船江恒平六段 結婚して子供がいた【竜王戦】藤井七段誕生の対局相手は、モテるNHK『将棋講座』の先生

スポンサーリンク

5月18日、将棋の最年少棋士・藤井聡太六段(15)が、史上最年少の七段昇段をかけた大勝負の対戦相手

相手は船江恒平六段(31)です。

兵庫県加古川市出身、兵庫県立加古川東高等学校を卒業した船江恒平六段は、5歳の時に将棋を始め23歳の時にプロ入り。

現在は、NHK『将棋講座』の講師も務める人気者。

プライベートでは、結婚して息子もいる?

【竜王戦】「藤井七段」誕生なるか運命の対局相手

5月18日「竜王戦5組ランキング戦」の準決勝。

藤井六段はこの対局に勝利すると、4組への昇級が決まり、2期連続の昇級となります。

七段昇段の最年少記録は、加藤一二三九段(78)の17歳3カ月で、15歳9カ月で「藤井七段」が誕生すれば、大幅な記録更新になるのだとか。

それってすごいことですよね。

史上最年少の七段昇段なるか、運命の対局、その歴史的瞬間を見ることができるのか。

対戦相手は船江恒平六段です。

実は彼、通称“藤井キラー”と呼ばれる井上慶太九段(54)門下で、

菅井竜也王位(25)、稲葉陽八段(29)は、それぞれ対戦し藤井六段に勝利していますので、最後までどうなるか

わかりません。

スポンサーリンク



 

船江恒平六段はモテるNHK『将棋講座』の先生

「爽やかで、しゃべりもできて、人望も厚い」

そんな評判の良い船江恒平六段は、NHK『将棋講座』の講師を務めています。

こんにちは。棋士の船江恒平です。物事は最後が肝心ですよね。将棋においても終盤での戦いが勝敗を分けるケースが非常に多くあります。
序盤は定跡があるので考えやすいですが、終盤は何を考えたらよいのか分からない。そんな声をよく耳にします。
本講座では終盤戦の手筋や考え方を分かりやすく紹介していきたいと思います。私と一緒に終盤の定跡を手に入れましょう!

船江恒平六段プロフィール・出身高校は?

  • 名前:船江 恒平(ふなえ こうへい)
  • 生年月日:1987年4月27日(31歳)
  • 出身地:兵庫県加古川市
  • 高校:兵庫県立加古川東高等学校
  • 現在、通算成績は192勝108敗(0.6400)

船江恒平六段の将棋人生・経歴

生まれは兵庫県加古川市。

5歳のとき、近所に住んでいた祖父から将棋を教わり、近所のおじいさんたちが集まって、いつも将棋を指しており、小学生になるまでは毎日のように祖父のところへ遊びに行っていたといいます。わずか5歳にして、好きだったテレビ番組は、大相撲、大河ドラマ、NHK杯将棋トーナメント。

小学2年時、同郷の井上慶太が師範を務める加古川将棋センターに入会し、将棋に打ち込みます。

1998年、加古川市立東神吉南小学校5年(出場時は4年)のとき、第23回小学生将棋名人戦で準優勝。

その年の年9月に井上の弟子となり、6級で関西奨励会入り。

2001年の6月、加古川市立神吉中学校2年のときに、1級へ昇級

2010年10月1日 、四段プロデビュー。

スポンサーリンク



 

船江恒平六段は結婚して息子がいた

2013年9月、船江恒平六段は結婚しています。

お相手は、高校の同級生

お子さんもいらっしゃるようです。

この後、どんな対局が見られるのか。
一人持ち時間は5時間。終局は、夜20時を過ぎる頃になるということです。

【生放送】対局をAbemaTVで観る

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください