久保木愛弓の顔写真は美人看護師?大口病院事件の犯人「いじめの被害者自作自演?」

「大口病院」(横浜市神奈川区)で、16年9月、入院患者2人が中毒死した怪事件で

7日、事件の容疑者として逮捕された犯人は病院の元看護師だった女・久保木愛弓(きぼきあゆみ)容疑者(31)=横浜市鶴見区=が逮捕されました。(顔写真あり)

大口病院事件の犯人プロフィール(年齢、高校、大学)経歴は?

久保木愛弓(きぼきあゆみ)容疑者逮捕!大口病院事件の犯人の名前(実名)プロフィール(年齢、高校、大学)

「看護師のエプロンが切り裂かれたり、カルテが紛失したり、飲み物に漂白剤が入れられたりと、犯罪のようなことがいろいろ起こっていて、大丈夫だろうかと思っていた」

逮捕前、久保木愛弓容疑者は、事件当時、病棟で異変が起きていたとしながらも、自身の事件との関わりについては否定していたどころか、事件の被害者として”自作自演”していたようですね。

詳しいプロフィールはコチラ。

  • 名前:久保木愛弓(きぼきあゆみ)
  • 年齢:31歳
  • 住まい:横浜市鶴見区
  • 職業:元看護師
  • 経歴:3年前の5月に旧「大口病院」に採用
  • 出身高校・学歴:神奈川県秦野市の県立高校を卒業後、看護の専門学校に通い、10年前に看護師免許を取得

殺人を犯しながらも平然と2年間、生活し続けた犯人、まさに、サイコパスですね。

一体、どんな事件だったのでしょうか。

スポンサーリンク



 

大口病院事件とは?その後「横浜はじめ病院」で現在経営開始

「異物混入された点滴を受けた患者が連続2人死亡する事件」

こんな病院、できれば行きたくないですよね。

病院は組織として解体され、現在は17年12月1日から病院名を「横浜はじめ病院」に変更し経営を開始しました。

  • 名称: 医療法人社団 慈啓会 大口病院
  • 住所: 〒221-0002 神奈川県横浜市神奈川区大口通130

亡くなったのは、それぞれ

  • 西川惣蔵さん=横浜市青葉区=(16年9月18日)
  • 八巻信雄さん=横浜市港北区=(16年9月20日)

司法解剖の結果、界面活性剤(殺菌作用が強い消毒液「ヂアミトール」に含まれるもの)の成分が検出され、中毒死と判明。

そしてこの事件が起きたのは、今から約2年以上も前のこと。

さらに、朝日新聞によると、

<2016年>

4~8月 院内で看護師の服が切り裂かれる、飲み物に異物が混入されるなどのトラブル。横浜市に情報提供のメールが届く

(引用:朝日新聞

とのことで、この病院では看護師スタッフ同士による「エプロン切り裂き事件」「カルテ紛失事件」などのいじめ発生していたようです。

看護師はいじめの被害者を自作自演していたのか?

このメールでの情報提供者というのはアカウント名<「phoenix」@ngu19690604>から寄せられる内部の人間であり、事件の通報者とも言われています。そして、このいじめの被害者が犯人の31歳看護師・久保木愛弓容疑者なのではないか?と噂です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください