鹿児島:セクハラ警察署副署長(50)名前/画像は?女性記者への発言内容に余罪あり!

鹿児島県内の警察署の副署長が、女性記者に対してわいせつな発言をしていたことで、問題になっていますね。女性も若かったのでしょうかねえ。50歳のセクハラ警察署副署長、名前や画像の身元はわかってる??

スポンサーリンク




鹿児島:セクハラ警察署副署長のセクハラ発言とは?余罪があった!

また、同時にきになるのは、セクハラ発言の内容ですが、正直、ここは、わかっておりません。ただ、記者に対して発言したということは、あまり執拗に取材をされたくないという想いから、つい言葉に出てしまったのではないかなという背景も見えてきますね。

女性の記者は20代ということで、警察署の副署長も若いことをいいことに、わいせつな内容を発言していたという可能性もあります。

実は、別の女性記者に対してもわいせつな発言をしたとこともわかっていて、余罪ありです!

スポンサーリンク




鹿児島:セクハラ警察署副署長(50)名前/画像は?罪状は?

なお、副署長の身元は報道されていません。公職であるということが大きいでしょう。

わいせつ(猥褻)とは、俗に言う「みだら・いやらしい」といった意味合いで使われている言葉。性交渉については、強制性交等罪(旧強姦罪)が規定されていますので、厳密にはわいせつな行為には含まれません。

もし、”わいせつ容疑”で逮捕された場合には、23日間以内に不起訴を獲得しないと前科がつく可能性があるという。というのも、起訴されてしまうと、有罪される確率は99%なんだとか。

今回の事例は、「公然わいせつ罪」が、該当すると思われますが、この場合は「6ヶ月以下の懲役/30万円以下の罰金」を課せられる可能性があります。

気をつけたいものですね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください