日本レコード大賞2017も買収?!歴代 出演者の結果をみれば一目瞭然

SPONSORED LINK



『第59回日本レコード大賞』(主催:日本作曲家協会)の各賞が16日に決定し、いよいよ12月30日に優秀作品賞10曲の中から大賞が、新人賞4組の中から最優秀新人賞が結果発表。司会は、昨年と同様、安住紳一郎 (TBSアナウンサー)  と天海祐希が務める。通称:レコ大は「週刊文春」が”買収”疑惑について報じたばかり。内容によれば、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEが所属する芸能事務所LDH(Love,Dream,Happiness)が、レコ大の選考に強い影響力を持つとされる芸能事務所バーニングプロダクションに1億円の買収をかけていた。そのバーニング”一押し”とされる西野カナが大賞に輝いた昨年。今年の大賞も西野カナで2連勝Vなるか。それとも、ミリオンヒットを記録した乃木坂46『インフルエンサー』か、その対抗馬にはパフォーマンスの面で優勢な三浦大知がひしめく。大賞は誰の手に?

スポンサーリンク



「日本レコード大賞」の買収疑惑について「バーニングを買収した三代目とバーニング押しの西野カナ」

レコード大賞といえば、売れた枚数によって大賞が決定すると思う方が多いのでは?
しかし実際には、審査員が独自の目線で選考を行っていくことになるのだとか。

その基準については、

◆レコード大賞の審査基準

作曲、作詩、編曲を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な作品とする。
優れた歌唱によって活かされた作品で大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品に贈る。審査対象は「優秀作品賞」に選ばれた作品とする。

(引用元:日本レコード大賞審査基準

と、公式と規定されている。

◆「週刊文春」砲「三代目がバーニングプロダクションに1億円」証拠画像
さて、その件について昨年10月発売の「週刊文春」が報じた内容によれば、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEが所属する芸能事務所LDH(Love,Dream,Happiness)が、レコ大の選考に強い影響力を持つとされる芸能事務所バーニングプロダクションに1億円を支払っていたという。これはつまり”買収”を意味している。

◆実際に、「日本レコード大賞の歴代大賞受賞曲」を見てみると、

2008年 Ti Amo EXILE
2009年 Someday EXILE
2010年 I Wish For You EXILE
2011年 フライングゲット AKB48
2012年 真夏のSounds good! AKB48
2013年 EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~EXILE
2014年 R.Y.U.S.E.I. 三代目 J Soul Brothers
2015年 Unfair World 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
2016年 あなたの好きなところ 西野カナ

(出典・引用元:まとめNEVER

とまあ、ご覧の通り例年奇跡的(?)に三代目が大賞に輝き続けている。

これは、ほぼ黒と言っていいだろう。

◆西野カナが大賞に輝いたのは、
ちなみに、昨年『第58回日本レコード大賞(2016)』の大賞は西野カナ(「あなたの好きなところ」)だ。しかし、この結果に疑問を抱くテレビ局関係者は多い。

あるスポーツ記者によると、

バーニングプロダクション代表取締役社長とバーニング広報のK氏が西野とソニー・ミュージックの担当者をかわいがっていて、『今年は西野に獲らせる』と話をしていたという噂がかなり前から流れていた

と言う話もあるようだ。
(参考元:1億円買収発覚でも「レコ大」は予定通りバーニング押しの西野カナ! 審査員とTBSは自浄能力なさすぎだ

むしろ、西野カナは被害者という記事もある。
ゆえに、業界の間では今年の大賞も西野カナで2連勝Vなるかと憶測されているのだ。

スポンサーリンク



バーニングプロダクション代表取締役周防郁雄社長のプロフィールとエピソード

◆ちなみに、バーニングプロダクション代表取締役社長とは
周防郁雄(すほう いくお)であり、別名芸能界のドン(黒幕)とも言われる。

氏名:周防 郁雄(すほう いくお)
生年月日:1941年1月11日(73歳)
出身:千葉県市原市
出身校:市川学園市川高等学校
職業:実業家(株式会社バーニングプロダクション代表取締役社長・株式会社福家書店代表取締役社長・株式会社バンクス代表取締役・株式会社オフィスプロペラ取締役・株式会社ファーンウッド取締役)
配偶者:進 美恵子(元妻)
子供:周防彰悟(長男)・周防亮(美恵子の連れ子)

(引用元:https://ameblo.jp/kotasha-n/entry-11769535816.html)

【所属タレント】
稲森いずみ 犬飼貴丈 内田有紀 加藤雅也
小泉今日子 小柳ゆき 郷ひろみ 島谷ひとみ
関りおん 長山洋子 藤あや子 丸山敦史
三浦翔平 WaT(ウエンツ瑛士 小池徹平)
【かつて所属していたタレント】
本郷直樹 古手川祐子 小嶺麗奈 高田みづえ
松雪泰子 水野美紀 南沙織(引退) 渡辺美奈代
しのづかまゆみ 石野真子 井澤健 松方弘樹
(引用元:【周防郁雄】バーニング帝国の秘密!

周防郁雄氏が騒動後、初めてメディア「週刊現代」のインタビューに応じた内容によれば、

◆マスコミを牛耳る
・批判記事を書いた媒体には、系列のタレントが出演してる企業のCMや広告を取り下げるとオドし、徹底的に叩く。一方、自分たちを持ち上げる記事書く雑誌は優遇し、豪快な接待でもてなすというアメとムチを用いて、マスコミを懐柔。例えば、『女性セブン』編集部に藤原紀香がもっとも信頼する占い風水師に、陣内智則のDVを告白させ離婚の原因はDVにあるという記事を書かせるなど。

◆タレントを牛耳る
・芸能プロダクションのビジネスモデルが崩壊しないように、テレビ局などに圧力をかけ独立するタレントを人為的に干させることで、見せしめにし、以後独立しないようにする。例えば、01年に脱税事件で摘発された事務所から独立しようとして干された歌手・鈴木亜美。79年に当時の芸能界で支配的な地位を誇っていた渡辺プロダクションから独立して干された歌手・森進一のケースなどがある。(参考元:鈴木亜美、北野誠…なぜ芸能人は突然“干される”のか?芸能界を歪める芸能プロの“政治”

これほど、強い権力があれば「レコード大賞」欲しさに、タレントが食いつく理由もわかる。

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

2 件のコメント

  • 今年のレコ大大賞も大変申し訳ないけど、演歌勢には全て負けてもらい、悲願の初受賞狙う乃木坂vs5年ぶり史上2番目に多い3度目の浜崎あゆみに並ぶタイ記録を狙うAKBの同一門対決や2連覇を狙う西野カナちゃんの受賞を是非見たいし、大賞決定瞬間が今までにない大量の紙吹雪やテープ、会場が割れんばかりの大歓声といった狂喜乱舞の歴史に残るシーンになれば、権威がより活性化して来るし、視聴率もぐんとアップすると思っています♪

    • コメントが秀逸すぎて笑いました。笑
      (何か、文章を書かれている方でしょうか。)

      同じ時間帯テレビ欄は、アメトーク5時間SPと浅田真央✖️宮里藍が名を連ねております故、接戦を強いられております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です