「僕とシッポと神楽坂」ロケ地 |赤城神社で相葉雅紀の秋ドラマ撮影・目撃情報あり

10月12日夜11時15より新金曜ナイトドラマ『僕としっぽと神楽坂』が主演・相葉雅紀でスタート。

舞台となる神楽坂、赤城神社からスタート!旅館や和菓子屋さんなんかも撮影場所になっているようです!

ここではロケ地について紹介していきます。

赤城神社|ドラマ『僕としっぽと神楽坂』ロケ地

まず、一番気になる神社ですが、ここは、神楽坂の上の方にある赤城神社が撮影場所に選ばれました!

赤城神社

東京都新宿区赤城元町にある神社は、明治維新までは赤城大明神赤城明神社と呼ばれていました。

岩筒雄命(いわつつおのみこと)と、相殿として赤城姫命(あかぎひめのみこと)を祀っています。

岩筒雄命は火の神である迦具土神より生まれ、経津主神の親神にあたるという、赤城姫命は一説によると神社を創建した大胡氏の息女と伝わり、別当寺である東覚寺の本地仏です。

 

赤城神社とパークコート神楽坂

[出典:Wikipedia

[出典:Googleマップ

旅館和可菜前|『僕としっぽと神楽坂』ロケ地

さらに、神楽坂4丁目にある旅館和可菜前の小道で相葉雅紀さんの目撃がありました。

こちらの小道は神楽坂では名所の一つとして数えられていて、二宮和也さん主演のドラマ『拝啓、父上様』でもロケ地になっています。

旅館和可菜

有名な文豪たちが愛した老舗旅館。

今井正、内田吐夢、田坂具隆、山田洋次、石堂淑朗をはじめ、日本を代表する映画監督、作家、脚本家たちが和可菜に滞在し、作品を書いていました。50年以上も続く老舗旅館です。

 

[出典:Googleマップ

神楽坂梅花亭(かぐらざか ばいかてい)|ドラマ『僕としっぽと神楽坂』ロケ地

また、和菓子屋さんでも撮影が行われていました〜

[出典:神楽梅花亭Twitter

神楽坂梅花亭

一九三五年(昭和十年)の創業以来、「安心、安全、観て楽しく、食べておいしい」を心がけて和菓子作りをしています。国産の安心して食べられる素材を、無添加にこだわり、心を込めた手仕事で季節感あふれる和菓子に仕上げているお店です。

ドラマ「僕とシッポと神楽坂」あらすじ・予告動画

高円寺達也(相葉雅紀)は生まれ故郷の東京・神楽坂へと帰ってきました。

数年の勤務獣医師経験を積み戻ってきた理由は、徳丸動物病院の後を継ぎ独立するためだったのですが……。

ところが病院の主・徳丸善次郎(イッセー尾形)はすでにおらず、「あと若造獣医師に任せたのでよろしく!」の張り紙だけが残されていました。

仕方なくドタバタで開業しますが、若くて頼りなさそうだと患者が引き返していくはめに……。

しかし、一見頼りなさそうな達也ですが獣医としての腕は確かで、とくに手術となると素晴らしい手際を見せます。難手術をこなしていき、徐々に馴染んで「コオ先生」と呼ばれ頼られるようになっていきます。

病院の名前も「坂の上動物病院」に決まり正式に始動することとなりましたが、一つだけ問題があります。頼れるAHT(動物看護師)さんが、なかなか見つからずに困っていたのです。

そんな中、加瀬トキワ(広末涼子)と巡り会うことになります。トキワはAHT歴10年のベテランで大病院への就職が決まっていたのですが……。

キッカケはトキワの息子・加瀬大地(矢村央希)が事故にあった犬を助けたことからです。犬を救ってほしいと泣いて懇願する大地。コオ先生はトキワの助けを借りて難手術を成功させます。

ピッタリと息のあった二人はお互いを認め合い。

病院に来てほしいとた頼むコオ先生に、トキワは決まっていた病院を断り、坂の上動物病院へやって来ることになりました。ベストパートナーの二人に、研修医の堀川広樹(小瀧望)、看板犬のダイキチ(アトム)なども加わって坂の上動物病院は、神楽坂で動物たちを救っていきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください