ジョジョ 5部 6話 ネタバレと感想|ブチャラティーが快勝

テレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 」第5部ー6話の内容を視聴した感想を書いています。ネタバレを大いに含みますので注意!

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5部」あらすじ/感想(ネタバレ注意)

個性豊かな登場人物に波紋やスタンドを駆使した圧倒的な戦闘シーン!

奇抜な髪型やポーズ!

そして見るものを楽しませる名言や擬音の数々!

ジョジョの奇妙な冒険はジョースター家とディオによる世代を超えた対決の物語。

あらすじ

1部ではジョナサンジョースターとディトとの出会いから始まるそして石仮面の力を手に入れたディオとウィル・Aツェペリから波紋法を学んだジョナサンが対決する

2部では石仮面の秘密が解き明かされる究極生命体である柱の男達とジョナサンの孫であるジョセフジョースターが波紋法を駆使して人類存亡の戦いに挑む

3部では死んだと思われていたディオがジョナサンの体を手に入れて生き伸びていたそしてその因縁の歴史に終止符を打つべくジョセフの孫である空条承太郎がスタンド能力を武器に戦いを挑む

4部では舞台を日本に移しジョセフの隠し子である東方仗助がスタンド能力を発現させることができる石矢を巡る争いに巻き込まれいく物語である

そして最新作の5部黄金の風ではジョースター家の宿敵であるDIOが日本人女性に生ませた子供ジョルノ・ジョバァーナがイタリアの地でギャングの内部抗争に巻き込まれていく物語である

イタリア、ネアポリスに住む青年ジョルノ・ジョバァーナは、ジョースター家の宿敵・DIOの血を継ぐ息子である。
幼少時代に迫害を受けて荒んでいた彼は、一人のギャングの男を救った事をきっかけに、「人を信じる」ことを学ぶ。奇妙なことに、恩義を忘れず、敬意を持って自分に接するギャングが、彼の心をまっすぐにしたのだ。そうして、ジョルノは「ギャング・スター」にあこがれるようになった。

感想

船上で謎のスタンド使いに襲われあっという間にアバッキオとブチャラティの二人だけにアバッキオなら敵スタンド能力を謎を解けるんですね念を押して死地へと赴いたジョルノの為にもアバッキオはスタンド・ムーディーブルースを使って敵を探りますしかし敵の位置はわかれども姿は見えないという状態にアバッキオもブチャラティーも大混乱結果アバッキオもやられてしまいますブラチャラティ一人になってから敵スタンド使いからアプローチがありポルポの財産について聞かれますその間にブチャラティーは考えをまとめ敵のトリックをあばいてスタンド使い本体を引きずり出しましたブチャラティーはあっさりと敵を倒してしまうんですが敵のトリックがよくわかりませんでした船をもう1隻隠していたわからないように船に重なるようにブチャラティはいってましたけど正直意味がわからなかったですね何を言ってるのかわからないだろうが私も何を言ってるのかわからなかった今回前半にアバッキオが警察官からギャングになった理由を紹介してくれてましたがこの辺りの説明をもっとして欲しかったですまあ結局ブチャラティーが快勝してくれたんでスッキリしましたけど
この6話は原作でも人気の高い船上戦ブチャラティの大活躍でジョルノをさしおいて主人公呼ばれるようになり始めたポイントのバトルを描いています今回アバッキオのスタンド登場に合わせる形でアバッキオの過去が語られていますがこちら原作ではもう少し後で語られるエピソードなのですがアニメを見ていてもストーリー的に破綻もなくアバッキオのキャラも原作以上に立つ形となりナイスな改変となっていますあらすじとしてはアバッキオのムーディー・ブルースナランチャの動きをリプレイナランチャが捕まったいきさつを把握できたのは良いもののそのアバッキオまでもが捕まってしまうというピンチに活躍するブチャラティのスティッキー・フィンガーズ原作でも高評価だったまるでミステリーのような連続拉致とその大胆なトリックそれを看破するブチャラティの船は二隻あった最後のやり取りはスタンドの能力に頼るだけでなくカリスマ持ち合わせたブチャラティの魅力が十分に表現されており原作ファンも満足なブチャラティ回でした
前回に続きポルポの遺産の場所まで向かう最中謎のスタンド使いに襲われる話でしたがメンバーの一人アバッキオがキーパーソンのストーリーであり知られざる過去から自身のスタンドによる活躍により謎のスタンドの正体を暴く活躍を見せるなどの充実した内容でしたもっともアバッキオは正義感のある警官でありながらも悪党に賄賂をもらったり同僚を銃殺させてしまったりと憂鬱な感じが表現されておりブチャラティとの出会いは感情深いものがありましたアバッキオの性格は人見知りな性格でありながらも仲間を助けるためにいろいろ考えたり身を制して動くなどドライで無口という性格ではないため今後のブチャラティチームの頭脳や腕としての活躍が見込めそうですまた今回の見どころでもあるアバッキオのスタンドムーディー・ブルース生物の映像を再現するというかなり変わった能力のスタンドであり重力を操ったり物体を切断したりする等戦闘にうってつけのスタンドとは異なるためこの能力を今後どのように活用していくのかが気になるところでもあります
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください