【コミュニケーション心理】07 自分のビジネスを持っている(独立系)中で成功できるリーダータイプ

SPONSORED LINK



こんにちは、モラトリアム中のシオンです。

今日は、ビジネスで成功できるリーダータイプについて書きます。
リーダーって実はタイプ別に分類できるって知っていましたか?

その中でも、個人事業主、独立系の人たちに絞って
成功できるリーダーってどんな人だろう?
何か実践できることはあるだろうか?
っていうことを
私の経験も交えてお話ししようと思います。

スポンサーリンク


リーダータイプの分類

PM理論ってご存知でしょうか。
社会心理学者の三隅二不二(みすみ じゅうじ)が1966年に提唱した
リーダーシップ行動論の一つです。

Pとは?:Performance「目標達成能力」
目標設定や計画立案、メンバーへの指示などにより目標を達成する能力
Mとは?:Maintenance「集団維持能力」
メンバー間の人間関係を良好に保ち、集団のまとまりを維持する能力

これを掛け合わせて、4つのリーダーシップタイプ(PM型、Pm型、pM型、pm型)
に分類したものです。

4つのリーダーシップタイプ

PM型(P・M共に大きい) 
     目標を明確に示し、成果をあげられると共に集団をまとめる力もある理想型
Pm型(Pが大きく、Mが小さい) 
     目標を明確に示し、成果をあげるが、集団をまとめる力が弱い。
     成果はあげるが人望がないタイプ
pM型(Pが小さく、Mが大きい)
     集団をまとめる力はあるが、成果をあげる力が弱い。
     人望はあるが、仕事は今ひとつというタイプ
pm型(Pが小さく、Mも小さい)
     成果をあげる力も、集団をまとめる力も弱い。リーダー失格タイプ。

(参考 PM理論 PM Theory of Leadership || INVENIO LEADERSHIP INSIGHT

成功できる独立系リーダーってどのタイプ?

三隅二不二(みすみ じゅうじ)がPM理論について提唱するとき、
PとMが共に高い状態(PM型)のリーダーシップが望ましいと言ったそうですが

確かにその通りだと思うんです。
目標を掲げ、「私たちはあそこに行くのよ」っていうこと
集団をまとめる、「みんな今どんな感じ?」遅れている子を支えたり、
個々の能力を引き延ばしたり、

どちらも大事で、どちらも高いことが望ましいに違いありません。

ここは私も同意見です。

しかし、個人事業主が増えてきた今、自分のビジネスを持っている独立系のリーダーが
人を巻き込んでビジネスを成功させると言う場面では
もう一つ成功には欠かせない能力が必要になると思ったんです。

スポンサーリンク


自分をセルフブランディングできるかどうか

それは、自分で自分のことをよく見せられるかどうかです。

セルフブランディングとは?

セルフブランディング(せるふぶらんでぃんぐ、SelfBranding)とは、
企業や組織に所属しない「個人」が、
自らをメディア化し、
自らの力でプロモーションすること。

(参考 セルフブランディング – Wikipedia

ほぼカリスマ性に近いですよね
有名人や著名人、アイドルなど芸能関係の仕事をしている人が
特に上手です。

これが上手だなと思うのは、Gacktさんですね、
見た目にもオーラがあるのはもちろんですが、
他の芸能人と違って風格もあります。
芸能人格付けランキングの番組に出演した時も
圧倒的に一流を知っていると示したわけです。

うまいなあ

とはいえ、それは有名人だからでしょ?
って思うかもしれませんが、
よくよく見てみると、あなたの周りにもいるでしょ?

人を惹きつけるような話し方をする人
人と全く違った個性的なファッションて目をひく人

ああいうのも全部ブランディングの一つだと思うんです

エピソード1
最近、身近に結婚した女性がいて
結婚事情について色々話していくうちに
彼女の堂々たるセルフブランディング事実が判明したのです。

まず彼女は
「結婚する」ということを5年先の○月○日に決める
そしてそのために服の系統も変えたし
これまで付き合ってきた男性とは異なる他いうの人と会う機会を増やした

自分を磨いて、やっと結婚にたどりついたのです

この服の系統を変えたというのもポイントですよね
自分を外から見たときにどんな服を着ていたら男性が喜びそうか
っていう基準で選んで行ったそうです

まさに自分をブランド化したわけです

エピソード2

また、話し方

「自分はダメな人間だ」と思っている人が人前で堂々と自分について
話せるわけがありません。

よく見せることができる人は「自分ってこういう経験をしてきたからすごいでしょ?」って
平気で言いますよね。
確かに過信しているとか、人の話を全く聞かないとかはダメですよ。
でも、そういう人って失敗談もブランディングのタネにしちゃうんです。
「失敗したけど、こうやって乗り越えてきたのよ」っていう成功体験談として語ります。
だから、人は共感して聞き入ってしまうんですね。

うまいなあ。

今日のまとめ

身近にいる「セルフブランディング」が上手な人を観察して取り入れてみよう

以上です^^

スポンサーリンク


SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です