ボブ・サップが現在 筋肉増強剤の割に弱い!朝青龍との決戦見送りも覚悟か

スポンサーリンク

身長200cm、体重145kgの巨漢ボブ・サップは、年末大晦日Abema(アベマ)TV特別企画として「朝青龍を押し出したら1000万円」(31日・後8時)に出演し、1000万円をかけてあの朝青龍と対決する予定だった。しかし、今回の週刊文春の記事により、出演は見送りか。11年、一線で活躍したあの巨漢も現在は、「彼は格闘技やる気あるのか?」など”弱い”と海外では噂される始末だが、そんな彼に、文春砲!

内容によれば日本人の元恋人が、「(サップは、)鎮痛剤の中毒で、1日に10錠以上も飲むことがありました。また、試合が近づくと筋肉増強剤や興奮剤も服用していた。」とドーピングの事実を告白。さらに、「試合前はイライラが増し、暴力も酷かった」とDV(暴力)もあったという。

スポンサーリンク



◆ボブ・サップが、DV容疑で週間文春に!こちらの記事で詳しく書いています。

ボブ・サップが文春砲!恋人A子(動画)にDVで逮捕か?!睡眠薬で自殺未遂、ドーピング…刑事事件に発展してもおかしくない!

2017.12.20

ボブ・サップは”弱い”のか?!「彼は格闘技やる気あるのか?」海外の反応

ボブ・サップが中国人にあっさりと負ける試合に海外の格闘技ファンも失望しているという。
というのも中国で行われた大会で、中国人選手にあっさりやられてしまったのだ。

アメフト選手から格闘家に転身し、日本で脚光を浴びたのは2002年。同年、日本でデビュー戦を勝利。約半年後のK-1ワールドグランプリで、アーネスト・ホーストを倒したことで、一躍、格闘家としての知名度を上げた彼だが、その時の栄光や何処に・・・

◆海外の反応
・なんだこの試合は・・・。
・これまた酷い試合だな(笑)
・(通称ビーストなボブサップだが)いじめられるビースト!
・やる気あるのかこれ?
・彼はガタイの割りに弱過ぎるよな。

(出典・参考元:ライブドアニュース

しかし、そんな彼は筋肉増強剤を使用しているが・・・
これは、ドーピングということか、元恋人がさらに衝撃的な事実も告白していた。

ドーピングだけじゃない?!ビーストの裏の顔は、やはり野獣そのものだった?!

今月20日、週刊文春が衝撃的な動画を投稿した。

日本人の元恋人によれば、

「(サップは、)鎮痛剤の中毒で、1日に10錠以上も飲むことがありました。また、試合が近づくと筋肉増強剤や興奮剤も服用していた。」

とドーピングの事実を告白。

さらに、

「試合前はイライラが増し、暴力も酷かった」

とDV(暴力)もあったという。

◆ボブ・サップが、DV容疑で週間文春に!こちらの記事で詳しく書いています。

ボブ・サップが文春砲!恋人A子(動画)にDVで逮捕か?!睡眠薬で自殺未遂、ドーピング…刑事事件に発展してもおかしくない!

2017.12.20

ドーピングに、ストーキングに、DVとくれば、これほど”野獣”の名にふさわしい野獣はいない。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください