上地克明 上地雄輔父親 (画像)とは誰?早稲田卒のプロフィールや経歴は?バンド活動も?

SPONSORED LINK



タレント・上地雄輔さんの父親=地元では通称 上地パパの愛称で知られる=上地克明 氏が、
横須賀市長選に先日当選!!小泉進次郎 衆院議員がバックについていたこともあってか、1万票弱の大差をつけての当選に地元横須賀からは歓喜の声が。■上地雄輔父親と小泉進次郎の関係やつながりは?ついに雪辱果たす!■「ヨコスカはこんなもんじゃない」で知られる上地雄輔さんの父親である上地克明 氏とは一体どんな人物なのだろうか?早稲田卒のプロフィールや経歴は?小学校や中学校や高校は?■街頭演説や政策は?■上地克明 氏率いる音楽バンド「上地克明&GOLD」とは?
とても地元愛の深い人物であることが判明しました!

スポンサーリンク



ヨコスカはこんなもんじゃない!

タレント・上地雄輔さんの父親=地元では通称 上地パパの愛称で知られる=上地克明 氏が、
小泉進次郎 衆院議員がバックに横須賀市長選に先日当選。一体、どんな人物なのだろうか?

上地雄輔さんの父親である上地克明 氏とは?誰?早稲田卒のプロフィールや経歴は?

<上地克明 氏 プロフィールや経歴>

(出典 公式ツイッター

■名前 上地克明 氏
■愛称 上地パパ
■生年月日 1954(昭和29)年生まれ
■年齢 56歳 
■出身地 横須賀・吉倉町
■職業 政治家・バンドマン
■趣味 音楽活動 バンド 「上地克明&GOLD」

■SNS
・Twitter 公式ツイッター@kamijikatsuaki
・Instagram ★
・Facebook ★
■経歴

S29年横須賀市吉倉町生
→小学校=逸見小卒 中学校=桜台中卒 高校=県立横須賀高校卒 大学=早稲田大学商学部卒
→ニチリョウに入社

S53年衆議院議員田川誠一秘書

H1 ロックバンド「ライトハンド」を結成(現在まで続く)

H15年横須賀市議会議員初当選

H20年原子力空母調査団長として渡米

H23年横須賀市中小企業振興基本条例を提案

H24年横須賀市地域を支える条例を提案

H25年ニューウィング横須賀地域主権会議を立ち上げ 経営コンサル会社代表

上地克明 氏率いる音楽バンド「上地克明&GOLD」とは?

上地雄輔さんの父親ということもあってか、歌も歌うのですね。
実際に、動画もユーチューブにアップされています。こちら。

(出典 https://www.youtube.com/watch?v=uX8WW4qzuxg)

もともと、上地克明 氏がバンドを結成するに至る理由は、
とてもシンプルです!

「横須賀を音楽で盛り上げたい」

上地雄輔さんも父親のライブを手伝ってCD「ヨコスカ」を販売して
アルバイト代を稼いでいたことでも知られています。
昨年は、昨年は地元・横須賀で初ライブを行うなど、本当に地元が大好きな上地克明 氏

小泉進次郎が上地克明 氏を擁護する理由は?ついに吉田雄人氏への雪辱果たす!

個人的には、なぜ小泉進次郎自民党衆院議員が横須賀を?と
疑問に思ったので調べてみました。

それは、第一に横須賀が小泉進次郎自民党衆院議員のお膝元であること。
また、平成21年に小泉純一郎元首相が支援する当時の現職を破って初当選した吉田雄人氏(41)。吉田氏には、過去2回も小泉家が支援した候補が連敗していることから雪辱を果たしたかったということ。こういった要素が絡んでいるようです。

陣営幹部らからは、タレント、上地雄輔さんの父親で、かつ小泉進次郎がバックにつけば、知名度はあるが果たして、「現職は(吉田雄人氏)強い」と言われていました。

(参考 産経ニュース

先陣切っての勝利に、期待が持てますが、
今後一体どういう政策で横須賀を盛り立てるようのでしょうか。

「ヨコスカはこんなもんじゃない」上地克明 氏の街頭演説や政策は?

上地克明 氏の街頭演説を見ていると、

「ヨコスカはこんなもんじゃない」が口癖のようです。

地元を変えたいと強く願う、上地克明 氏の政策について紹介しますね。

■人口減少の問題
→現状:この7年間で逸見地域がまるごと消滅するかも?
→これから:国と県との連携による積極投資で人口の流出防止に努める!

■育児・子育て
→現状:中学校給食の未実施
→これから:中学校の完全給食を早期に実施、市長の退職金2200万円をやめ、公立保育園の主食を強化する。また事業内保育所を設置する支援を行う。

■教育
→現状:過去5年間、小中学校の全国学力調査で全国・県の平均点以下になっている
→これから:全てにおいてトップクラスに!教育に力を注ぎ、学力向上を目指す。また、子供の放課後の活動を充実させる。

■福祉・人材 
→現状:介護職・保育職の方が十分に評価されていない
→これからは、待遇を改善する

■障がい・福祉
→現状:障がいのあるお子様は、親なきあとの不安を抱えている
→これからは、継続t系な介護の元で生活できる拠点作り、住まいの確保、専門職による資産管理や生活サポートをしていく

■観光・地域振興
→横須賀の観光資源や魅力を再分析し、計画的で有機的な取り組みに着手

■まちづくりについて

(出典 公式ツイッター

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です