平野歩夢が怪我内臓破裂(動画)乗越え,平昌五輪辞退の窮地どころか神業成功(動画)

日本人史上最年少のメダル獲得を果たした平野歩夢選手(ジャニーズJrの平野紫耀さんとの関係が騒がれていますが、兄弟でも従兄弟でも親戚でもありません。)が、28日アメリカコロラド州で行われた「冬季Xゲーム」、スノーボードの男子スーパーパイプで「フロントサイドダブルコーク1440」を決め続けて4回転の「キャブダブルコーク1440」に成功。史上初の連続4回転という神業を成功し、会場は大興奮に包まれた。平野歩夢選手といえば、2017年3月4日に、左膝の内側側副じん帯損傷、腹部強打により肝臓損傷(内臓破裂はデマ情報です)していたが、5ヶ月間のリハビリを終え、同年12月9日に行われたW杯では、「キャブダブルコーク1440」を決め、金メダルを獲得。2016-17シーズンのSAJ(全日本スキー連盟)強化指定選手を辞退していた平野歩夢選手ですが、平昌五輪辞退の窮地どころか、平昌五輪での金メダルが本格的に見え始めた。

スポンサーリンク



平野歩夢、歴史的快挙!史上初の連続4回転という神業を成功

4年前のソチ五輪で日本人史上最年少の15歳74日で銀メダルを獲得したとして、有名な平野歩夢選手。平昌五輪辞退の窮地どころか、平昌五輪での金メダルが本格的に見え始めた。

28日アメリカコロラド州で行われた「冬季Xゲーム」、スノーボードの男子スーパーパイプで「フロントサイドダブルコーク1440」を決め続けて4回転の「キャブダブルコーク1440」に成功。史上初の連続4回転という神業を成功し、会場は大興奮に包まれました。その時の動画は、公式Youtubeチャンネルでアップされていますので、よかったらどうぞ、ご覧ください。

いやあ・・・・ため息が出るほど、かっこいいですね。

平野歩夢選手ですが、みなさん、ご存知のように2017年3月4日に、左膝の内側側副じん帯損傷、腹部強打により肝臓損傷の怪我をしました。その怪我のせいか、平昌五輪の出場を辞退するとか、しないとか、言われているので、気になって調べてみました。

まあ・・・結論から言うと、怪我からは復帰していて、現在のところ出場辞退の話はありません。しかし、昨年の怪我とリハビリの様子が収められた動画があるので、そちらを見ながら、今日の活躍、そして成長を噛み締めたいと思います。

平野歩夢のプロフィール

平野 歩夢(ひらの あゆむ)選手は、1998年11月29日、新潟県村上市出身の19歳。

(公式インスタグラムより)

スケートパークを運営する父・平野英功のもとに生まれ、4歳の時にボードを始めます。

4年前のソチ五輪で日本人史上最年少の15歳74日で銀メダルを獲得したとして、有名。この時の記録は、最年少のオリンピックメダリストとしてギネス認定されているそうです。

ジャニーズJrの平野紫耀さんとの関係と実の兄・平野英樹さん

村上市立村上第一中学校卒業し、開志国際高等学校アスリートコースを経て、日本大学スポーツ科学部に入学。ジャニーズJrの平野紫耀さんとの関係が騒がれていますが、兄弟でも従兄弟でも親戚でもありません。ちなみに実の兄は、同じくスノーボード選手の平野英樹(ひらの えいじゅ)さん。

平野英樹さんは、1995年7月23日生まれの22歳。国内外のパイプシーンをメインに活動し、2011シーズンは初出場のUS OPENで7位に入るなど弟に負けず活躍中。(出典・参考元:ソチオリンピック銀メダリスト!!平野歩夢の現在

平野歩夢選手といえば、2017年3月5日に、左膝の内側側副じん帯損傷、腹部強打により肝臓損傷したとして、5ヶ月間のリハビリに入っていました。

平野歩夢の怪我を動画で見る

2017年3月4日、アメリカ・コロラド州で行われた「BURTON US OPEN」にて。
平野歩夢選手は、2本目で負傷してしまい3本目は棄権し、7位に終わる悔しい試合でした。

その時の動画が、こちらです。

スポンサーリンク



平野歩夢の怪我|内臓破裂はデマ情報だが・・・

この魔の試合によって、検査の結果、左膝の内側側副じん帯損傷、腹部強打により肝臓損傷と判明。
3週間後、地元の新潟で懸命のリハビリ。

(出典元:Youtube

(出典元:Youtube

平野歩夢の怪我|5ヶ月間のリハビリと復帰後現在の活躍

(出典元:Youtube

リハビリを終えた、17年8月6日。そこには、復帰した平野歩夢選手の姿がありました。そして、同年10月には、ニュージーランドでの合宿に参加し、「ケガをする前の自分に戻れて、今はそれ以上のものを練習でやっている。そういう状態になれてよかった」と振り返るほどの回復ぶり。(参考元:平野歩夢“金メダル技”の構想披露 ケガから復帰「イメージはできている」
平昌五輪の金メダルも視野に、同年12月9日に行われたW杯では、「キャブダブルコーク1440」を決め、金メダルを獲得します。

平野歩夢は、平昌五輪を辞退するのか|強化指定選手を辞退の過去と理由

この頃から、平野歩夢選手には、平昌五輪では、キャブダブルコーク1440とダブルコーク1440の連続技を挑む計画があったようですが、今回の試合で、それを見事にやってのけ、いよいよ平昌五輪へ弾みをつけました。ただ、「平昌五輪を辞退」するという噂もあります。私も気になって調べたのですが、公式な情報ではありません。もしかして、怪我の具合を懸念して、そういうことがあるかもしれないと検索する人が少なからずいたのだろうと思います。

ただ、過去には、2016-17シーズンのSAJ(全日本スキー連盟)強化指定選手を辞退したこともありました。理由は、プロ活動を優先するためと言われていて、自らその決断をしました。しかし、そのことを知らない人たちの間では、どうも平野歩夢選手は、大麻使用で逮捕され、それが指定選手を辞退したことにつながったのでは?という憶測も広がってしまいます。

平野歩夢と逮捕歴の真相|大麻使用は別人だけど・・・

逮捕されたのは、SAJ(全日本スキー連盟)強化指定選手だった未成年のスノーボード「スロープスタイル」男子選手2名。SAJによれば、実名は明かされていないものの、その選手らは、2015年12月遠征中に大麻を使用した疑いが持たれています。SAJは、2人に対し「無期限の会員登録停止と競技者登録の停止」「SAJの強化指定の取り消し」「日本オリンピック委員会(JOC)の強化指定の解除」の処分を科すと発表。なお、選手2人の氏名は未成年のため公表されていません。

事件当初は、情報が錯綜したのでしょう。平野歩夢選手は、ハーフパイプ部門ということで、疑いは晴れました。

(参考元:未成年のスノーボード選手2人、大麻使用の疑いで無期限登録停止に【UPDATE】

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です