小池百合子都知事「希望の党」代表へ:由来・理念・政策まとめ

SPONSORED LINK



先ほどまで、上野動物園の赤ちゃんパンダの名前が決定したことを報告していた、小池百合子都知事。同日午後2時半から、別件で臨時会見。「リセットして、私自身が絡んで立ち上げていく。まったく新しい政党として結党宣言したい」と、国政政党「希望の党」の立ち上げを宣告した。会見の内容とは?

スポンサーリンク



<国政に関する記者会見>
「名前に関する発表が多い」
「この度、『希望の党』を立ち上げたいと思う。ただし、都政については、現在も知事なのでしっかりと、都政をより磨きをかけ、スピード感を持つためには、国政に関わっていく必要がある。改革・保守これらを満たす方々が、、新しい勢力を作る」

< ネーミングの由来>


「国政に新しい勢力を作ることが都政にとってもプラスであるとの「結党宣言」である」
「明日への希望を持ちたい、という意味で『希望の党』と名付けた」

<理念>


「私たちが希求するものは、党の利益ではなく、議員の利益でもなく、国民のため、つまり国民全体の利益を最大化することにある。国政を透明にし、常に情報を公開し、国民とともに、進める政治を実現する。既得権益、しがらみ、不透明な利益を排除し、国民ファーストな政治を¥実現する、国民一人ひとりに、日本に、未来に、希望を生むために。」

<政策>


◆希望の政治

  1. しがらみのない政治
  2. 議員定数、議員報酬の縮減
  3. 行政改革:徹底した情報公開
  4. 真の地方分権の確立

◆希望の社会

  1. 女性政策など、ダイバーシティ社会の確率
  2. 多様な教育(奨学金、高度研究、生涯教育)

◆希望の経済

  1. 消費税対応 実感できる景気回復の実現
  2. ポストアベノミクスにかわる成長戦略 不動産の有効活用AI金融

◆希望を守る環境・エネルギー

  1. 原発ゼロとゼロエミッション社会への工程作成
  2. フードロス対策など

◆憲法改正

希望あふれる日本の礎

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です