福田淳一 事務次官「セクハラ否定・新潮社を提訴(コメント掲載)」財務省報告書 発表:音声データ証拠あるにも関わらず

つい先ほど、16日の速報によりますと、福田淳一事務次官は「週刊誌報道で記載されているようなやりとりをしたことはなく、心当たりを問われても答えようがない」と事実関係を否定するコメントを発表(コメント掲載)。新潮社に対し、名誉毀損(きそん)で提訴を準備していることを明らかにしました。「週刊新潮」では、すでにセクハラとされる音声データが公表され、証拠も十分にあるとされていますが、財務省は報告書の中で、「一方の当事者だけでは事実関係の解明は困難」と説明し、報道各社でセクハラ発言を受けた女性記者がいないか調査への協力を呼び掛けています。

福田淳一 事務次官「セクハラ否定・新潮社を提訴」コメント

「週刊誌報道では、真面目に質問をする『財務省担当の女性記者』に対して、私(福田事務次官)が悪ふざけの回答をするやりとりが詳細に記載されているが、私は女性記者との間で、このようなやりとりをしたことはない。音声データによれば、かなり賑やかな店のようであるが、このような店で女性記者と会食をした覚えもない」

財務省の報告書 「一方の当事者だけでは事実関係の解明は困難」など

 

【財務省が発表した報告書を見る】「女性記者に調査お願いしたい」

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です