張本智和のチョレイに中国国籍の両親が込めた意味と帰化した理由が泣ける!東京五輪にかける卓球2世

今年の全日本卓球選手権・男子シングルス決勝で水谷隼を破り、張本智和(エリートアカデミー)選手が史上最年少の14歳で優勝しました。張本智和選手といえば、「チョレイ!」や「ハリバウアー」がトレードマークですが、チョレイに両親が込めた意味が泣けるんです!両親は中国国籍の元卓球選手。現在は、仙台市「張本卓球場」でコーチ業をするために、日本に帰化。当の張本智和選手も東京五輪で金メダルを獲得することを目標に、自らの意志で日本で活躍することを望み、帰化した経緯があります。「うるさいけど、うるさいい!!」と言われるチョレイ!が意味するところは?

スポンサーリンク



張本智和選手のプロフィールと成績

今年の全日本卓球選手権・男子シングルス決勝で水谷隼を破り、張本智和(エリートアカデミー)が史上最年少の14歳で優勝。

水谷隼は、2016年のリオデジャネイロ五輪で日本人初のシングルメダリストを獲得し、全日本選手権にも史上最多で9回の優勝を誇る日本男子卓球界の第一人者。

歴史的快挙ですね。

張本 智和(はりもと ともかず)選手は、2003年06月27日宮城県仙台市生まれの14歳。

両親とも中国出身の卓球選手と言うこともあり、2歳の時からラケットを握り、小学1年生から6年生までの全日本選手権で6年連続優勝を果たしています。

16年4月にJOCエリートアカデミーに入校後、16年世界ジュニアでは史上最年少の13歳163日で優勝し注目を集めました。

さて、そんな張本智和選手のトレードマークといえば、

こちらですね。

張本智和選手のプロフィールと成績|トレードマークの「チョレイ!」と「ハリバウアー」

チョレイの意味は、これまでたくさんの疑問の数が寄せられてきたのですが、
人によって、いうことが異なっていて、真相はつかめていませんでした。

張本智和選手のチョレイの意味にまつわる数々の噂!母親によると「日本語でも中国語でもないただのかけ声」

例えば、17年6月5日の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」では、
番組で張本智和選手の母親に直撃したところ、「チョレイ!」の意味は、
・「日本語でも中国語でもないただのかけ声」
・「何かのきっかけで進化して別の言葉になるかもしれない」

とのことで、具体的な回答は得られず。ただ、日本語でも中国語でもなく、それが自然と口から出てきたところであるというのは確かなようです。一方、父親によると、また違った見解が。

張本智和選手のチョレイの意味にまつわる数々の噂!生みの親は父親、本当の意味を知れば泣ける!

父親によれば、この「チョレイ!」は、父と息子の約束。
天才少年は以外にも、シャイな性格の持ち主。
「とても恥ずかしがり屋で自分を出さない性格」だと見抜いた父親が、

「勝負に向かうときに大切なのは精神力。そのためには、まず自分から元気な声を出すこと」と指導したところ、この言葉が生まれたといいます。
(参考元:張本智和、「チョレイ!!」に込められた両親との“約束” 14歳最年少V秘話

私たちも、何か気合を入れる時は「さあ!」など、緊張をほぐしたり、内側から気を送り込んだり、そういった鼓舞する気持ちで声を発することはありますね。

張本智和選手にとって、「チョレイ!」が意味するところは、父親の指導に由来した勝負師になくてはならない魔法の言葉だったようです。ちなみに、「大声で叫ぶ」「相手を威嚇(いかく)する」「観客に不快感を与える」などの行為は卓球のルール上で禁止行為とされていますが、これまで、審判から注意を受けたことはなく、ルールに抵触はしていないようです。

とはいえ、中には批判的な意見もあります。

さて、そんな張本智和選手のご両親は、一体どんな方々なのでしょうか。

スポンサーリンク



張本智和選手の両親の国歴は中国だが、日本に帰化した理由は

張本智和選手の両親が帰化した理由|両親の名前と職業について

張本智和さんの家族は、2014年に日本に帰化するまで、皆、中国人でした。父親は、男子ジュニア日本代表コーチの張本宇(う)さん。母親は、母親は1995年の天津市で行われた第43回世界卓球選手権の元代表選手の張凌(りん)さん。家族には、5つ年下の妹・張本美和ちゃんがいます、彼女もまた卓球選手で張本家はまさに卓球家族。

張本智和選手の両親が帰化した理由|中国人だが日本でコーチ業のために在日

両親はなぜ日本に帰化したのかと言うと、その理由は張本智和選手を育てるという親としての義務はもちろん、コーチ業のため。つまり仕事のために1998年に在日。福原愛さんが所属した仙台ジュニアクラブでコーチを勤め、現在は、宮城野区萩野町に自宅を兼ねた「張本卓球場」を開設。

張本智和選手の両親が帰化した理由|張本智和選手はなぜ日本に帰化したのか

また、17年1月15日放送NHK BS1『めざせ卓球日本一!全日本選手権開幕』によれば、張本智和選手は「本人の意志で卓球の道を選び、日本に帰化した」との情報も。「東京オリンピックで『金メダル』をとる!」これが現在の張本智和選手の夢でもあります。

シニアの舞台でどんな「チョレイ!」が聞けるのか、楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください