兵庫教育大学・浅川潔司元教授がアカハラ!原因はブラック職場?!

SPONSORED LINK



兵庫教育大大学院に2012年4月に入学した兵庫県の中学教諭(事件当時、たつの市立新宮中学校)是常美穂さん(54)が、所属ゼミの担当だった浅川潔司元教授から約1年にわたりアカハラを受けたとして、元教授と大学に慰謝料など約1千万円を求めた訴訟の判決が27日、神戸地裁姫路支部であった。裁判長は主張を認め、元教授と大学に計約130万円の支払いを命じた。15年3月に自己都合で退職したという浅川潔司元教授の経歴・研究内容や顔画像は?アカハラの実態とは?なぜ、アカハラはなくならない?大学の労働環境が問題だった?!

スポンサーリンク



「あんたは発達障害」「能力も低く論文など書けない」暴言横行、浅川潔司元教授によるアカハラの実態とは?

「(教授は)私には発達障害があり能力も低く論文など書けないとことごとく否定し続けました。」

  こう話すのは、たつの市立新宮中学校の中学校教諭是常美穂さん(54)。是常美穂さんは、2012年4月に不登校問題を研究するため兵庫教育大大学院に入学し、浅川潔司元教授の発達心理学が専門のゼミに入ります。

 しかし、是常美穂さんに待ち受けていたのは、いわゆる、「アカデミック・ハラスメント」。是常美穂さんを「おばさん」と呼んだり、「地獄を見ろ」と侮辱したり、理由なく調査データの廃棄を指示したり、発達障害がないにもかかわらず、「発達障害があり能力も低く論文など書けない」などと否定したり。卒業する13年4月まで、約1年間続いたと言います。

 

是常美穂さん勝訴!130万円の損害賠償命じる!

 是常美穂さんは、15年に元教授と大学に計約1000万円の支払いを求めて提訴。大学側は「アカハラ防止の措置を講じた」と反論していますが、実際には、大学側は、アカハラを把握しながら適切な対策を講じてきませんでした。

(参考元:神戸新聞

 裁判長は 是常美穂さんの主張を認め、元教授と大学に計約130万円の支払いを命じました。判決理由で「侮辱し人格を著しく傷つけ、研究活動の権利を奪った」とアカハラを認定。大学には「安心して研究活動に取り組める環境整備を怠った」としています。

 なお是常美穂さんは、「主張が認められ、うれしい。アカハラで苦しむ他の学生の勇気や希望となってほしい」とコメントしています。

浅川潔司元教授の経歴や研究内容は?

 浅川潔司元教授は、15年3月に自己都合で退職するまで、約30年間に渡り、 兵庫教育大学学校教育学部の助教、准教授、教授と努めてきた古株。


http://ftou2014.web.fc2.com/news.html

 時に、地元の小学校でスクール・カウンセラーを務めたり、市の適応指導教室運営委員を務めたりと、社会活動にも参加していました。

 ◆研究業績

●『人生移行の発達心理学』 北大路書房 1991 (共著)
●「児童期の共感性に関する発達的研究」, 『教育心理学研究』 , 第35巻 1987 (共著)
●「高校進学に伴う学校適応に関する研究-中学校での進路意識,学校適応と高等学校での
 学校適応の関連-」, 『進路指導研究』 2001 (共著)
●「青年期の社会的スキルと学校適応に関する心理学的研究」, 『兵庫教育大学研究紀要』 ,
 第9巻 2001 (共著)
●「阪神淡路大震災が小中学生に及ぼした心理的影響(第二報:震災後2年目までの推移)」,
 『精神神経学雑誌』 2000 :(共著)

https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000000136029/

最後に、アカハラは、なぜなくならないのか?労働環境が問題だと言います。

スポンサーリンク



なぜ、アカハラはなくならない?大学の労働環境が問題だった?!

 NPO「アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク」の代表・御輿久美子(おごし・くみこ)氏によれば、新規のアカハラの相談件数は、年間250~300件ほど、摘発される件数はまさに氷山の一角なのだと言います。

 その理由については、”大学教員の多忙さ”が主因。

 御輿氏によれば、

「 大学の教員はほとんど休みなしという状況が蔓延しています。少子高齢化で子どもが少なくなっている分、教育以外での仕事が増えました。まずは研究の成果を挙げること、そして地域貢献。
 さらにオープンキャンパスで受験生を増やすということまで大学教授に課されています。これらの仕事は、大学側から教授への評価対象になり、評価が高ければ成果報酬が得られますが、逆に評価が低ければ、減給、解雇ということもあり得ます」

http://diamond.jp/articles/-/142169

 確かに、私が学生の頃も、ゼミの教授は「ヒイヒイ」言いながら、業務が忙しいと言っていました。研究や授業だけが仕事じゃなく、委員会があって、さらにはその実行委員会だったりすると、なおのこと忙しい。さらには、地域活動もして、オープンキャンパスで学生を獲得して・・・となると、相当な業務量なのでしょう。さらに、そこに研究成果が求められれば、言い訳のできないプレッシャーが降りかかる。

 大学全入時代において、大学教員の仕事は見直されるべきタイミングにきているのかもしれませんね。

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です