「ブラックペアン」ロケ地【大学 病院編】東千葉メディカルセンター/藤田保健衛生大学病院

テレビドラマTBS日曜劇場「ブラックペアン」が4月22日(日)スタート。毎週日曜よる9時〜放送。主演が、嵐・二宮和也、そして原作である『ブラックペアン1988』現役医師である海堂尊先生の長編小説とあり、早くも話題必至。そこで今回はドラマを盛り上げるべく、「ブラックペアン」のロケ地について、ご紹介。今回はドラマに登場する「東城大学医学部付属病院」の撮影場所についてご紹介。日本一大きいと言われる 愛知県豊明市「藤田保健衛生大学病院」と「東千葉メディカルセンター」、「創価大学」で撮影が行われました。ドラマ放送後のエキストラ募集もありますので、そちらの情報についても転載しています。

日曜劇場「ブラックペアン」予告動画

さて、ドラマの中では、このシーンですね。

ドラマに登場する「東城大学医学部付属病院」の撮影場所は、

日本一大きいと言われる 愛知県豊明市「藤田保健衛生大学病院」、

千葉県東金市「東千葉メディカルセンター」、

そして「創価大学」などで撮影しています。

スポンサーリンク



 

「ブラックペアン」ロケ地【大学 病院編】創価大学

第一話、新任講師・高階権太(小泉孝太郎)
東城大学医学部付属病院」の門をくぐる瞬間

こちらは、「創価大学」で撮影が行われました。
ちょうど季節が春で桜が綺麗ですね。

  • 住所:〒192-8577 東京都八王子市丹木町1丁目236
  • 電話番号:042-691-2211

校門の名前も「東城大学」に変えたんですね。

「ブラックペアン」ロケ地【大学 病院編】東千葉メディカルセンター

 

東千葉メディカルセンター外観

実はココは、木村拓哉さん主演『アイムホーム』、綾野剛さん主演『コウノドリ』や、
松本潤さん主演『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』などでも、使用されていた医療ドラマの聖地らしいのです。

  • 住所:〒283-8686 千葉県東金市丘山台3丁目6番地2
  • 電話番号:0475-50-1199

東千葉メディカルセンター内観

伊藤綾子アナ 二宮和也と車中デート【画像】匂わせ入浴写真に最新情報。退所理由は結婚準備か「もう何を聞いても驚かないよ」

2018.04.11

スポンサーリンク



 

「ブラックペアン」ロケ地【大学 病院編】藤田保健衛生大学病院

そして、もう一つ。

巨大な病院群が・・・こちらは

実は、日本一大きい病院として有名な愛知県豊明市「藤田保健衛生大学病院」です。

衛星写真で見ると、その大きさがとてもよくわかります。

会議室は、病院ではない!沼津市の「プラサ ヴェルデ」

<会議室・ホール>は静岡県沼津市の
コンベンションホール「プラサ ヴェルデ」です。

 

「ブラックペアン」ロケ地【会議室ホール】沼津「プラサ ヴェルデ」千葉・神奈川のエキストラ募集

2018.04.22

伊藤綾子アナ 二宮和也と車中デート【画像】匂わせ入浴写真に最新情報。退所理由は結婚準備か「もう何を聞いても驚かないよ」

2018.04.11

スポンサーリンク



 

「ブラックペアン」ロケ地 千葉・神奈川のエキストラ募集

なお、ドラマ放送後のエキストラ募集もありますので、そちらの情報について転載します。
主な撮影地は、千葉「東千葉メディカルセンター」、神奈川横浜市のスタジオが多いみたいです。
ブラックペアン」ロケ地 千葉・神奈川のエキストラ募集ページを見る

日曜劇場「ブラックペアン」放送スタート【予告動画・あらすじ】

日曜劇場「ブラックペアン」予告動画

日曜劇場「ブラックペアン」あらすじ

東海地方にある東城大学医学部付属病院では、
“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)によって、
難しい心臓手術が行われようとしていた。

三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控え、
佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎啓介教授(市川猿之助)もこの手術を見学、
治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)
医療ジャーナル誌編集長・池永英人(加藤浩次)も注目する手術だ。

そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者の容態が急変。
医師たちが対応にあたるが状態は悪化、
研修医の世良雅志(竹内涼真)
新人看護師の花房美和(葵わかな)らはなす術がない。

そんなとき、手術室に一人の男が現れる。
同僚医師らから“オペ室の悪魔”と呼ばれる
外科医・渡海征司郎(二宮和也)は、鮮やかなオペをしてみせるが…。

一方、東城大にやってきた新任講師・高階権太(小泉孝太郎)は、
最新医療用機器「スナイプ」の使用を推進しようとする。
彼は西崎教授から東城大に差し向けられた刺客だった─。

「ブラックペアン」原作は現役医師・海堂尊先生の小説

「ブラックペアン」原作は、『チーム・バチスタの栄光』(文学賞『このミステリーがすごい!』大賞作品)、
シリーズ作『ナイチンゲールの沈黙』『ジェネラル・ルージュの凱旋』などで知られる海堂尊先生の小説です。

海堂尊先生は、現在は「国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構」に勤務される現役医師であり、小説家でもあります。

あらすじは、昭和63年、東城大学医学部付属病院を舞台に、
一人の研修医が二人の医師との関わりの中で成長していく姿を描いた群像劇。

「ブラックペアン」主題歌は小田和正「この道を」

現在70歳の小田和正さんが手掛けた「この道を」は15作品目のドラマ主題歌!
TBS日曜劇場の主題歌を担当するのは、小栗旬主演の『獣医ドリトル』以来2回目。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です