伊藤樹(24時間テレビ2018)夢がスゴい!学校や車椅子の原因,病名は?出川哲朗とカナダへ!アイスホッケーが夢

夏休みもいよいよ終盤を迎えようとしています。
平成最後の夏休み、みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。

「24時間テレビ41〜人生を変えてくれた人〜」が、
【放送日程】8月25日(土)・26日(日)に
放送されますね。

タイムテーブル25日18:50ごろからは、
事故で下半身不随となった伊藤樹(いとういつき)くん(12歳)が、
はじめてのおつかいということで、出川哲朗とカナダへ飛びます。

プロフィール(出身、小学校)について調べてみると、
アイスホッケーをやっているという情報も!

事故の原因や病名についても調べました。

伊藤樹(いとういつき)くんWIKIプロフィール・学校

 

(写真左:公式サイト

伊藤樹(いとういつき)くんは、学校については、正確には、わかりませんでしたが、大阪府東大阪市にお住いの小学6年生です。

現在、パラリンンピックアイスホッケーチーム「長野サンダーバーズ」所属の最年少選手です。このチームには7人の日本代表選手が所属。

関西には、チームがなく、大阪から長野まで行って練習に参加しているようです。車イスでの長距離移動は決して楽ではないでしょうが、4年後の北京パラリンピックに出ることを目標にしています。

こちらは、長野ー東京戦のダイジェスト動画
だというのですが、

パラリンピックのアイスホッケー、正直に申し上げて、
これまで、観たことも、聞いたこともありませんでした。

椅子の下にスケートの刃が2枚ついており、その上のスレッジ(そり)に乗り、
ピックが付いたスティックでこぎ進めて直径7.62センチのパックを追う競技。
反対の先端部にあるブレードでパックを操ってシュートをします。

観ている方は楽しいですが、「氷上の格闘技」と呼ばれるほどの激しいコンタクトもありようです。

かなりスピードも出ていますので、やっている方は恐怖感のようなものもあるんじゃないかなと思ってしまいます。

伊藤樹くん事故の原因,病名は?アイスホッケーが夢

もともと、5歳の時に、アイスホッケーを始め
「風を感じるのが楽しい」と夢中になり、大阪のジュニアアイスホッケークラブに入ります。低学年チームの副キャプテンも務めるほど、だったのですが、事故は或る日突然に襲います。

8歳のある日、練習に向かっているときに交通事故に巻き込まれ、脊髄(せきずい)を損傷。下半身麻痺になってしまいました。「リンクに行くのはもう無理」だと諦めていた時に、出会ったのがアイスホッケーでした。

そんな伊藤樹くんですが、将来の夢は、
「いつかは僕もパラリンピックの舞台に立ってみたい」と、
パラリンピックアイスホッケーの選手になることです。

日本パラアイスホッケー協会は、長野県岡谷市にあり、
日本は、バンクーバーオリンピックで銀メダルに輝いています。
今年は、最下位と少し悔しい思いもしてしまいましたが、
これから伊藤樹くんのような若い選手が次々と活躍されることは嬉しいですね。

日本からは香取慎吾さんや
韓国からもチャン・グンソクさんが応援に駆けつけ大会を盛り上げていました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください