【キャリア心理】10 収入編 「知っているか、知らないかでこんなに人生変わるのか」前編

SPONSORED LINK



こんにちは、モラトリアム中のシオンです。

今日は、ちょっと感動する記事を見つけたのでシェア(出典 世界を旅するために、4つの仕事をかけ持ちして貯金した女性の物語 | TABI LABO

仕事4つってやばいですよね。110時間って1日15時間計算ですよ。残業、7時間ってやばい!

お金って使い道が決まると入るって本当なんですね!とはいえ、レベル高いなあ。。。

さて、前回は、豊かになることは選択肢を増やすためにもいいですよっていう話をしましたね。

今回は、じゃあ何で私がそんなに豊かになりたいの?って話をします。

結論から言うと、別にお金の管理をしたからでもなく、日本経済を知ったからでもなく・・・

正直、何となく稼ぎたいなって学生時代から思ってました。

だって、稼いで経済的に自立している女性ってめっちゃかっこよくないですか?

理由は、それだけです。

でもそこから始まって、結論、稼いだ方がいいんだろうなって至りました。
その話を二回に分けてしていこうと思います。

スポンサーリンク


ストーリーの始まり「経済的に自立したい!」

私、⼤学卒業時に、独⽴系FPの友⼈が居まして、契約を結んで⽣涯設計プランを⽴ててもらったんです。

というのも、将来⾃⽴したいって思っていたから。(ちなみに⾃⽴っていうのは、⾃活とは違う。⾃分で稼いだお⾦で⽣活をするレベルじゃなくて、ちゃんと親元をや離れて、住むところも仕事も⾃分で決める意志と経済⼒を持って⽣活しているということ。)

団体就職っていうけど、みんなと同様⼤学3年でいわゆる就活をします。

どこかの会社に⼊ること、そこで会社員をして、稼いだお⾦で⾃活していくんだなっていうことはなんとなくイメージしていた。それ以外の⽅法もそれ以外の考え方があることも知らないから。

じゃあ、その会社で⽣涯働いたとして、私は⾃⽴できるのかな?って単純に疑問に思った。

結婚したい時に結婚して、⼦供を育てて、親を介護して、マイホームを持って、⽼後は快適に遊ぶ⽣活が送れる?ってそう、FPの人に聞いた。

答えはノーだった。

スポンサーリンク


知っているか、知らないかで人生は大きく変わる!

これはちゃんと勉強している⼈なら、当たり前っていうレベルのこと。これからAI化と失業リスク、それによる給与減額、病気怪我によるリストラのリスクだってゼロじゃないし、介護や医療費ようは膨らむ⼀⽅だし、そんな社会なのに⾃⽴するって、⼀つの会社でずっとお勤めしててもこれ無理だなって試算は、出ていた。

私が知らないだけで。で、何かしら複業をしたり、資産運⽤したりする対策はした⽅がいいって⼤卒時点で思った。

でも、同じタイミングで会社の内定式やら新⼊社員研修が始まった。正直、動き出すのが遅かったなって後悔した。学⽣時代の時間のあるときにもっと⾃分の⼈⽣プランについて計画を⽴てたり、具体的な⾏動に移すべきだったなって。

でも、後悔してもしょうがないから、そのあとは、情報を集めた。私は、ここから始まったから、ぜひみんなにもどうしても知っておいて欲しいと思います。「どうして対策が必要なのか?」について。

何も考えないし、何も⾏動しない、今のままでいいっていう判断は、これからの⽇本社会について知ってからでも遅くないと思います。

もちろん、自分で調べてもいいし、これから後編でも話していこうと思うのでそれを種に考えてみてもいいと思います。

情報は、1年間私が東京に通って(総試算 24万円 150時間の交通費とセミナー代や時間をかけて⾜かせ得た情報です)得たものをできるだけわかりやすく編集してお届けしようと思います。

では、次回もお楽しみに^^

スポンサーリンク


SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です