事故に、つながる可能性がある行為だったと考えています。このような常軌を逸した行為が起きたことについては、激しい憤りを持っております」(関西学院大学アメフト部 小野宏ディレクター 今月12日)

(引用元:TBS系(JNN)

「日大フェニックス」公式ホームページ(HP)に謝罪文を掲載していますが、

本学選手による試合中の重大な反則行為について

 5月6日に行われた本学と関西学院大学の定期戦において,本学選手による反則行為により大きな混乱を招き,関西学院大学の選手・関係者の皆さま,関東学生アメリカンフットボール連盟,また国内外のアメリカンフットボールファンの方々に多大な御迷惑と御心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
今回の事態を厳粛に受け止め,今後はこのようなことがないよう,これまで以上に学生と真摯に向き合い指導を徹底してまいります。このたびのこと,重ねてお詫び申し上げます。

日本大学アメリカンフットボール部

(引用元:公式HP

関学大は直接謝罪よりも先にHP上での謝罪文で済ませたことに不信感を募らせています。

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください