砂川啓介 浮気遍歴がヤバい!体操のお兄さん(若い頃の画像あり)経歴やプロフまとめ!死因は尿管癌で幕を閉じる!

SPONSORED LINK



日野原重明(聖路加国際病院)が亡くなられたかと思えば、砂川啓介さんが80歳で尿道ガンのために11日死去されていたことが判明。砂川啓介さんといえば、嫁がアニメ「ドラえもん」の声で声優の大山のぶ代さんで認知症。一人病気の妻を残しての急逝に悲しみの声は多い。一体、彼はどんな生涯を送っていたのか気になり調べてみました。■砂川啓介はNHKの「おかあさんといっしょ」の初代「体操のおにいさん」だった経歴やプロフィールまとめ■砂川啓介は浮気をしていてラブホの領収書がばれた浮気遍歴がやばい!?日野原重明(聖路加国際病院)が亡くなられたかと思えば、砂川啓介さんが80歳で尿道ガンのために11日死去されていたことが判明。砂川啓介さんといえば、嫁がアニメ「ドラえもん」の声で声優の大山のぶ代さんで認知症。一人病気の妻を残しての急逝に悲しみの声は多い。一体、彼はどんな生涯を送っていたのか気になり調べてみました。■砂川啓介はNHKの「おかあさんといっしょ」の初代「体操のおにいさん」だった経歴やプロフィールまとめ■砂川啓介は浮気をしていてラブホの領収書がばれた浮気遍歴がやばい!?

スポンサーリンク

砂川啓介さんは、あのドラえもんの声:大山のぶ代さんの旦那さんです。


(出典 ツイッター

大山のぶ代(本名 山下 羨代)/ 1933年10月16日(83歳)/ O型/ 東京府東京市渋谷区出身/ 女優、声優、エッセイスト、タレントとして活躍。中でも『ドラえもん』のドラえもん役は1979年4月から2005年3月まで26年間演じ、大変有名
二人は、1964年に結婚されました。その後、二人の共著が出版されるなどしておしどり夫婦として有名になりました。


(出典 マトメディア
しかし、大山のぶ代さんは、2008年に音芸の校長室で授業準備中に、心筋梗塞と脳梗塞を併発して倒れ緊急入院!一時退院までして回復の兆しを見せていましたが、その後2012年に「認知症」(アルツハイマー型認知症)と診断を受け、2015年5月に砂川啓介さんが会見を開きました。

この時、壮絶な介護生活をつづった「娘になった妻、のぶ代へ」(「年で体が縮んでいるせいか、小さくなった状態で僕を眺めている。それを見た時、これは娘だな、姉から娘に変わったな、という思いを抱きました」と著書タイトルについて言及しています。)では、「病気の君を置いて先には死ねないよ」と話しており、今回の砂川啓介さんの死は嫁の大山のぶ代さんにとっても非常に悲しい現実でしょう。
(引用 アサ芸プラス・参考 ウィキペディア
さて、そんな砂川啓介さんと大山のぶ代さんご夫妻については、あらぬ噂が立っているのです。まずは、「体操のおにいさん」だったという経歴を若い頃の画像も交えてお伝えします。

スポンサーリンク

砂川啓介はNHKの「おかあさんといっしょ」の初代「体操のおにいさん」だった経歴やプロフィールまとめ

▼砂川啓介さん

(出典 ツイッター

本名 山下 啓一(やました けいいち)/1937年2月12日生まれの80歳/東京都出身/成城高校
1961年 NHK『うたのえほん』(『おかあさんといっしょ』)初代体操ののおにいさんとしてブレイク1964年 番組共演が縁で大山のぶ代と結婚
▼1961年から1969年まで約8年間、「体操のお兄さん」を務めたというのは本当らしいです。

(出典  これしり


(出典 ツイッター

そして、砂川啓介さんにはさらなる噂があります。
なんと、浮気!!
そう、彼は浮気をしていたのです。この真相を突き止めなければ!!

砂川啓介は浮気をしていてラブホの領収書がばれた浮気遍歴がやばい!?

日本の作家・評論家である塩田丸尾さんの著書に、その事実が掲載されているらしいのですが。砂川啓介さんは浮気相手との密会で利用したホテルの領収書を財布に入れて、持ち帰ってきたのです。その証拠となる品を大山のぶ代さんに見つかり、あえなく自白。「なんで浮気ってことが一発でバレてしまう証拠を残しておくのよー!」 と大山のぶ代さんが問い詰めると、「俺らの家は青色申告してるだろ!」と逆ギレ。そんな天然な面もお持ちな砂川啓介さん。

(参考 とっちゃんの趣味ブログ

しかし、砂川啓介さんが浮気をしたのは、公認だったという情報もあります。これは、悲しいことですが砂川啓介さんと大山のぶ代さんの間には子供ができませんでした。正確には、大山のぶ代さんが2人の子供を妊娠したのは事実ですが、1人めは死産、2人めは早産で子供を亡くしているのです。「娘になった妻、のぶ代へ」では、その影響からか「次に妊娠したら母体が危険」という医師の宣告を受けたことが引き金となり、40年間セックスレスだったことまで告白しています。
そして、大山のぶ代さんは、

「他の女性と浮気してもいいのよ。私はもう、あなたの子供を産んであげられないから、他の女の人と遊んできてちょうだい」

と口癖のように言っていたことで砂川啓介さんは実際に浮気に走り、さらには、隠し子の存在まで告白しています。具体的な、浮気相手についての情報は入手できませんでしたが、実際に浮気をしていたというのは事実と判明。体操のお兄さんといえど、浮気はするものですね。勝手な偏見かもしれません。

(引用・参考 日経ゲンダイ
具体的な、浮気相手についての情報は入手できませんでしたが、実際に浮気をしていたというのは事実と判明。体操のお兄さんといえど、浮気はするものですね。勝手な偏見かもしれません。

亡くなられた砂川啓介さんにはご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

2 件のコメント

  • 1961年4月3日~1969年10月1日までにレギュラー出演していたNHK『うたのえほん』とその併合先になっていた『おかあさんといっしょ』の初代たいそうのおにいさんだった砂川啓介さんが生きていた頃、本人よりも学年が上で同じ東京都出身の方では遠藤幸三さん作詞の『しまうまグルグル』、『ぞうさんのあくび』等を作曲した乾裕樹さん(※1)、高木均さん(※2)、福田和禾子さん(※3)、中村秀利さん(※4)、小森昭宏さん(※5)、吉岡治さん作詞の『元気に一、二』、阪田寛夫さん作詞の『地球をどんどん』、山本正之さん作詞の『パラランたいそう』等を作曲した越部信義さん(※6)等が亡くなってしまったケースがあったようです。

    1968年7月14日生まれで東京都新宿区出身の10代目たいそうのおにいさんの佐藤弘道さんが、ツイッターとアメーバブログで砂川啓介さんが11日に亡くなった事をお伝えしたそうですが、その日に私は民放の『News Every.』で初めて見ました。

    彼は同日午前4時10分に発覚した尿管がんのため、東京都港区の病院で亡くなりました。学年ではまだ80歳でした。

    横山だいすけさんが卒業とともに花田ゆういちろうさんと交代した後も本人はまだ生きていたのに亡くなってしまうのはまさかの衝撃でした。
    ご冥福をお祈り致します。

    ※1:坂田おさむさんが一人で作詞曲した『どんな色がすき』等の編曲もした1949年9月29日生まれのキーボーディストさんでしたが、2003年1月に亡くなりました。学年ではちょうど53歳でした。

    ※2:1941年11月28日生まれの女性作曲家さんでしたが、今年5月3日にマルゲリータさんのお願いが496Eね!で再放送された2008年秋のファミリーコンサート『おまつりコンサートをすりかえろ!』のオーバーチュアーを遺作として同年10月5日に録音が無事に終わり、職場を出ようとした所、そのまま倒れて静かに永眠してしまいました。まだ66歳でした。

    ※3:1982年4月5日~1992年10月3日までに10年半(同年6ヶ月間)放送されていた井出隆夫さん原作と脚本の着ぐるみによる人形劇『にこにこぷん』のかしの木おじさんの声を演じ、1994年5月2日~1997年4月4日までに放送されていたショートアニメ『ふしぎなあのこはすてきなこのこ』のナレーション等をした1925年2月26日生まれの男性俳優、声優、ナレーターさんでしたが、2004年2月11日午前1時7分頃には虚血性心不全(推定)のため、自宅で死んでしまいました。まだ78歳でした。

    ※4:1991年4月1日~1994年2月25日までに2年10ヶ月間放送されていたショートアニメ『ふたりはなかよし グーとスー』ではナレーションをした後、1993年10月6日~1995年9月27日までにテレビ東京系列で放送されていた『ミュータントタートルズ』と1996年にテレビ放送終了から数ヵ月後に発売されたOVA作品の『超人伝説編』ではロックステディとマクフィンガー、同年11月に東京都渋谷区のNHKホールで公演された『おかあさんといっしょ』のファミリーコンサート『はるなつあきふゆミュージカル』ではゲストキャラクターのソーセージ等の声を演じた1954年7月12日生まれの男性声優さんでしたが、2014年12月24日にクモ膜下出血のため亡くなりました。ちょうど60歳でした。
    ちなみに、現在は声のライブラリ出演をさせていただいている事はあるようです。

    ※5:1974年4月1日から1976年3月29日までに2年間放送されていた飯沢匡さん原作の『うごけぼくのえ』以前の人形劇の音楽等を作曲した他、編曲に参加した経歴もある1931年4月26日生まれの医師さんでしたが、2016年6月5日に腎不全のため、東京都内の病院で亡くなりました。ちょうど85歳でした。

    ※6:この他にも花田ゆういちろうさんがソロで歌った実績のある『菜の花畑で思い出す』等を作曲した1933年8月21日生まれの男性作曲家さんでしたが、脳梗塞と肺炎の合併症のため亡くなりました。ちょうど81歳でした。

    • サイナイさん

      ご返信遅くなりました。申し訳ありません。ご丁寧なコメントありがとうございます。
      調べが細やかで思わず見入ってしまいました!!^^
      名作曲家や声優が次々と亡くなっているのですね><
      病気には気をつけたいものです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です