金足農・吉田輝星投手ドラフト|父と弟が思う進路はプロ志望?八戸学院大学への入学を伝える

第100回全国高等学校野球選手権記念大会、身長176センチ、体重81kg、時速150キロ超えの怪物。プロ注目・金足農(秋田)の 吉田輝星(読み方は、よしだこうせい)投手(3年)が注目を集めていますね。弟の大輝君(小学5年)を見守る中、秋田103年ぶりとなる決勝進出へ。父の正樹さん(42)はこれまで進学先に八戸学院大学と大学進学を譲りませんでしたが、親子は、いよいよプロ球団の道を選びます。一体、どんなドラマがあったのか。TBS「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」にて、親子の選択が描かれます。

スポンサーリンク




金足農・吉田輝星投手ドラフト結果速報

1巡目指名選手

→ 日本ハム、交渉権獲得しました。

実は、父親の反対があったようなのです。

今回の番組では、どのような真相が聞かれるのか、その全容を見届けたいと思います。

スポンサーリンク




金足農・吉田輝星(よしだこうせい)投手のプロフィール

2001年1月12日、秋田市生まれ。

天王ヴィクトリーズ時代

 ©ツイッターより

身長176センチ、体重81kg、時速150キロ超えの怪物。

©ツイッターより

中学まで軟式。高校で硬式に変え、入学時の直球は128キロでしたが、高校1年の夏には球速が140キロに到達。1年夏にベンチ入りし、秋からエース。

吉田輝星選手の奥歯がかけて白いマウスピース着用

2年生のときに、力を入れて投げたら奥歯が欠けてしまって、以来、踏ん張るため、マウスピースを着用しています。


今夏の県大会では全5試合をひとりで投げ抜き、計57奪三振。

さらに、すごいのは、

〈1〉走者なしで130キロ台~142キロ
〈2〉走者一塁で143~145キロ
〈3〉得点圏で146キロ以上

と、3段階のギアを自在に操る頭脳派の投球術[。大人気マンガ『ワンピース』主人公のルフィと同様に、ギアを変えることから、”ルフィ投法”とも異名も。

スポンサーリンク




金足農業・吉田輝星投手の中学時代と出身中学は天王中学校

小学3年から野球を始め、中学では軟式野球部に所属。天王中学出身の吉田輝星選手。中学時代も、成績は良かったそうですね。

プロ志望か?八戸学院大学へ入学か?父、弟はプロ志望を望まない?

そんな吉田輝星選手ですが、甲子園が始まる前に東北地方にある大学への進学を、近しい人には伝えていると、フライデー誌が伝えています。さらに、在京球団のあるスカウトによると、「進学先は八戸学院大だと聞いています」とのことで、2年生のころから、八戸学院大の正村監督に教えてもらっているようです。どういうことなのでしょうか。

正村監督は投手出身で、ピッチャーを育てる手腕には定評がある。吉田は正村監督のアドバイスで急成長しただけに、金足農の中泉監督とすれば吉田をさらに良い投手に育ててもらいたいし、それが結果として本人のためであり正村監督への恩返しにもなると考えている。少なくとも中泉監督は各球団の担当スカウトに、そんな趣旨の説明をしているようですまた、

「進学の理由はどうあれ、八戸学院大といえば楽天西武の選手供給源。ともに八戸学院大には太いパイプを持った辣腕のスカウトがいますからね。進学希望を打ち出すことによって他球団を蹴落とし、 ギリギリのタイミングでプロ志望届を提出。希望球団以外にドラフト指名された場合は 八戸学院大に進学という絵図を描いているのではないか。

とのこと。ただ、今回、番組でもありましたが、父は最後は校長や母親(奥様)の言葉もあり、ようやく息子の背中を押すことになったのです。


弟の大輝君(小学5年)は、兄とキャッチボールをするなどの経験があり、小学校2年生の頃から、野球を始めています。

©朝日新聞より

兄に憧れ、「まずは輝星を超えたい」とプロ野球選手を目指しているといいます。

こちらの記事も書いています。

中川圭太《東洋大/ドラフト結果》弟もPL学園?父親と母親が離婚!不祥事とは?

2018.10.25

平尾奎太 ドラフト|腎臓の病気を父親と母親と克服!大阪桐蔭で阪神 藤浪の控え投手

2018.10.25

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください