板尾創路の子供(娘)の突然死、死因は障害ではなく乳幼児突然死症候群

SPONSORED LINK



映画『火花』の監督を務める板尾創路(54)は、11月上旬のある夜、グラビアアイドル豊田瀬里奈(とよだせりな・27)と不倫したことを週刊誌フラッシュでスッパ抜かれました。
1994年、当時中学3年生の女子にわいせつな行為をしたとして、青少年健全育成条例違反容疑で逮捕されている板尾創路さん。「おおむね報道の通り」と不倫を認めています。世間からは、「娘がなくなったのに、不謹慎」「嫁がかわいそう」といった声が聞かれています。板尾創路さんは、98年に8歳年下の一般女性と結婚、08年9月に待望の第1子、長女・英美(えみ)ちゃんが誕生したが、09年8月、1歳11カ月で急逝(板尾夫妻は12年6月、人工授精で次女を授かっている。)死因は、障害ではなく乳幼児突然死症候群と言う病気によるものです。

スポンサーリンク



グラビアアイドル豊田瀬里奈(27)と不倫したことを週刊誌フラッシュでスッパ抜かれる!

豊田瀬里奈さんのプロフィール

・誕生日:1990年10月9日

・出身地:愛知県

・身長:160センチ

・2015年に第10回ミスFLASH2016グランプリ受賞

11月上旬のある夜、庶民的なイタリアンレストランに、板尾創路(54)の姿はあった。この日、板尾は自身が監督を務める映画『火花』のプロモーションを終え、渋谷にやってきたのだ。

 板尾の向かいの席に座っているのは、巨乳を武器に活動するグラビアアイドル豊田瀬里奈(27)。2人は閉店時間の午後11時まで楽しく食事を続け、カラオケ店へ。1時間後に店を後にすると、向かった先はラブホテル。ホテルから出てきたのは深夜3時半で、じつに3時間以上の「ご休憩」だった。

 板尾が所属する吉本興業に問い合わせたが、期日までに回答はなかった。豊田は「(ホテルでは)映画を観ていただけで、男女の関係は一切ありません」との回答を寄せた。


(引用:フラッシュ

1994年、当時中学3年生の女子にわいせつな行為をしたとして、青少年健全育成条例違反容疑で逮捕されている板尾創路さん。「おおむね報道の通り」と不倫を認めています。世間からは、「娘がなくなったのに、不謹慎」「嫁がかわいそう」といった声が聞かれています。

スポンサーリンク



板尾創路の子供(娘)の突然死、死因は障害ではなく乳幼児突然死症候群

そう、実は、板尾創路さんには、娘が2人もいたのですね。
しかし、結婚約10年目で授かった最愛の娘、長女の英美ちゃんは、2歳の誕生日を目前にして突然死。1歳11カ月の命でした。関係者によると、英美ちゃんは、風邪のような症状で体調を崩しており、り救急搬送されたその日に、死亡。障害を持っていたのではなく、乳幼児突然死症候群と言う病気によるものです。

 昨年2月に発売した「板尾日記3」(リトルモア刊)は、愛娘とのショットを表紙の写真に使用。誕生後もお宮参りなどを記し、「ピッピ」と呼んでいると明かし可愛がっていたようです。

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です