山田実理事長プロフィール(天水連の連長)阿波踊りの家柄で経歴もスゴかった!

江戸時代より約400年続く
日本の伝統芸能「徳島の阿波踊り」
クライマックスを彩る総踊りにおいて、

2018年、今年は、阿波おどり振興協会の山田実理事長と
徳島・遠藤彰良(えんどう あきよし)市長との間に、
「総踊り」をめぐり内紛がありました。

山田実理事長プロフィールと家系,家族について調べています。

「徳島の阿波踊り」赤字4億!2018年総踊り中止問題とは?

毎年8月12日 – 15日のお盆期間に開催され、
県内外か123万人を呼び込む四国名物・阿波踊り。

地元の阿波おどり実行委員会がイベントを切り盛りし、
去年までは毎日最後に1500人の踊り手がおどる「総踊り」が
フィナーレの名物であり、最大の見せ場。

2007年公開の映画「眉山」の
クライマックスシーンにも使われていました。

ところが、今年は、阿波おどり振興協会の山田実理事長と
徳島・遠藤彰良(えんどう あきよし)市長との間に、この総踊りを巡って
波乱があり、2018年総踊りは強行突破!

(出典:ユーチューブ

阿波踊りが開幕した12日に、
山田理事長らが

「遠藤市長にいじめられている、阿波おどり振興協会です」

と観客の前でしゃべりだすと大きな歓声。

「どこかで、総踊りができないかと考えている」と訴えると、
拍手喝采で総踊りへの期待の大きさ、支持がうかがえた。

引用:【Yahoo!ニュース(AERA dot.) 2018.8.13.】

とのことで、踊りを庶民に返せコールが
鳴り止みません。

一方で、今回の混乱により、
阿波踊り」というブランドは毀損してしまった
という専門家の意見も多く、世間からも同様に、
完全に落ちたよねと、厳しい意見も聞かれます。


めっきり市長が悪者になる構造ですが、


一躍ヒーローとなった
山田実さんですが、一体、どのような方なのでしょうか。

スポンサーリンク



 
 

山田実理事長(阿波おどり振興協会)プロフィールと家系,家族,性格は?

こちらの動画で、山田理事長のお人柄について知ることができます。

昭和28年生まれ。
山田稔会長は、現在「天水連」連長を勤めています。

趣味:スポーツ全般>ゴルフ

ゴルフから見た阿波踊り、
阿波踊りからゴルフ?

阿波踊り歴は61年。
もともと祖父の代から阿波踊り一家。
祖父が、初代「天水連※」の連長で、
父は2代目連長。

何があっても、逞しく、楽天的に過ごす。目の前のことに熱中して、とことん極める。
    情けがあって、やさしいそれが 阿波の
“天水”と呼ばれる人

(引用:公式サイト

平成15年11月に3代目村島連長(現会長)から、
4代目の連長を引き継ぎます。

3歳の頃から踊り始めたということで、
何と60年以上も踊り続けているようです。

(参考:公式サイト

尊敬する人は?

子供のうちから、そのような家系で
育ってきましたので、お盆以外は阿波踊り以外、
考えられないと言うほどの情熱を持たれているようです。

尊敬するお父様からは、あくまで日本舞踊なので、
指先など所作に意識を払うようにと言い伝えられてきたと言います。

阿波踊りへの変化や未来について、
大変、思い入れがある方だなと感じました。

遠藤彰良徳島市長には、告訴された経歴があるって、本当?
リコールで解職も有り得る?

徳島・遠藤彰良市長|告訴の経歴と真相!リコールで解職の可能性は?

2018.08.15

スポンサーリンク



 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください