「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」アニメ動画を視聴するならアニメ放題がお得!

ここでは、テレビアニメ『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』のアニメ全シリーズ(1〜3期)や映画「劇場版FAIRY TAIL -鳳凰の巫女-(2012年)」「劇場版FAIRY TAIL -Dragon Cry-(2017年)」動画をアニフルやアニチューブやアニポといった無料動画配信サービスの代わりに、無料かつお得に視聴する方法や見逃し配信についてご紹介しています。

「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」映画・アニメ動画を無料&安全に視聴する方法をご紹介!

「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」映画・アニメは、アニメ放題U-NEXTあにてれにて配信されています。

アニメ放題  

(映画もアニメも見放題)
U-NEXT

(映画もアニメも見放題)
Hulu
なし
それぞれ、おすすめ順にランキングで紹介していくよ〜

オススメ第1位【アニメ放題】|映画・アニメ「FAIRY TAIL」動画

オススメ第1位

  • お財布にやさしい
  • 配信動画数(種類)
月額料金を一番安く抑えたいなら、アニメしか視聴できないけど、アニメ放題がオススメです。
  • 1ヶ月間の無料トライアル期間があり、同作品は全話がすべて課金なしの見放題で動画 が視聴可能。
  • 2ヶ月目以降も月額400円(税抜)でアニメが見放題。
  • ソフトバンクユーザー以外も利用できます!

アニメ放題で配信されているFAIRY TAIL(フェアリーテイル)シリーズ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)1期
FAIRY TAIL(フェアリーテイル)2期
FAIRY TAIL(フェアリーテイル)3期
劇場版FAIRY TAIL -鳳凰の巫女-(2012年)
劇場版FAIRY TAIL -Dragon Cry-(2017年)

アニメ放題の詳細

アニメ放題」は株式会社ソフトバンクが運営する動画配信サービスのことです。

月額400円(税抜)で最新のテレビ放送中の最新アニメだけではなく、懐かしの名作までアニメ約1,500作品が見放題。キッズ向けアニメも充実しているから、お子様のいるご家庭にもオススメ。

ソフトバンクユーザー以外の方ももちろんOK。お手持ちのiPhone、iPad、スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビでも楽しめます。

でもどうせ、登録料とかかかるんでしょ?
いえいえ、初回のみ1ヶ月間の無料トライアル期間がありますし、同作品は課金なしの見放題作品なので、1ヶ月間はお金がかかりませんよ!

アニメ放題で配信されている秋アニメ(例)

アニメ放題では他にも以下のような”秋アニメ”が配信されています。
  • 転生したらスライムだった件
  • おとなの防具屋さん
  • SAO ソードアート・オンラインアリシゼーション3期
  • とある魔術の禁書目録III
  • 東京喰種トーキョーグール:re(第2期)
  • 宇宙戦艦ティラミスII
  • BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
  • アニマエール!
  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
  • 火ノ丸相撲

アニメ放題まとめ

  1. アニメ放題 の1ヶ月間、無料トライアルキャンペーンに登録しましょう!
  2. アニメ放題では同作品が課金なしの見放題作品となっているため追加料金など一切無しで視聴可能です!

紹介している情報は2018年10月時点のものです。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

オススメ第2位【U-NEXT】|映画・アニメ「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」

オススメ第2位

  • お財布にやさしい
  • 配信動画数(種類)

U-NEXTは1ヶ月間の無料トライアル期間があり、同作品は全話がすべて課金なしの見放題で動画 が視聴できます。

U-NEXT

アニメ放題で配信されているFAIRY TAIL(フェアリーテイル)シリーズ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)1期
FAIRY TAIL(フェアリーテイル)2期
FAIRY TAIL(フェアリーテイル)3期
劇場版FAIRY TAIL -鳳凰の巫女-(2012年)
劇場版FAIRY TAIL -Dragon Cry-(2017年)

U-NEXTの詳細

でもどうせ、登録料とかかかるんでしょ?
いえいえ、初回のみ1ヶ月間の無料トライアル期間がありますし、同作品は課金なしの見放題作品なので、1ヶ月間はお金がかかりません

U-NEXTで配信されている秋アニメ作品(仮)

U-NEXTでは他にも以下のような”秋アニメ”が配信されています。

  • SAOⅢ期(アリシゼーション)
  • 東京喰種トーキョーグール:re
  • アイドルマスター SideM 理由あってMini!
  • ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
  • とある魔術の禁書目録III
  • ゾンビランドサガ
  • 宇宙戦艦ティラミスII
  • ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士
  • アニマエール!
  • 転生したらスライムだった件 転スラ

U-NEXTまとめ

  1. U-NEXT の1ヶ月間、無料トライアルキャンペーンに登録しましょう!
  2. U-NEXT では同作品が課金なしの見放題作品となっているため追加料金など一切無しで視聴可能です!

紹介している情報は2018年10月時点のものです。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

さらに以下の記事では、U-NEXTにて配信されている作品と、登録・解約方法について詳しく書いています。

U-NEXTで視聴できる作品と特徴スペック比較!感想「実際に1年以上使ってみた」

2018.09.13

各種VOD料金システム比較表

料金システム比較表

アニメ放題
 400円(税抜)初回1ヶ月間無料
FOD
888円(税抜)初回1ヶ月間無料
1,300円分のポイント(「8日、18日、28日」と毎月8が付く日にログインすると400ポイントずつもらえる)
U-NEXT
1,990円(税抜)初回1ヶ月間無料無料登録時に600円分のポイント
2ヶ月目以降は毎月1,200ポイント(=1,200円分)が自動でもらえるので実質790円(税抜)で利用可
Hulu
933円(税抜)初回2週間無料

※紹介している作品及び関連する情報は、18年10月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」映画・アニメ動画をアニフルやアニチューブやアニポで見るのが危険な理由

「漫画村」で一時、話題になったように、著作権のある作品を無断でサイトにアップロードするのは違法です。見るのは犯罪ではないけど、ダウンロードするのも犯罪。それにウイルス感染のリスクもあるから、注意が必要です。違法サイトで動画視聴をオススメできない理由

  • 低画質&CM・広告が表示され作品に集中できない
  • ウイルス感染や個人情報漏洩のリスクがある
  • 著作権のある作品を無断でサイトにアップロードするのは違法
  • また、それをダウンロードするのも違法

アニメ「FAIRY TAIL」あらすじ/感想(ネタバレ注意)

あらすじ

原作漫画『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は講談社から出版されており、『週刊少年マガジン』にて2006年35号から2017年34号まで連載されました。作者は真島ヒロさん。略称は「FT」。累計発行部数は全世界で6000万部以上を数えます。

テレビアニメは第1期が2009年10月から2013年3月まで、第2期が2014年4月5日から2016年3月26日まで放送されました。2018年10月7日からファイナルシリーズが放送中で、7月からは原作の続編エピソード『FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST(100年クエスト)』が『マガジンポケット』にて連載中。

魔導士ギルドは世界中に沢山存在している、魔導士達に仕事の仲介などをする組合組織。

立派な魔導士になることを目指している少女ルーシィは、ある日火を食べ火を吐き火を纏う滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)ナツと、喋る青い猫ハッピーと出会い、彼の所属するギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入します。

でもそこは、ルーシィの想像を遥かに超えた荒くれ者が集まるギルドでした。問題児だらけの「妖精の尻尾」ですが、ナツとルーシィはチームを組んでミッションを達成し、次第に魔導士としても成長していくお話です。

映画「劇場版FAIRY TAIL -鳳凰の巫女-(2012年)」感想

フェアリーティルファンとしては、この作品が一ベストヒット!ファンタジーバトルの王道だなぁと思い、すごくドキドキワクワクする作品。フェアリーティルらしく、お色気シーンが多くうつっていて、ナツがルーシィを抱きしめるシーンに目を光らしてみていました。

エンディングもルーシィが歌っていて、とても素晴らしかったです。冒頭20分を使って、戦闘シーンや観光シーンで飽きさせずにある程度のキャラ説明。

劇場版らしく、お祭り感があり、ゲストヒロインの扱いと本当によくできていて、最後までマジマジと飽きずにみれました。そして、泣けました。

82分なので、短くもなく、わりと見やすい長さでした。その分、駆け足で話は進みます。バトルシーンがあっさりとして、少なく感じました。もう少し、それぞれの見せ場があるとよかったとおもいました。

映画なりに、ラストは切なかったけれど、フェアリーティルファンには、たまらい映画です。

映画「劇場版FAIRY TAIL -Dragon Cry-(2017年)」感想

久しぶりに動くナツやルーシィをみれたことが嬉しかったです原作は週刊少年マガジンに搭載された作品です

時間帯のせいか話のテンポが悪いところがいくつかありましたが全体的に面白かったとおもいますルーシィのお色気作戦がいつもは失敗しているのに今回は成功していてなぜかいつもより真剣にみてしまいました

駆け足感が強くいわゆる少年漫画劇場版のハラハラドキドキ感がなくて少し残念でした

とうとう最終戦なのですが前作と比べて戦闘シーンがパワーアップしているとおもいますやっぱりナツは強くてすごいなと思いました

ほかにでていないキャラクターもいましたが定番キャラクターだけではなくてもっとだしてほしいなとおもいましたあんな場面やこんな場面もありでファンにはたまらない作品だとおもいますラストのナツやルーシィのやりとりが良かったです戦う女性群達がかっこよかったとおもいます

連載中の原作のルーツとか最終章がここから始まるという予告に惹かれて見に行きました

長年同じテンションで追いかけていたわけではないのでにわかでも楽しめるかなと少し不安な思いもありましたが周りの人たちが泣いているシーンでも感情面でついていけたしおなじみのエロ要素や仲間への想いや絆を確かめ合うような流れがフェアリーテイルってこんな感じだったないろいろ思い起こさせる内容になっていたのでとても楽しい時間になりました

ナツの子供時代はとても可愛いくてキュンキュンしましたが戦闘シーンでは仲間への想いの強さがナツの目線で強めに描かれていたのでそのあたりでも感動&涙なしで見るのは無理でした

山場であるルーシィの涙が口に入ったことで竜の力が現れたナツとドラゴンクライを食べて竜の力を増したアニムスが戦うシーンではナツが竜に変化するのはいけないことだとわかっているのにとてもつもなくカッコいいし強さも半端なかったのでワクワクドキドキが止まりませんでした

でも、同時に竜に変化することへの怖さもしっかりと認識させられたので描き方がとても上手いなと息をするのをわすれるほど真剣に見ていた気がします

久しぶりに作品に触れてやっぱりフェアリーテイルは始めるとその世界感引き込まれる不思議な力があるなと思いました

FAIRYTAILはマンガアニメともに面白く映画にもしっかりとその面白さが反映されていました個人的に好きなシーンはエルザが敵と戦うときに使用したジェラールの技グランシャリオンこれはFAIRYTAIL好きならテンションが上がりまくるシーンで最高でした

また一番の見どころとしてはやはり主人公のナツの竜化ドラゴンスレイヤーとしての力を使いすぎてドラゴンの体に代わっていってしまうシーンは予告でもあったようにどうなってしまうのかとにかく目が離せない展開となっていました

そのシーンに出てくる人気ヒロインルーシーこのルーシーとナツの掛け合いがこの映画の一番の見どころであったと思います

この作品は戦闘シーンがとにかく熱く見ていて子供から大人まで楽しめる作品になっていると思いました残念なことにFAIRYTAILを既によく知っている人のための映画だったため新規のお客さんをゲットすることはできない部分は少し残念な気もしましたがFAIRYTAILが好きならぜひ見ておくべき作品だと思いました

まとめ

『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』のアニメ動画をアニフルやアニチューブやアニポといった無料動画配信サービスの代わりに、U-NEXTアニメ放題FODを使って合法的かつ無料/お得に視聴する方法についてご紹介してきました![/voice]

1ヶ月試してみて「サービスに満足できない、解約したい」と思った場合には、無料キャンペーン期間に解約できるんだったら、まずは試してみるか〜♪

「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」アニメ動画を視聴するならアニメ放題がお得!

作品情報

『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』 「週刊少年マガジン」で連載中の大人気コミック『FAIRY TAIL』

今回の劇場版は、原作者・真島ヒロが自ら描き下ろした約200ページに及ぶ渾身のネームを基に創られたオリジナルストーリー!

断崖絶壁に囲まれた孤島、ステラ王国を舞台に、ナツやルーシィたちおなじみのメンバーに加え、魅力的な劇場版オリジナルキャラクターたちがスクリーンを彩る。

連載中の原作は既に最終章に突入!!興奮と感動が加速する中、その起源(ルーツ)が、遂に明かされる!?

キャスト:柿原徹也 平野 綾 釘宮理恵 中村悠一 大原さやか 佐藤聡美 堀江由衣 古川 慎 悠木 碧 斉藤次郎 原作:『FAIRY TAIL』真島ヒロ(講談社「週刊少年マガジン」連載)

監督:南川達馬 脚本:米村正二 キャラクターデザイン・総作画監督:山田裕子  音楽:高梨康治 音響監督:はたしょう二 制作:A-1 Pictures 製作:劇場版フェアリーテイルDC製作委員会

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください