12月3日(月)「深イイ話2時間SP」に、女性ファッションブランドとHIROKO KOSHINO(ヒロココシノ)立ち上げのコシノヒロコさんがご登場。

コシノヒロコさんが、結婚した夫 (旦那)元写真家・村上煕さん。子供は、娘がいらっしゃいます。また「コシノ三姉妹(長女・コシノヒロココ、次女・ シノジュンコ、三女・コシノミチコ)」が有名ですね!

現在の活動は?自宅は芦屋市で超豪邸?プライベートに迫ります!

スポンサーリンク




コシノヒロコ&「コシノ三姉妹(長女・次女・三女)」

日本を代表する女性ファッションブランドとして、世界中で高い評価を得ているHIROKO KOSHINO(ヒロココシノ)。

いうまでもなくこのブランドを立ち上げたのがコシノヒロコさんで、ファッションに興味がない人でも知らない人はいないことでしょう。

コシノヒロコさんは、どのようにしてファッション界の女帝としての地位を築きあげてきたのでしょうか。

コシノヒロコさん プロフィール

名前  :コシノ ヒロコ(本名:小篠 弘子)
生年月日:1937年1月15日
出身地 :大阪府岸和田市
星座  :やぎ座
血液型 :A型
趣味  :長唄、書画、ゴルフ、スキー

コシノヒロコさんはファッションデザイナーでありながら、関西大学、神戸芸術工科大学、神戸松蔭女子学院大学の客員教授も務めています。

コシノヒロコさんのお母さんも、同じくファッションデザイナーの小篠綾子さんで、妹のコシノジュンコ(小篠順子)さん、コシノミチコ(小篠美智子)さんとともに「コシノ三姉妹」として知られています。


娘(次女)さんの小篠ゆまさんもファッションデザイナーといいますから、小篠家はまさにデザイナー 一族といえますね。ちなみに、ヒロコさんの長女の小篠由佳さんはデザイナーではありませんが、株式会社ヒロココシノの代表取締役社長です。

また、お父さんの小篠武一さんは、紳士服のテーラーで、こちらもファッション関係のお仕事なんですね。

スポンサーリンク




コシノヒロコさん 略歴

3歳の頃から、祖父の影響で歌舞伎、文楽などの文化に親しんできたヒロコさん。幼いころは絵を描くことにも興味があり将来の夢は絵描きさんだったそうです。

そんなヒロコさんがデザイナーへの道を選んだのは、高校生の時、美大進学を母親に反対され、裁縫ではなくファッションを描くことならできると上京したことがきっかけでした。

上京後は文化服飾学院に通いながら、デザインの腕を磨き、在学中に「日本デザイナー協会デザインコンクール」で第1位も受賞しています。

1978年には、ローマ、アルタ・モーダに日本人として初めて参加したヒロコさん。1982年にヒロココシノインターナショナル(株)、1988年には株式会社ヒロココシノデザインオフィスを設立し現在はコシノインターナショナル(株)取締役会長に就任されています。

コシノヒロコの結婚&離婚歴|旦那(夫)子供(娘/息子)画像と名前は?

コシノヒロコさんは、実はバツイチ。初婚は学生時代、東京に下宿していた時に仲良くなった学習院大学卒業の松島久三郎さんという方。離婚理由はわかっていませんが、二人の間には、娘が2人。

長女の小篠由佳さんは株式会社コシノヒロコの代表取締役社長として、家族経営。次女の小篠ゆまさんは母コシノヒロコさんと同じファッションデザイナーとして活躍されているようです。

©12月3日(月)「深イイ話2時間SP」

現在の夫は、手打ち蕎麦屋「むら玄」(〒659-0004 兵庫県芦屋市奥池南町1−23)という蕎麦店を開業・経営する元写真家・村上煕さん。

コシノヒロコの作品

2009年3月のパリコレに参加した際には、ショー会場にヒロコさんが描きたいものや書画作品などをディスプレイされています。

2011年には、パリのプレタポルテコレクションから撤退しますが、アート作品も展示する「Hiroko Koshino Creations 2011」をパリで開催し、翌年には、画家として、初の絵画個展をパリのギャラリーで開催しました。

2012年には銀座の旗艦店「ヒロココシノ銀座店」に「KHギャラリー」を併設し、翌2013年には兵庫にも「KHギャラリー芦屋」をオープン。自身の作品を展示しています。

そのほかにも多数展覧会に出品するなどアーティストとしても名高いですね。

スポンサーリンク




現在のコシノヒロコさんは?自宅は豪邸?

生育環境から、ファッションデザイナーになるべくしてなったコシノヒロコさん。

スポーツ業界とも関係が深く、プロ野球監督の星野仙一さんとの親交でも知られ、大阪後援会では副会長(婦人部部長)を務めているほどです。

また、1997年には大阪近鉄バファローズの、2007年には阪神タイガースの交流戦用ユニフォームもデザインし、2010年ロンドンオリンピックでは体操日本代表選手のユニフォームをデザインしたこともありました。

©公式サイト

そんなヒロコさんは、芦屋の豪邸8LLDDKK(安藤忠雄さん建築)に住み、現在81歳。

2018年神戸ファッション美術館の名誉館長にも就任しパワフルに活躍中です。

まとめ

変化が激しいファッション界で、常に快進撃を続けてきたコシノヒロコさん。実は値段を抑えた新ブランドとして「しまむら」でも購入できるものがあるといいます。服だけでなく、バッグや小物なども充実し、年齢を問わず大好評のようです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください