石崎芳行 東京電力元副社長に文春砲!経歴逆手の女性問題、お相手の運動家が特定?

東京電力ホールディングスの元副社長・石崎芳行(いしざき・よしゆき)氏に文春砲。明日4月5日発売の「週刊文春」によれば、石崎芳行氏が、3月28日に東電に辞表を出し、同月31日付で退職した理由について、その影に女性問題(「日本復興の光大賞」を受賞した団体の代表、福島県内に住む被災者A子さんが特定?)があると、本人が懺悔し、告白したとのこと。2人は、 15年7月、東電の復興本社があったJヴィレッジで出会い、男女の仲に。しかし、関係がこじれ、5000万円の損害賠償を要求されており、現在は弁護をつけて闘う意向を示しているという。

 

石崎芳行氏の東京電力元副社長に文春砲!

3・11の大震災から早7年を迎えた先月。

東京電力ホールディングスの元副社長・石崎芳行(いしざき・よしゆき)氏が、同月31日付で退職していた。理由は、ある女性とのトラブル。

「週刊文春」によれば、福島県内に住む被災者A子さんと、15年7月、東電の復興本社があったJヴィレッジで出会い、翌16年4月に男女の仲になったものの、昨年11月頃から2人の関係は悪化。A子さんが石崎芳行氏に対し、〈口止め料、精神的慰謝料5000万で手を打ちましょう〉〈子孫の代まで汚名を背負わせる〉といった内容のメールを送る事態になっているとのこと。石崎芳行氏は、現在、弁護をつけて闘う意向を示しているという。(参考元:文春オンライン)◆くわしい内容は、こちらの記事で書いています。

石崎芳行 東京電力元副社長の文春砲<内容全文の感想・意見>興味本意で読んだけど…

2018.04.04
◆4月5日発売「週刊新潮」にて、ビートたけし独立問題に関する記事が掲載。たけし軍団声明文に、森社長の反論とは?

たけし軍団 声明文全文に森社長が「週刊新潮」で反論5時間、内容への感想と意見。

2018.04.05
◆伊調馨選手への栄和人監督のパワハラ問題を記す「告発状」が、貞友義典弁護士を通じ、A氏(=田南部力コーチ)とB氏(=元レスリング五輪日本代表の安達巧(あだち たくみ)氏より提出された問題で、日本レスリング協会は6日、栄和人(57)が選手強化本部長の職を辞任すると発表。

栄和人監督 辞任へ。パワハラ強化本部長の汚名晴らせず。教え子へ「和」を尊ぶ組織づくりが仇に。

2018.04.06

石崎芳行氏のプロフィールと経歴

 

石崎芳行氏は、1953年8月8日、東京都出身。元「東京電力ホールディングス」副社長、元「福島復興本社」代表。1977年3月、慶應義塾大学法学部卒業後、同年4月東京電力に入社。広報部長、福島第二原発所長、執行役員原子力・立地本部副本部長兼立地地域部長、常務執行役、代表執行役副社長、福島復興本社代表などを務めた。趣味は合気道で、2013年1月、福島復興本社代表就任後は、同本社のある広野町のJヴィレッジに近い広野火力発電所の単身寮に暮らしていたが、福島担当特別顧問に就任し、復興本社に駐在していた。(参考元:ウィキペディア)

スポンサーリンク



石崎芳行氏のお相手A子さんが特定?

さらに、週刊文春によれば、石崎芳行氏のお相手の女性とは、下記の条件に当てはまる人物である。

石崎氏のお相手は50代の独身女性A子さん。彼女は福島や東京を拠点に、被災地支援の活動を精力的に行う運動家でもある。A子さんが主宰する団体の活動はマスコミに度々取り上げられ、震災復興に尽力したとして、「日本復興の光大賞」を受賞したこともある。(引用元:文春オンライン)

年齢:50代の独身女性
職業:被災地支援の活動を精力的に行う運動家
団体:主宰する震災復興を主な活動とする団体は、その活動をマスコミに度々取り上げられ、「日本復興の光大賞」を受賞したこともある。

この条件で調べてみると、2015年「日本復興の光大賞」に、南相馬市の「ベテランママの会」が輝いていることが判明。「ベテランママの会」は南相馬市立総合病院の坪倉正治医師らの協力を受け、住民に放射能についての正しい知識を伝える勉強会を80回開催。放射線の影響を紹介する小冊子を英語版も含めて計4万部発行するなど、精力的な活動は、マスコミにも取り上げられている。(参考元:福島民報)また、ここで掲載は控えたいが、ご本人のFacebookには、週刊文春が報じた内容と一致する写真も見受けられる。

「生涯をかけて福島のためにしっかり力を尽くす。福島への責任を果たすために東電は生かされている。これからもよろしくお願いします」(引用元:朝日新聞)昨年6月、こうマスコミの取材に答えていた石崎芳行氏の姿はない。

福井照のスキャンダル【続編】有馬温泉の豪遊写真だけじゃない!失言を後継、マスコミ弾圧文書って何?

2018.03.07

◆4月5日発売「週刊新潮」にて、ビートたけし独立問題に関する記事が掲載。たけし軍団声明文に、森社長の反論とは?

たけし軍団 声明文全文に森社長が「週刊新潮」で反論5時間、内容への感想と意見。

2018.04.05

スポンサーリンク



個人的には、この女性問題の記事、とても遺憾でなりません。
7年の歳月をかけてもなお、放射能汚染の痕跡は県民の心に残り続けています。
そんな最中に、本来復興に尽力すべき人間が、女性にうつつを抜かして、それが裁判沙汰になるなんて。と思われても仕方ないのではないでしょうか。二人の間に何があったのか、知りませんが、個人間の問題の他に何か公にしたい正当な理由があるのでしょうか。どうか、穏便にことが終わり、本来力を注ぐべきところに注いでほしいと個人的には、思います。くわしい内容は、こちらの記事で書いています。

石崎芳行 東京電力元副社長の文春砲<内容全文の感想・意見>興味本意で読んだけど…

2018.04.04

◆4月5日発売「週刊新潮」にて、ビートたけし独立問題に関する記事が掲載。たけし軍団声明文に、森社長の反論とは?

たけし軍団 声明文全文に森社長が「週刊新潮」で反論5時間、内容への感想と意見。

2018.04.05
◆伊調馨選手への栄和人監督のパワハラ問題を記す「告発状」が、貞友義典弁護士を通じ、A氏(=田南部力コーチ)とB氏(=元レスリング五輪日本代表の安達巧(あだち たくみ)氏より提出された問題で、日本レスリング協会は6日、栄和人(57)が選手強化本部長の職を辞任すると発表。

栄和人監督 辞任へ。パワハラ強化本部長の汚名晴らせず。教え子へ「和」を尊ぶ組織づくりが仇に。

2018.04.06

 

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です