速見コーチ(体操)5日会見 中継ライブ動画や全文内容!宮川紗江選手パワハラ事実あった?

スポンサードリンク




連日、ワイドショーなどで話題になっている宮川紗江選手と塚原夫妻(日本協会の塚原光男副会長と塚原千恵子・強化本部長)をめぐるパワハラ問題を巡り、9月5日記者会見を開くことが予定されている速見(速水)佑斗コーチ。

ここでは、速見佑斗コーチの会見日程(時間)や、会見の内容、全文文字起こし、中継(ライブ)動画のリンクを掲載しています。

おすすめネットでは、速見佑斗コーチが宮川紗江選手へ平手打ちする様子が納められた映像が話題になっています。以下の記事で書いています

速見元コーチ 平手打ち映像の動画がヤバい!宮川選手が流血騒ぎに会見では見せない猫かぶり?

2018.09.06

速見佑斗コーチ記者会見 5日 日程(時間)中継ライブ動画

  • 記者会見の日程:9月5日  時間は18:00〜時間の変更があり17:00〜 
  • ライブ動画:

全体的に、速見コーチの意見や見解がまとまっていないようで、記者からも押される場面が目立つような会見でした。

内容を要約するとこんな感じ。

冒頭

速見コーチ
「宮川選手に対する度重なる暴力行為によって、本人はもちろん周りの選手、コーチに不快な思い、恐怖を与えたことを深くお詫び申し上げます。暴力がどういう理由であれ、許されないといま深く実感しています。どんな小さな暴力であれ、一切行わないことを誓います」 

と謝罪をした上で、 お尻を蹴るなどの暴力行為があったことを認めました 。その上で、「真摯(しんし)に受け止め、妥当な処分だと考えている」と、処分を受け入れる意向を改めて示しました。(サンデースポーツ

  • 引き抜きについて:朝日生命体操クラブから宮川選手が引き抜かれるような場面は過去3回あった。(1度目は、宮川が中学3年生の秋~冬ごろ。2度目は17年にカナダ・モントリオールでのこと。3度目は今年7月11日から行われた強化合宿中の15日に、宮川が塚原女子強化本部長と塚原副会長に部屋に呼び出された際。)
  •  自らの処分と宮川が主張した朝日生命からの引き抜きとの因果関係について:「100%そうだとは思っていませんが、そういう可能性も0ではないのかなと少し思いました」

と、今回、コーチを外された裏に引き抜きがあったのでは? という思いがあることを認めています。(日刊スポーツ

  • 宮川に対しては
速見コーチ
「選手が勇気を持った会見をして、18歳の彼女にとって大きな負担だった。1日でも早く、練習に行きたいという環境を作ってあげたい、次のステップに向けて、出発できる環境を作ってあげたい」 
  • 宮川選手が指導再開を希望していることに
速見コーチ
「いつになるかわからないが、再出発ができる状況をがんばって作っていきたい」 

おすすめネットでは、速見佑斗コーチが宮川紗江選手へ平手打ちする様子が納められた映像が話題になっています。以下の記事で書いています

速見元コーチ 平手打ち映像の動画がヤバい!宮川選手が流血騒ぎに会見では見せない猫かぶり?

2018.09.06

スポンサードリンク




詳しい経歴や結婚に関する情報はコチラ。

速見佑斗コーチ経歴,家族や結婚した嫁いる?体操 宮川紗江選手へ暴力の原因や内容がヒドすぎる!

2018.08.16
また、宮川選手と速見コーチの関係について、恋愛関係や依存の関係にあるのでは?とも

宮川紗江(体操)は速見コーチに洗脳?Facebook写真は恋愛関係?結婚してない?

2018.09.05

宮川選手VS塚原夫妻【体操パワハラ問題の真相】時系列まとめ!引き抜き余罪あり

2018.09.04

塚原千恵子 若い頃の体操画像が衝撃!昔もパワハラ評判悪く…ボイコット事件が怖い。

2018.09.04

速見佑斗コーチ記者会見 全文内容

全文 文字起こしはこちらからご覧いただけますPAGE公式サイトからご覧いただけます。

>>速見コーチの会見 全文文字起こし

8月15日、宮川選手に対する暴力行為で無期限の登録抹消という処分されたと速見コーチ。問題発覚後に初めて公の場に出て謝罪。今回の騒動について、改めて謝罪をすると共に、今回の騒動を自らの口で説明する予定とのこと。

宮川紗江選手とは、恋愛関係や共依存の関係にあるのではないかとネットでは散々に言われていますが、個人的には、速見コーチから暴力行為の事実があったのか、どうか。そして、塚原夫妻から圧力のようなものがあったのかどうかについて知りたいと思っています。

協会側と宮川選手のパワハラに対する主張の違い

画像はクリックで拡大できます・(出典:スポーツ報知

スポンサードリンク




宮川紗江選手の会見動画と内容(全文 文字起こしリンクあり)

なお、宮川選手ですが、速見コーチから暴力行為の事実があったことは認めた上で、改めて師事する意向を示しています。また、会見で告発した体操協会によるパワハラ内容ですが、

  • 速見コーチに処分が下される前の7月15日、宮川選手は塚原夫妻から味の素ナショナルトレーニングセンターの小部屋に呼び出される「“暴力の話が出ている。あのコーチはダメ。だからあなたは伸びない。私なら速見の100倍教えられる”」などと詰め寄られ、暴力があったと証言するよう求められたといいます。彼女がそれを拒否して“これからも家族とともに先生を信頼してやっていきます”と言うと、“家族でどうかしている。宗教みたいだ”となじられたようです。
  •  このことから、宮川選手は、「私とコーチを引き離そうとしている」「速見コーチの過去の暴力を理由に、速見コーチを排除して朝日生命に入れる目的なんだと確信に変わりました。」と、話しているように、いわゆる”引き抜き”があったのではないかとされています。

>>会見内容の全文文字起こし

スポンサードリンク




スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 「オリンピックにでられない」とか?「此処には残れない」とか?どのスポーツ分野にでも問われると思いました。有能で有れば在るほど「試し」があってあたり前!なぜなら?!それもこれも乗り越えてこそ「真のアスリート」と呼べるからで御座います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください