スペイン発・青ワイン|Gik(ジック)通販でも販売|味・評判は?

スペインにあるバスク大学の学生らが、青ワイン<Gik(ジック)>を開発・販売したことが今、日本でも話題になっていますね。ベンチャー企業「ジックライブ!(Gik Live!)」を立ち上げ、初年度のワイン販売数は3万本で、2017年には50万本。

  • 青いワイン「ジックブルー(Gik Blue)」はどこで買える?通販や販売先は?
  • 青いワイン「ジックブルー(Gik Blue)」のどうやって作るの?作り方やレシピは?
  • 青いワイン「ジックブルー(Gik Blue)」の味・評判は?

スペイン発・青ワイン|Gik(ジック)どこで買える?通販や販売先は?

通販でも購入できます。

日本でも店舗で楽しめます。

青いワイン「ジックブルー(Gik Blue)」の味・評判は?

ブルーワインに対する反応は、はっきりと二分されるようです。とある英紙では、「甘い、非常に甘い、甘すぎる」と評され、ワイン情報サイトでは、「保守的な」産業で見られる革新の一つだと言われます。

スペイン発・青ワイン|Gik(ジック)どうやって作るの?作り方やレシピは?

ポルトガルは南北に560km、東西に160kmと小さな国ながら、北部の丘陵地帯と南部の平地では平均気温や降水量が大きく異なり、同一地域に異なる土壌タイプが共存する産地もあり、多彩な気候や土壌がポルトガルワインの多様性を生み出しているといいます。

バスク地方の最大都市ビルバオ(Bilbao)北方の町ポルトゥガレテ(Portugalete)に本社があるといいます。海も近く、貿易が盛んなので産業が発達している街、とても素敵な街ですね。

その造りの歴史は古く、紀元前2000年頃から。近年では伝統的なブレンドテクニックを用いながらも新たなスタイルへの改革が急速に進んでいるのがスペイン。今回の青ワインも、そうした流れにあるのかも。

作り方は、大量の白ワインに少量の赤ワイン、それにほんの少しの果醪(かもろみ)または搾りたてのグレープジュースを混ぜ合わせる。

青い色は「天然素材とテクノロジー」の融合の結果で、インジゴカルミンと赤いブドウの皮に含まれるアントシアニンの2種類の色素を混ぜ合わせることで作られる。

それ以上は「企業秘密」とされています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください