小林麻央 美人薄命な死去速報は予兆できた!乳がん闘病生活の記録を市川海老蔵会見までに復習!

SPONSORED LINK



小林麻央さんが22日夜に死去していたことがわかりました。まさに、美人薄命とはこのこと。早すぎます。34歳の若さでの逝去。市川海老蔵 会見までに乳がん発覚から逝去までの闘病生活を振り返ります。■小林麻央 乳がん発覚から死去までの病状や病気の進行について■小林麻央 入院や退院の記録 在宅医療中だったが、その間の事故死の可能性はないのか!?小林麻央さんの言葉も交えてお送りします。■小林麻央 入院や退院の記録 在宅医療中だったが、その間の事故死の可能性はないのか!?■”痩せる”ことが意味する危険性とは?最終的には呼吸困難に陥る可能性も?

スポンサーリンク



小林麻央 美人薄命な死去速報に世間の反応は?

やはり、悲しいとする意見が多いのですね。
そして早すぎる死に驚きと子供達の様子を危惧する声が多数。

小林麻央さんは22日の夜に亡くなられましたが、あまりにもとても突然の死です。
在宅医療中でした。まさか事故死などの可能性はないのでしょうか。

市川海老蔵 会見までに乳がん発覚から逝去までの闘病生活を振り返りたいと思います。

小林麻央 乳がん発覚から死去まで病気の進行について

■小林麻央さんの乳がん発覚について

・2016年9月に市川海老蔵さんが小林麻央さんが乳がんであることを報じる
・「乳癌」その中でも「進行性の早い」がんであることが判明

「進行性の早い」とは?
・そもそも、「癌」には”悪性度”という目安があります。
・”悪性度”が高いほど、細胞分裂が早く、増えていく能力が高いということになります。
・この指標は3段階に分かれており、「3」は増殖力が速く
悪性度も高い数値ということになります。

・さらに、”悪性度”が高ければ他の臓器にも転移する可能性はあります。
・乳癌が転移しやすいのは、肺、肝臓、骨やリンパ
・”他の臓器に転移する”この段階を「ステージ4」と呼んでいます。

・乳癌には、7つのステージで癌の進行度を測ることができます。

• Tis:乳管内にとどまるがん。非浸潤がん(超早期)
• 0期:しこりや画像診断での異常な影を認めないもの
• 1期:2cm以下のしこりで、リンパ節への転移がないと思われるもの
• 2期:2cmを超える5cm以下のしこりがある、もしくはリンパ節への転移が疑われるもの
• 3a期:しこりが5cmを超えるもの
• 3b期:しこりが皮膚などに及んでいるもの
• 4期:しこりの大きさを問わず、他の臓器に転移がみられるもの

・小林麻央さんは4期、つまり末期に差し掛かっていました。
・実際に、小林麻央さんリンパ節、骨や肺、皮膚、そして顎への転移が明らかとなっていました。
・この段階に来ると10年生存率は、22.2%と言われています。(10年生生存率というのは、病気がわかって方10年間生存する確率のこと)

■小林麻央さんの病気の進行の記録について

◆4月2日 「ポニー」

それにしても
咳が止まらない日々。

肺転移の可能性が示唆された日でした。
小林麻央 ブログ kokoroで肺転移の症状訴える!余命4月は本当か?

◆4月9日 「試行錯誤」

息切れとしんどさに襲われ・・・

◆4月10日 「家族」

痛みのレスキューを飲むために
起き上がりました。

夜中起きた時に、家族の気配がなくて寂しくなった。
家族のぬくもりに涙が止まらないと心の痛みも告白。

そこから更新頻度は2〜3日置きに、4〜5日置きにと
日が空くようになって、海老蔵さんも心配していました。

◆4月19日 「一緒に泣くこと」

息苦しさと 変な発汗と 痛みと。10日前まで普通に歩けたのに、
10歩歩くのもやっとになってしまう

小林麻央 ブログKOKORO「日光浴」 から一変?最新「10歩 歩くのもやっと」

そして、いよいよ

◆4月22日 「入院」

今は、自分の力では難しいので、
医療の恩恵を受けて、
元気になりたいと思います。

と、入院を決断しました。
家族とは離れたくないけど、でも今は・・・
という言葉には重みがありますね。

◆4月24日 「クリア!」
貧血と炎症の症状を訴え、ベッドに横たわり鼻チューブ姿の小林麻央さんが。

この頃になると、一気に小林麻央さんの余命が現実味を帯びてきて、
世間でも騒がれるようになりました。
近頃は「死相」や「霊視」など縁起の悪い説まで飛び出していていたほどです。

・5月の間はずっと闘病生活が続いていました。
・高熱に見舞われたり、貧血になったり、全身が痛くなったり
・闘病中のトップニュースは何と言っても「顎」への転移

◆5月26日「顎」
・なんと癌細胞が顎にまで転移してしまったのです。

顎の様子は写真で見るだけではよくわかりません。
しかし、最近は痛み止めのテープを貼ったりしていて、
その薬の副作用で急な眠気が襲ったり、真では計り知れない苦労があったようです。

スポンサーリンク



小林麻央 入院や退院の記録 在宅医療中だったが、その間の事故死の可能性はないのか!?

そして、小林麻央さんは病院での闘病生活を終えて、
無事に退院しました。無事というか、無事ではなかったのですが。
家族との時間、家で過ごす時間を選んだということになるでしょう。

◆5月29日「退院」

この時は、子供たちにプレゼントをもらったと写真付きで
嬉しそうに記事を公開していました。

一ヶ月ぶりの 我が家の香り。

退院前は、
これから家族へかけてしまう負担が
怖く、退院が近づくたび不安でした

これからは
在宅医療に切り替え、
自宅で点滴など続けながら、

在宅医療の先生、看護師さん
そして何より 家族に
支えてもらいながら
生活していきます

在宅医療に踏み切ることについて小林麻央さんはブログでこのように綴っています。

在宅医療中だったが、その間の事故死の可能性はないのか!?

■在宅医療に踏み切ることについて

在宅医療に踏み切るということは、
自分が周りの助けなしに生きていくことはできないことを
認めることでもあります。

それは小林麻央さんにとって
実は、不安なこと。

でもそれを乗り越えて家族、子供たちと一緒にいられる時間を
1日、一秒でも長くいられる方を選択したのでした。

吉か凶か。在宅医療中は、幸せそうでしたが、
やはり、何かあってからでは遅いということも
わかっていたはずです。

もしかしたら事故死の可能性だってあるのです。
しかし、この道を選んだということは、おそらく
もう来たる死に直面していたのでしょう。

◆6月5日「シンデレラ」(アメンバー限定記事)

・また、6月になると症状は悪化していきました。
・脚の浮腫の症状を訴えていたのです。
→れいかちゃんに左足を出すように言われ小林麻央さんの足にガラスの靴をはめようとするが、
小林麻央さんの足がむくんでいて入らない!
・リンパ浮腫で水分が溜まっている可能性が浮上しました。

◆手術後に起こる!?リンパ浮腫とは?

定義: 手術でリンパ節を取り除いたり放射線治療によって
リンパの流れが停滞することで、生涯にわたり腕や脚がむくむこと。
このむくみをリンパ浮腫といいます。

リンパ浮腫は、がんの治療を受けた全ての患者さんが発症するわけではありませんが、一度発症すると治りにくい

軽度から中等度の症状・・・腕や脚ががんの治療前と比べて太くなります。腕や脚がだるい、重い、疲れやすいなどの症状が出てきます。体の場所によっては、むくんだところを指で押すとあとが残ります。

重症化したときの症状・・・むくみが進行すると、皮膚が乾燥しやすい、硬くなる、毛深くなる、肘(ひじ)、手首・指・膝(ひざ)・足首などの関節が曲がりにくい、動かしたときに違和感があるなどの変化があらわれます。

(引用 リンパ浮腫:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

実は小林麻央さん、前々から「脚のむくみ」についてはブログでも触れてきました。

◆5月17日「隠し撮り」

こちらでは、小林麻耶さんがマッサージをしてくれていたのです。
マッサージのおかげで、

浮腫んだ足が、軽くなり、
爪の血色も蘇りました。

と綴っているように、脚の爪の血色が悪いこと脚がむくんでいることを明かしていました。

つまり、小林麻央さんがリンパ浮腫だとすると、
リンパ節に関する何からしらの手術を行い、そのせいでリンパの流れが停滞し、現在も脚がむくんでいる状態だということです。手足の浮腫が強くなると手や脚が重く感じ動くたびに重苦しく感じるこんな状態が1ヶ月以上も続いていたのです。

さらに、病気は深刻なことに、「悪液質」状態にあったとされています。

小林麻央 死去は予兆できた!

今朝は、着替えるときに、
裸で鏡の前に立ってみると、

私が恐れていた姿に近い身体が
写っていて、一瞬 衝撃を受けたあと、
泣いてしまいました。

(引用 ブログKOKORO

▼小林麻央さんが5月5日に公開した写真

なぜ小林麻央さんは痩せてしまうのか?
そこにはただ食事をしていないだけに止まらない深刻な理由がありました。

”痩せる”ことが意味する危険性とは?最終的には呼吸困難に陥る可能性も?

■小林麻央さんの食事内容

小林麻央さんの食事は病人の中でも病人らしく
本当に心細いものでした。

▼5月10日の食事

▼5月22日の朝食

このほかに小林麻央さんは野菜スープなどを召し上がっているようですが、
成人女性の1日に必要なエネルギーは1900キロカロリーと言われていますから、
圧倒的に少ないことがわかりますね。

痩せの一因であることに違いはありませんが、
実はがんが進行していくと終末期には全身が痩せると言われています。

そして、全身が痩せるこれを医学的に考えると
「悪液質」という症状なのです。

もちろん、小林麻央さんが悪液質状態にあったのかという確証はありませんが
可能性はあります。

■「悪液質」の詳しい症状とは?

悪液質の定義は、簡単に言うと体重が落ち、筋力が落ちる状態のこと。
痩せてしまう原因は、身体の筋肉や脂肪が分解されて、身体に必要なタンパク質を作れなくなるから。つまり、筋力が徐々に低下するのですが、筋力が低下すれば自力で歩けなくなる、ベッドから起き上がれなくなる、呼吸すらできなくなるというように死へ向かうことになります。

この過程は、炎症と同じです。炎症とはそもそも有害な刺激に対して起こる免疫の応答で
健康な人間であれば誰にでも起こりますね。しかし、がんになると異常な細胞がたくさんできるため、この炎症が必要以上にで続けます。

すると、重大な刺激がないにもかかわらず、感染したように発熱が繰り返されたり、
異常に疲れたりするのです。

つまり、悪液質は本来持つ免疫の防御機能が暴走している状態と言えます。

最後には呼吸困難と成ってしまう。
見過ごすことができない状態
ですね。

よって、小林真央さんが痩せている状態は、悪液質状態にある可能せいが高い。もしそうであれば、非常に危険な状態にある。ということです。

市川海老蔵さんの会見は14:30〜です。

→会見内容についてはこちらの記事で書いています。
小林麻央 死去!市川海老蔵 会見内容速報!最期の言葉と最後の顔は?

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です