【キャリア心理】33 仕事編 会社で認められようなんて思ってない?

SPONSORED LINK



こんにちは、モラトリアム中のシオンです^^

今日は、尊敬している大学時代の先輩との対話場面から始まります。

その人は、

人を諭すのもうまいし
人から答えを引き出す問いを作るのもうまい
人を限界までチャレンジさせるのもうまい

まさにコーチングに向いているんじゃないかなって思う人

スポンサーリンク


承認欲求を満たすための仕事

「ところで詩音ちゃんさ、なんで東京に来ないの?」と先輩。

「え?突然どうしたんですか?」と私。

「だって、来る気になればこれるでしょ?」

「ああ・・・」

まあ、確かに東京には友達もいるので
行く気になればたとえ物価が高くても友達に頼るということもできるのです

なのにどうして来ないのかな?っていうわけです

「う〜ん。私、今の会社で新しい仕事をもらえたことが嬉しかったんですよ」

そう、私2年前に入社してこのかた、新しい仕事を任せてもらえるという経験は1年ぶりくらいの話。
異動=世に言う事業所内異動問いうタイミングで身体を壊し仕事に卑屈になっていた私は、
仕事へのモチベーションも低くて辞める間際の人間に見えたことでしょう。
そんな人間に仕事は舞い込んできません。

信頼されないということは新しい仕事を任せてもらえないことだとそこで知りました。

でも悔しくて、悔してく。もう少し頑張れる自分がいるのに、どうして認めてくれないのか。

だから、タイミングを見計らって
思い切ってもっと新しい業務に挑戦したいと申し出たんです。

その時の動機は「任せてほしい」というより
「新しい業務を覚えなければチームに迷惑をかける。もっとチームで活躍したい」というのが本音でした。

そんなこんなで、だいぶチームにコミットするようになったのがちょうど1年前でした。
もうここで働くんだということに腹をくくった瞬間でもありました。

そこから業務をマスターしていくに連れて、基本業務外の仕事=つまりやりたい仕事が
できるという環境を作ることができた
んです。

ここまで来るのに、2年、3年近くかかりました。

やりたい仕事がしたい理由
それは簡単です

認められたかったんです

仕事のできない詩音ちゃんって思われるのが本当に苦痛で
基本業務をようやくマスターして
やりたい仕事ができる
やりたい仕事なら成果が出せる
成果が出れば「すごいね」って褒めてもらえるかもしれない

そっか。私、会社の人に認められたかったんだ。

スポンサーリンク


仕事に副産物を求めるな

「でも、そんなの無理だよ。会社に認めてもらうなんて無理。期待しても無駄だよ。」
ってその人は言いました。

イエール大学のエイミー准教授の研究によると、人の仕事の捉え方は「ジョブ」「キャリア」「コーリング」の3つカテゴリーがあるという。

①ジョブ(労働)
ジョブに属する人は仕事を単なる労働と考えている。働く動機は報酬。より良い報酬があればいつでも転職する。

②キャリア(成長の実感)
キャリアに属する人の働く動機は、「経歴」や「向上している」という実感。目の前の仕事をもっと良い何かへの踏み台と捉える。

③コーリング(仕事自体が価値)
コーリングに属する人の働く動機は「社会の役に立っている」「自分の仕事には意義がある」という実感。目の前の仕事に取り組むこと自体に価値を感じる。

3つのカテゴリーで、最も幸福度が高く集中力高く仕事に取り組めているのは③コーリングに属する人だそうだ。この研究結果には私の過去の経験を振り返っても強く共感できる。

私は働く人の長期的な幸せを考えるのではあれば、「成長を訴求するのは一切やめたほうが良い」(略)私は、勇気を持って「キャリア」という考え方を捨て、コーリングに属して働ける天職を探すことをおすすめしたい。なぜなら、成長に執着しても、上には上がいてキリがなく、今仕事をしているこの瞬間の幸せを感じることができないからだ。自分自身の仕事への捉え方がキャリアに属すると感じる方は、これまでの自分を振り返って見てほしい。成長を求めて働く人は終わりのない短距離走を繰り返しているようなものだ。常に「もっと成長しないと」「結果を出さないと」という脅迫観念に囚われる。数字に追われて焦ったり、他人と比べて劣等感を感じたりする人も多い。

(参考 「成長できる環境」を求めてはいけない(真子就有) : まだ東京で消耗してるの?

という意見もあります。尊敬している先輩と同じこと言っていると思いました。
本当の仕事ってそれ自体に価値があるのに、
副産物として得られるキャリアや承認欲求というものを求めるなんて
他人と比べて劣等感を感じずにはいられない。

まさに私は認められたくても認められなさに劣等感を感じている

「詩音ちゃんはさ、認められないことに劣等感を感じてるんでしょ?」
って言われてハッとしました。

私が実現させたいこと

とはいえ、仕事はしないと生きていけないのが現状なのです。
今の仕事を頑張らないと、収入がないので。
だけど、仕事ってそういうものじゃない。
それ自体に価値があって、自分にしかできないこと。
それで人のお役に立てること。

「じゃあ、詩音ちゃんの軸って何?」

って聞かれて、
正直言葉に詰まりました。

よく軸のある生き方をしなさいとは言ったものですが、

私は日本の働き方を変えたいんだろうなって思います。
日本の会社人間的な労働のことです。

フルタイムで残業をして稼ぐ的な価値観を変えたい。

そんな大口叩けないけど自分がそれを実現できるとしたら、
周りにもその方法を伝えられるじゃないですか。
頑張らなくても、あなたを認めてくれる場所はある。
あなたがするべき仕事はある。
そう言えたらかっこいいね。

スポンサーリンク


SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です