船戸雄大 生い立ちや両親,学歴や高校は?嫁(妻)の出身が香川県,仕事は食品会社で性格「明るく社交的」

今年2月下旬、東京都目黒区東が丘のアパートで船戸結愛(ふなとゆあ)ちゃん=当時(5)=が虐待された事件をめぐっては、父親・船戸雄大(ふなとゆうだい)容疑者(33)と母親で容疑者の嫁(妻)・船戸優里(ふなとゆり)容疑者(25)が保護責任者遺棄致死の疑い逮捕された事件。

船戸家には子供がもう一人、1歳の長男(息子)がおり4人家族。しかし、船戸優里容疑者は、2016年に船戸雄大容疑者と再婚しており、結愛ちゃんは連れ子だったことが判明。つまり、船戸雄大容疑者にとって結愛ちゃんは義理の娘。それ故か、同年9月、2人の子供(長男)が生まれてから虐待が発生していたという。

船戸雄大容疑者のプロフィール(年齢・出身高校・仕事)生い立ち経歴は?以前の住居は香川県善通寺市で、仕事は香川県三豊市の冷凍食品会社に勤務。性格は、「明るく社交的でみんなに好かれる人」だったと元同僚は語る。どんな人物だったのか?Facebookはある?

また、嫁の船戸優里容疑者のプロフィール(年齢・出身高校・仕事)や顔画像は?結愛ちゃんの実父で、船戸優里容疑者の前夫となる男性との離婚理由は?

船戸雄大(ふなとゆうだい)容疑者プロフィール(年齢・出身高校・学歴・仕事)

  • 名前:船戸雄大(ふなとゆうだい)
  • 生年月日:1985年
  • 年齢:33歳
  • 出身地:不明(嫁の出身地が香川県善通寺市(実家で逮捕されJR岡山駅から新幹線で東京に移送された
  • 住所:東京都目黒区東が丘1丁目サンハイム好の2F
  • 出身高校:不明(学歴不明)
  • 結婚:2016年に船戸優里容疑者と結婚
  • 仕事:香川県三豊市の冷凍食品会社(2016年4月に入社)

「この〇〇男は、男ヒエラルキー(身分制度)の中で最下層。地位とか学歴とかじゃなくて、男として自信があれば弱い人をいじめるとかしない。こいつは男社会の中で自分が底辺だということを分かっているから、俺強いんだぞみたいに弱い子供とか弱い女の前で威張り散らしている」

7日放送、TOKYO MX「5時に夢中!」に生出演した際、作家・岩井志麻子さん(53)は、このように雄大容疑者を分析。(引用元:スポーツ報知

個人的にすごく納得してしまった。男性に限らずだが、弱い人間ほど、人をいじめたり、傷つけることで、自分を守ろうとする…まさか自分の子供に手を出すなんて。船戸雄大容疑者は、結愛ちゃんに暴力を振るった理由として、

船戸雄大(ふなとゆうだい)容疑者の犯行動機

当時の調べに「(結愛ちゃんに)勉強するように言ったら『はい』と言ったのに、部屋を見たら寝ていたので暴行した」などと話していたことがわかっている。結愛ちゃんは、暴行後はほぼ寝たきり状態で、嘔吐を繰り返すなど、自力で動けないほど衰弱していたのに勉強なんてできるわけが無い。

スポンサーリンク



 

船戸雄大(ふなとゆうだい)&船戸優里(ふなとゆり)容疑者Facebookはある?

残念ながら、容疑者のFacebook及びツイッターの情報はなく、
こちらは、嫁の船戸優里容疑者がSNSにアップしていたという、長女のコラージュ画像。

(参考元:週刊女性2018年3月27日号

長男の誕生(2人の実子)から、船戸雄大容疑者による結愛ちゃんへの虐待は始まったというが、それまで船戸優里容疑者は、「母親は結愛のことを大事にしていたし、結愛も母親が大好きやった」(結愛ちゃんの曽祖父の証言という過去も明らかになっている。

船戸雄大(ふなとゆうだい)容疑者の生い立ち経歴は?仕事は食品会社で性格「明るく社交的」

船戸雄大容疑者の生い立ちについては、情報が少なく、お伝えすることができないのが悔しのだが、子供の頃、両親に虐待を受けていた可能性は否めない。虐待を受けて育った子供には、いくつかの障害が残るのだそうだ。

  • 愛着障害・・・衝動的・過敏行動的・反抗的・破壊的な行動がみられ、情愛・表現能力・自尊心・相手に対する尊敬心・責任感などが欠如
  • 小動物を殺めてしまう・・・子どもが、自分の受けた虐待行為を、自分よりも小さな「犠牲者」に対して行動的に再現する

(参考元:子供の気持ち

可能性として、両親から虐待かあるいは、小学、中学、高校時代に何か虐待につながるような出来事があったのかもしれない。

現段階でわかっているのは、

  • 2016年4月に嫁と結婚。嫁の実家近くの香川県三豊市の冷凍食品会社に入社していることから、婿入りだったのか。
  • 2016年9月 長男誕生 この頃から虐待(朝日新聞によれば、扱いはひどく、弟は病院に連れて行くが結愛ちゃんは外出時放置など。)
  • 2016年12月、17年3月 在職中ではあるが、結愛ちゃんは当時暮らしていた香川県善通寺市で長時間屋外に放置され、偶然通りかかった警官が発見し、児相に一時保護された。この時、船戸雄大容疑者は「しつけの一環で手をあげた」と述べた。この時、県警によって、二度、傷害容疑で書類送検(不起訴)される。

ということ。

仕事では、パソコンのシステム関係を担当していたという船戸雄大容疑者。

元同僚によれば「明るく社交的でみんなに好かれる人」「本人は“手がかかるけど家事を分担して妻を助けていかないと”とうれしそうに話していました」と器用に振舞っていたようだ。(引用元:週刊女性2018年3月27日号

スポンサーリンク



船戸雄大(ふなとゆうだい)容疑者の家族はフクザツ!

ニュースの報道でご存知の方も多いかもしれないが、船戸優里容疑者は再婚している。

(フジ「バイキング」18年6月7日放送)

離婚理由については、明かされていないが、実父の両親(=結愛ちゃんの祖父母)は、

「どっちが悪いかわからんが、(孫夫婦は)3年前に離婚したんや。でも母親は結愛のことを大事にしていたし、結愛も母親が大好きやった。この子に結愛を預ければ大丈夫と思っていたのに……。離婚で犠牲になるのは子どもや。2度とうちの敷居はまたぐなって怒鳴ってから、最近はめっきり孫は寄りつかんのです」

「結愛の母親が再婚して、実の子どもができたら、やっぱり連れ子やから大切にしてもらえんのじゃないかと心配しとった。まさか本当に犠牲になるなんて……」(引用元:週刊女性2018年3月27日号

と、悔しがった。

実は、船戸優里容疑者の前夫となる人物(結愛ちゃんの実父)は、幼いころ両親が離婚したため、この祖父母が引き取って親代わりとして育てたという経緯がある。つまり、結愛ちゃんにとって、曽祖父母に当たるが、まるで孫のように可愛がり、曽祖父の携帯電話の待ち受け画面は、サングラスをかけておどけている結愛ちゃんが、いた。

 (参考元:週刊女性2018年3月27日号

スポンサーリンク



 

事件の時系列と原因について「どうして事件は防げなかったのか」

亡くなったとき結愛ちゃんの体重は約12キロ。5歳児の平均体重より約6キロも少なかったそうだ。

改めて、事件を時間軸で見てみると、

  • 2016年9月 長男誕生した頃から虐待が始まる
  • 2016年12月、17年3月 結愛ちゃんは当時暮らしていた香川県善通寺市で長時間屋外に放置され、偶然通りかかった警官が発見し、児相に一時保護された。この時、船戸雄大容疑者は「しつけの一環で手をあげた」と述べた。この時、県警も船戸容疑者を二度、傷害容疑で書類送検(不起訴)していた。
  • 17年7月には自宅に戻る。
  • 18年1月末 一家は目黒区に転居(先に転居した船戸雄大容疑者の元へ妻子が転居)、この時、2年前から虐待を把握していた香川県の児童相談所と、転居先を管轄する品川児相の間で虐待情報も引き継がれたが、品川児相は「虐待のリスクは高くない」と判断。結愛ちゃんの安否を確認せず、転居から死亡までの約40日間、結愛ちゃんの姿を一度も確認していなかった。後からわかった情報によると、この時両親は結愛ちゃんの食事を制限し、朝食はスープ1杯、昼食は米を茶わん3分の1、夜は茶わん半分程度しか与えていなかったという。
  • 18年2月9日 品川児相職員訪問も、結愛ちゃんに会うことはできなかった
  • 18年2月20日 小学校入学説明会のために、関係職員が自宅訪問するもまた結愛ちゃんに会うことはできず
  • 18年3月2日 結愛ちゃんが搬送先の病院で死亡確認。死因は、低栄養状態や免疫力低下で引き起こされた肺炎による敗血症だった。顔や身体には殴られた跡、免疫に関わる臓器「胸腺」が萎縮し重さが同年代の約5分の1だった、自力で動けないほど衰弱しており、オムツをつけていた(参考元:朝日新聞デジタル
  • 18年3月3日  船戸雄大容疑者が傷害容疑で逮捕。
  • 18年6月6日 船戸雄大容疑者&優里容疑者が保護責任者遺棄致死の疑い逮捕。

原因はもちろん、虐待する両親にあるのだが、一方で虐待の事実を軽視した行政にも責任があるとして、、両児相は現在、合同で対応の検証を進めているという。(参考元:東洋経済

スポンサーリンク



船戸優里(ふなとゆり)愛娘ではなく自分を守る

新たに7日(木)入った情報によると、結愛ちゃんの母親となる人物、逮捕前の取り調べで、「自分の立場が危うくなるのを恐れ、夫に従い見て見ぬふりをした」と話していたという。フジテレビ系(FNN)

こんなこと、おこがましいかもしれないが、母親とは自分の子供を守るような存在ではないのか?私は、小さい頃、怪我をした時は両親が「自分が代わってあげられたら」と言っているのを耳にした覚えがある。

それとも、父親の暴力は、船戸優里容疑者にまで及ぶなど私たちの想像を大きく超えていたのだろうか。

ネットでは、「このニュースいたたまれなすぎて見れないわ」と言った声が多く聞かれ、番組ではキャスターが泣いてしまう事態まで発生している。

 

▶︎嫁の本名と顔写真が特定されてしまったwww須藤早貴(ドンファン 嫁)札幌専門高校特定、北海道実家は金持ちインスタにバラ風呂?

▶︎動機は遺産だったのか?急展開で事情聴取へ須藤早貴 逮捕か動機は遺産37億?犯人疑惑「紀州のドンファン妻聴取へ」離婚前だった

▶︎NEWS小山慶一郎さんが、先月同じNEWSメンバーの加藤シゲアキさんと未成年女子大生(19)飲酒しているとされる音声がツイッター上に流出した件で、未成年女性が田口小夏(たぐちこなつ)さんと判明。田口小夏 成城大学でインスタ画像から両親 身バレ!父親は田口信之社長で母親は美魔女。

 

【小山慶一郎・加藤シゲアキの音声】田口小夏(こなつ)とは何者?手越祐也とも関係?

2018.06.08

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

18 件のコメント

    • いかれぽんちさん>コメントありがとうございます。

      >この記事が気に入るってどういう意味だ気になるだろバカ
      どこか、間違っている箇所があったでしょうか?すぐに直します。

  • どれだけこの子が苦しんだかを思うとかわいそうでなりません
    この男ははりつけで苦しめて死刑でいいと思います

    • 吉田聡さん
      コメントありがとうございます。
      両親への悲痛な叫び、胸が痛いですね。
      この他にも、自分で4時に目覚ましをかけてひらがなの勉強をさせられていたなども情報もありました。
      何を考え、そこまでのことをさせていたのか、、、

  • 児童相談所に実効権限がないのが問題。警察官の同行を義務づけたり、脅威度により即時保護実効や逮捕権も必要なのでは?

  • たいした職業でも生活環境でもないのにわざわざ東京に転居したのは
    香川県の児童相談所や警察の追及から逃れるためだけであった事は
    容易に想像できる
    どうして不起訴にしたかは判らないが
    嘘泣きや反省してる振りを見抜けなかった関係者の罪は重い

  • 今回は死んだからニュースになったけど死なない程度のひどい虐待はきっと山ほどある。死んでからあれこれ言うのは簡単だよ。でもきっと児童相談所は今もそんな案件山ほど抱えてんだ。どれが爆発するかなんてわかりゃしない。

    • いちじのちちさん

      コメントありがとうございます。
      氷山の一角ですね。これを機に、児童相談所のあり方も問われていますが、けじめと虐待の線引きや、どうしても家庭に干渉できない中で見落としてしまうというのはありそうですね。

  • この船戸雄大という男、動画で逮捕されて歩いてるところを見たが、いかにも虐待してましたと言わんばかりの表情と歩き方でした。
    刑務所で出来るだけ長く反省し続けて欲しい。

    • もいさん
      一部、コメント編集させていただきました。
      逮捕された瞬間の動画は、しっかりと見ていませんでした。(見てみます!)
      表情は少し曇ってますよね、反省する日がくるのかは、謎です。

  • この両親には基本的人権なんて必要ない!日本国民一人ひとり100発以上ぶん○ぐってやりましょうよ!そうでないと亡くなった5歳の女の子があまりにも可哀想でなりません。

  • いつも思いますが殺人犯や性犯罪者に人権は必要ない!無職で金なし。仕事も長く続かず自分に自信がない。そのストレスを自分より弱い子供に躾と称してぶつけていたのですね。何度、見ても読んでも心が痛み怒りがこみ上げてきます。孤独で暗くて寒い部屋で1人。命の叫びを上げて亡くなった結愛ちゃん。両親は極刑でいい。
    同じようにして○してやりたい!

  • 5歳の子が許してくださいとお願いしても許して
    もらえない上に命尽きた
    あの両親は反省してるなど口にして警察や弁護士に許しを請い罪を軽くなるようにするだろう
    両親は許してあげなかった‼︎
    だから許してもらえると思うな
    世間があの2人を絶対に許さない

  • 結愛ちゃん、よくがんばったね。おなかもすいていたのに・・がまんして、4時に起きて「ごめんなさい・・・」を書き、寒い冬にベランダに出されて・・・寒かったのによくがんばったね。だれも結愛ちゃんを助けてあげられなくてごめんね。5歳の結愛ちゃんが小さいのに一生懸命がんばって生きたこと、みんな知っているよ。結愛ちゃんを見習ってこれからはがんばって、真剣に、まじめに結愛ちゃんに負けないように生きようと思う。結愛ちゃんは「がんばる」こと、「がまんしてまじめに生きる」ことをみんなに教えてくれたんだね。ありがとう結愛ちゃん。国民栄誉賞を送りたい。

    • こういう時、
      義父親も義父親だが、実母親は一体何をやってたんだ?
      女は強いんだろ??
      母親は強いんだろ??
      自分の子供を命かけても守れよ!!
      一般的にそういわれとるじゃん!
      都合悪い時だけ弱ぶるなよ!!
      そんなんで本当に強いって言えるんか?!

  • 結愛ちゃんの冥福をお祈りします。(船戸雄大の夢枕に毎日立ち、苦しめてほしい。)
    なぜ、船戸雄大の出身がわからないのかな?同級生とか知り合いがいそうなのに。マスコミもこういうこと大好きなはずなのに、なんの報道もない。早く、消し去りたいのかなマスコミは。東京都の銭ゲバ知事が今頃対応しますだなんて遅すぎ。国会議員だったのに、もっと早く、法律を新しく作れたはずなのに、本当、金々の知事なんだろう。子供の虐待は、大人と赤子、力の差がありすぎる!子供は逃げることもできない。虐待しただけで懲役5~6年は牢屋に入れて、子供と引き離すべき。殺したら、懲役30年以上~死刑まで、決めるべき。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です