「フェイクニュース」前編・後編ネタバレ感想|犯人(黒幕)は杉本哲太じゃなかったw

脚本は『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』などで知られる野木亜紀子が手掛けたことでも話題になったNHK総合ドラマ「フェイクニュース」(主演:北川景子/10/20・27 土曜よる21:00〜放送)。犯人は誰だったのか?前編・後編を含めて、結末に至るまでのあらすじと感想をまとめています。(※ネタバレを含みますので注意!)

スポンサーリンク




「フェイクニュース」前編・後編あらすじ

『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』などで知られる野木亜紀子が手掛ける土曜ドラマ『フェイクニュース』ネットメディア「イーストポスト」の記者である東雲樹(北川景子)は大手新聞社の東日本新聞社から出向してきたジャーナリズムの信念をつよく持つ正義感のつよい記者。コスパ重視、PV(ページビュー数)を稼ぐためだけの取材を伴わない組織の在り方に、苛立ちを覚えていた。

成績劣等のレッテルを貼られた東雲樹は、上司の指示で食品への青虫混入事件について取材するよう命じられる。SNSに青虫混入の投稿をした男(光石研)。しかし、男の投稿はウソだった?一体、何が目的なのか。青虫混入の投稿をきっかけに、事態は思わぬ方向へ拡大する。

スポンサーリンク




「フェイクニュース」前編・後編|感想

最近大河ドラマ西郷どん篤姫を演じられ素晴らしい演技を披露しまた映画にも出演されている北川景子さんが主演というのが気になって見て見ました

最初はネットで問題になっているフェイクニュースをテーマとして青虫が即席麺に入っていたという安っぽい問題を扱う流行りに乗っただけの内容のないドラマなのかなと思って見ていましたが徐々に引き込まれていき最終的には現在放送中の最近のドラマの中では、稀に見る良作でした。


北川景子さんの演技は初期の頃から芯のある凛とした表情が印象的ですが手始めの若い頃の気の強さが勝っている感じはなく色々な作品を経て経験を重ねて柔らかさも感じさせる素晴らしい演技を見せていたと思います

始めたときは北川さん以外の俳優さんのインパクトが弱いなと感じていましたがそんなことは気にならないくらい引き込まれましたストーリー展開が素晴しくとても引き込まれました!

以下、ネタバレを含みます。

スポンサーリンク




「フェイクニュース」前編・後編|ネタバレ

前編を見た感じだと青虫を即席麺にいれたフェイクニュースを流した犯人フェイクニュースを広めた黒幕も検討がつく感じで少し面白みに欠けましたが後編の予想外な展開に驚きました!

北川景子さん演じる記者である東雲相手にセクハラをして逆に蹴られ全治一ヶ月に怪我を負うという事件を犯した知事選に立候補している杉本哲太さん演じる最上が犯人だと思っていいましたが実は現知事が黒幕でフェイクニュースを利用した犯人だというのは意外でした

話がすんなり進み、最上が犯人として東雲と直接対決して裁かれるのかと思っていましたが犯人は別にいたという展開に驚きながらも、最後はネットメディア「イーストポスト」が、一丸となって黒幕潰しにかかるシーンは感動しました。

特に当初は、東雲の適役だった編集長(新井浩文)が、本領発揮で敵のアジトに足を運び、事実をはかせたシーン。そして、東雲の記事が世間にお披露目となって事実が180度展開し、それに賛同する世間。そして、何より、フェイクニュースに翻弄される世間にマイクを握り、必死に訴える猿渡こと光石研の迫真の熱弁のシーン

最終的に、このドラマではネット上で嘘やデマが飛交い拡散してしまう現代において、”正義や真実”とは何か?”言論の自由”とは何か?と言うテーマを扱っていたと思うのですが、それを様々な形で、各人が表現していたと言う点で、とても考えさせられました。とてもメッセージ性がつよい作品です。

そしてこのドラマの最大の貢献者はやはり北川景子さんだと思います最近のドラマでこれだけ情熱を感じさせる素晴らしい表情を披露して演技をしている俳優さんは他にはいないと思います

スポンサーリンク




みんなの感想|光石研さんの演技力がハンパねえ。

それにしても、光石研さんの迫真の演技はハンパなくリアルで、仮想とはいえ、現実に起こりうるストーリーとともに、未来の日本を垣間見た気が致しました!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください