豊田真由子議員【週刊女性 内容】父親のDV噂は真実だった!学生時代の家庭内暴力秘話が酷!

SPONSORED LINK



6月22日発売の週刊新潮で自民党の豊田真由子衆議院議員が秘書への暴言が音声で暴露された事件。顔面打撲の被害を受けた秘書がICレコーダーを録音していた。そこには、国民の代表と思えぬ「この〇〇〜」やミュージカル調の歌に乗せて相手を罵しるようなパワハラの実態がうかがえる。しかし、そんな彼女には2人の子供がいて家族がいる。そんな彼女がどうしてパワハラを?そこには、■豊田真由子衆議院議員が中学生時代に父親から母親が「精神的暴力を受けていた」と家庭内暴力があったことを同級生が告白!(6月27日発売「週刊女性」)。家庭内暴力のその内容や詳細とは?■事務所や自宅の所在も追跡!?自宅マンションの家賃は?事務所の所在は新座市内のビル?

スポンサーリンク



みなさま、もうお聞きになられた方が多いかもしれません。


(出典 デイリー新潮

ミュージカル調の音声動画。秘書へのパワハラが世間に暴露・拡散されて早5日。

この間、豊田真由子衆院議員は自民党に離職届を提出しています。
世間的には「当たり前のことだ」とお思いになる方も多いと思いますが。

実は、彼女には思わぬ過去、悲惨な過去があったことをご存知でしょうか。
6月27日の週刊女性が報じています。

その内容をザックリといかにまとめました。

豊田真由子議員【週刊女性 内容】=学生時代の家庭内暴力!精神的DVその内容や詳細とは?

豊田真由子議員のことをよく知る人物 田中絵里緒さん。
同じ私立中高卒(桜蔭中学・高校)で東京大学法学部を卒業した彼女によると。

■豊田真由子議員の同級生が語る豊田真由子議員の学生時代について

豊田真由子議員は学生時代に、政治家になるというビジョンはなかったが、

「何か自分が目立ちたい、有名になりたい、かっこよくいたいという思いが強い人だった」

(引用 「週刊女性(6月27日発売)」)

■豊田真由子議員の家庭内暴力の実態について

「お母様がDVを受けているという話をおっしゃっていました。詳細は語らなかったんですけれども、そばで見ているだけで子供にとってはショックな出来事だったでしょう。お父様も立場のある人だと聞いていましたし、対面を考えているためか、真由子さんの身体にアザができていることはありませんでしたから、どちらかというと精神的暴力だと思います」

(引用 「週刊女性(6月27日発売)」)

つまり、豊田真由子議員の家庭では、母親が父親からDVを受けていた。
それが日常化していて、子供ながらに精神的に何かしらトラウマになっているものがある。
あるいは憶測ですが、豊田真由子議員にも父親からの精神的DVはあった可能性もある。

また同級生の田中絵里緒さんは、

「少なからず暴力がある家庭に育って、本人も自分で自覚はしていたと思うんです、暴力を身近で見てきた人は暴力の恐ろしさを知っていますし、カッとなる自分も抑えられないのだと。キレる自分って怖いよねって、そういうふうにならないようにすごく気をつけていたとは思うのです」

と続けました。

父親の詳細については、調べましたが
なかなか検出できず・・・
何かつかめたらまた書きますね。

スポンサーリンク



豊田真由子議員の事務所や自宅の所在も追跡!?自宅マンションの家賃は?事務所の所在は新座市内のビル?

■豊田真由子議員の事務所の所在地について

ご存知の方は多いかもしれませんが、
豊田真由子議員の事務所は、新座市内にある「アクティブ整骨院」の2階にあります。

事務所の入り口のドアには、
「辞職を求めます」との落書きがあるとか。

■豊田真由子議員の自宅について

豊田真由子議員は、夫と子供2人の4人家族。
事務所から徒歩5分圏内にあるというマンションは2LDKで三千万円ほど。
家賃でいうと15万円ほどの物件だという。

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です