甲斐拓也捕手|結婚した嫁と兄の画像は?母知る生い立ち、ドラフト後の苦労人

2018年日本シリーズを制したのはソフトバンクでしたね!優勝チームから選ばれる『日本シリーズMVP』に、ソフトバンク 甲斐拓也捕手が輝きました!

11月3日、敵地マツダスタジアムに舞台を移して行われた日本シリーズ第6戦。ここまで4連続盗塁阻止をしてきた鷹の扇の要は、初回、2回と2イニング連続で盗塁を阻止しました。広島の機動力を完璧に封じ込み、6連続盗塁阻止の日本シリーズ新記録を樹立して最高殊勲賞選手に選ばれました。

ここでは甲斐拓也捕手のプロフィールから日本シリーズの活躍ぶり、そしてプライベートでは、結婚してお嫁さんがいるのか?切磋琢磨した兄弟や母親についてご紹介していきます。

スポンサーリンク




育成選手初!日本シリーズMVP2018|ソフトバンク・甲斐拓也捕手


第5戦目まで4連続盗塁阻止と圧巻の活躍を続けてきた甲斐捕手。
一躍、全国区となった“甲斐キャノン”が、日本一を決めた第6戦でも炸裂していました。

初回2死一塁で広島のリードオフマンの田中がスタート!

甲斐が送球!

ストライクを捕球した西田のタッチは田中の腕へ。。。審判の判定はセーフでしたが、工藤公康監督のリクエストによるリプレー検証で判定が覆りました。これで5連続盗塁阻止で日本シリーズ新記録となりました。


さらに2回2死一、三塁の場面。2ストライクから石原への3球目に一塁走者の安部がスタート。

高めに外れたボール球をキャッチした甲斐は素早いステップで、ストライク送球。悠々と安部を刺し、さらに記録を更新する6連続盗塁阻止となりました。このシリーズで6度企図された盗塁を全て刺し、阻止率10割で頂上決戦を終えました。


最高殊勲選手インタビューに立った甲斐は

「一生懸命、ピッチャーの人が牽制とかをやってくれたからなので、ピッチャーの人に感謝したいと思います。しっかり準備をしてきたので、機動力は使ってくると準備していた結果です。自分1人の力だけでは取れなかった。監督やコーチの力もありますし、投手の力もあってのことなので、感謝したいと思います」

と、喜びを語っていました。

プロフィール・兄弟と母の画像・生い立ち|ソフトバンク・甲斐拓也捕手

野球を始めるきっかけから高校時代~捕手へ転向

甲斐捕手は、小学校1年生の時に3歳年上の兄の影響で野球を始めます。

兄は第89回全国高等学校野球選手権大会に楊志館高校のエースとして出場しており、中学時代は「大分リトルシニア」に所属し、内野手としてプレーし、田中太一(読売ジャイアンツ入団)とともに全国大会にも出場していました。

©野球ときどき芸能カフェさんより

兄と同じ楊志館高に入学後、捕手へ転向。(この時の2年上の先輩マネージャーが『あっこと僕らが生きた夏』のモデルとなった人物)

2年時から正捕手になり、夏の大分予選は明豊高校との準々決勝で今宮健太に完封負けを喫しベスト8に終わってしまいます。高校通算40本塁打のうち3年春から夏にかけて25本量産し、甲子園出場に期待がかかりますが、

3年夏は初戦の別府羽室台高校に1対4で敗戦し、大分県大会1回戦で姿を消します。

高校時代から矢のような送球で、普通に相手チームに走られることはなかったようで、強肩ぶりが群を抜いていたことを監督が話していたみたいです。

結婚した嫁や家族は?|ソフトバンク・甲斐拓也捕手

と、試合では良い結果を残した甲斐捕手ですが、なんと結婚はしていない模様!

努力家だけにぜひ、良いお嫁さんを見つけて、公私共に幸せになってほしいですが・・・

そんな甲斐捕手が、ソフトバンクにドラフト6位指名で入団契約を結んだのは、2010年のこと。

スポンサーリンク




ドラフト|ソフトバンク・甲斐拓也捕手

2010年 ソフトバンク育成ドラフト6位

 

View this post on Instagram

 

私の大好きな大好きな拓ちゃん 誕生日おめでとう💖 私は小学校の頃からホークスが大好きで拓ちゃんが初出場したのがちょうど中学の頃かな 元々バッテリーが好きで捕手の姿に惚れてて細川さんが大好きだった私は甲斐拓也を見て一目惚れ そこから甲斐拓也の沼にハマって 現在も拓ちゃん愛増し増しです あんなに小さい体から甲斐キャノンとかの大きなプレーができるのはほんとに今まで努力してきた証やし ほんとにホークスには書かせない大事な存在です。 今ではみんなの愛されキャラ 同期の千賀さんとはとても仲良く 画像が上がる度ににやけてます/// 甲斐くんのタイプが『しっかりした人』と聞いてからしっかりした人目指して頑張る簡単なやつですが とてもとても拓ちゃんが好きです。 ほんまに人生でここまで大好きになれてよかったと思う日々… また来シーズンも拓ちゃんが刺す姿打つ姿を見に京セラにいきます。 まだ学生だから福岡には飛べないけど キャンプ行きます そして早く大人になって出待ちしてツーショとサインを貰う! 勉強頑張ろうと思います、 もしあったらなんて声かけようとか そういう妄想を現実にできるように頑張ろう もし今年バトスタくるならもえめちゃめちゃ拝みます。 とりあえず拓ちゃん大好きです。 拓ちゃんの選ぶ登場曲ほんといい歌ほんと好きです。 来シーズンまた声掛けて手振ってもらおう。 大好き大好き大好き、 これから今シーズンの疲れを存分に癒してください。 また侍始まったらキャノン楽しみにしてます 応援してます。 これからも一生応援します。 おめでとう💖いい一年になりますように👊 ・ ・ ・ #ソフトバンクホークス #もう1頂 #62 #甲斐拓也 #誕生日 #いいね返し #ホークスファンと繋がりたい #来シーズンも会います #絶対誕プレいつか渡す #拓ちゃんのおかげで人生たのしい #甲斐拓也大好き #拓ちゃん一生応援する #拓ちゃんに会いたい #拓ちゃんの生き方を見習う #拓ちゃんのように努力する

@ __sh199262がシェアした投稿 –

2010年10月28日のプロ野球ドラフト会議にて福岡ソフトバンクホークスから育成6位指名を受け、
12月11日に入団発表を行いました。背番号は130。登録名は「拓也」。

2011年の1年目は三軍のみの出場にとどまり、捕手以外に三塁手としても先発出場していました。

2012年4月27日の対阪神タイガース戦において、2年目にしてウエスタン・リーグ初出場を果たし、二軍公式戦では20試合に出場し、先発マスクは7試合。

支配下登録後の活躍

2013年は三軍で83試合に出場したため、二軍公式戦での出場は4試合にとどまりましたが、11月21日、猪本健太郎とともに支配下選手登録され、背番号は130から62へ変更となりました。

シーズンオフは11月26日から台湾で開催された2013年アジアウインターベースボールリーグにNPB選抜として派遣され、12試合36打数で10安打10四球、打率.278出塁率.447の成績を残しました。


2014年1月30日に山下斐紹(現在は楽天の右肩の調子が思わしくなかったため、宮崎キャンプのA組に抜擢され、休日返上の練習や、紅白戦・練習試合での強肩のアピールなどもあり、開幕を一軍で迎えたが、捕手2人体制という方針により4月2日に出場選手登録を抹消。

6月4日に再昇格すると、6月7日のセ・パ交流戦、対広島東洋カープ戦で9回裏14点リードから捕手としてプロ初出場し、1イニング嘉弥真新也の球を受けたが岩本貴裕にスリーランホームランを打たれるなど守備のみの出場で打席は回ってこず…

6月13日に二軍降格となり、一軍の出場はその1試合にとどまってしまいました。

7月17日に長崎県営野球場で行われたフレッシュオールスターゲームに選出され、8番捕手で先発出場していました。

2016年は宮崎春季キャンプにてA組でスタートしましたが、3年連続の開幕一軍登録は果たせなかたものの、三番手捕手として13試合に出場。二軍においては42試合に出場、キャリアハイの打率.323の成績を残しました。

シーズンオフの12月6日、契約更改交渉を行い、300万円アップの年俸900万円(金額は推定)で更改。

登録名「拓也」から「甲斐拓也」へ、、、そして日本一に貢献!

2017年は登録名を拓也から甲斐拓也に変更。

宮崎春季キャンプでは斐紹、張本、栗原らとともに若手捕手4名がA組スタートとなり、キャンプからオープン戦にかけて開幕一軍出場選手登録を争い、開幕一軍入りを勝ち取り、4月2日に福岡ヤフオク!ドームで行われた対千葉ロッテマリーンズ戦において、一軍公式戦での初めてスタメン出場。

5月2日の対埼玉西武ライオンズ戦(福岡ヤフオク!ドーム)では、プロ初本塁打となる逆転満塁弾を放ちました。
2017年シーズンは主に東浜巨や千賀滉大、石川柊太や松本裕樹などの若手先発投手陣とバッテリーを組み、
自己最高の103試合に出場。東浜の最多勝利や、千賀の最高勝率のタイトル獲得に貢献。


クライマックスシリーズファイナルステージ、日本シリーズにおいても、東浜と千賀の先発登板を担当。10月28日に福岡 ヤフオク!ドームで行われた日本シリーズ第1戦・対横浜DeNAベイスターズ戦において、

千賀自身のポストシーズン初勝利と、日本シリーズ初の育成選手出身投手の開幕戦登板と初勝利を、同じく育成選手として同期入団したバッテリーで飾るなど、チームの日本一に貢献しました。

第1回アジア プロ野球チャンピオンシップの日本代表に選出。育成選手出身の捕手としては史上初のゴールデングラブ賞とベストナインに!


シーズンオフの10月12日に第1回アジア プロ野球チャンピオンシップの日本代表に選出。

11月9日には育成選手出身の捕手としては史上初のゴールデングラブ賞、同月17日には育成出身選手として初のベストナインを受賞する。12月19日、福岡ヤフオク!ドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3,100万円アップの年俸4,000万円(金額は推定)でサイン。

スポンサーリンク




盗塁阻止率.447!ソフトバンク・甲斐拓也捕手

 

View this post on Instagram

 

勝ったばーい!甲斐キャノンすごい! 10月31日に行われたSMBC日本シリーズ2018第4戦はソフトバンクが4-1で広島に勝利して、シリーズ2勝1敗1分けとリードした 初回に得点を狙った広島の菊池選手はソフトバンクの好守の前にアウト! ソフトバンクの扇の要、甲斐拓也選手はまたも強肩で盗塁を阻止!これで今シリーズは許盗塁なしでの4者連続盗塁阻止! 撮影 義村治子 小梶亮一 #甲斐拓也 #甲斐キャノン #ソフトバンクホークス #ソフトバンク #福岡ソフトバンクホークス #sbhawks #広島 #カープ #carp #日本シリーズ #smbc #日本シリーズ2018 #勝ったばーい #ヤフオクドーム

スポーツ報知 / Sports Hochiさん(@hochi_photo)がシェアした投稿 –


2018年は自己最高となる133試合に出場、盗塁阻止率.447で12球団の捕手中唯一の阻止率4割超を記録。

2018年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズでも、ファーストステージで日本ハムの2年連続シーズン盗塁王西川遥輝に2盗塁は許したものの1盗塁刺1牽制刺を記録、ファイナルステージでも、同シーズン12球団最多の盗塁数を誇る西武に盗塁を許さず、ホークスとしてはシーズン2位から初となる日本シリーズ出場

日本シリーズでも全6試合で先発出場し、打撃ではわずか2安打1盗塁1犠打打率.143ながら、シリーズ新記録となる6連続盗塁阻止(1シリーズにおける通算盗塁阻止数としては、1952年の巨人広田順と並ぶタイ記録)を達成し、育成ドラフト出身選手としては初の最優秀選手賞(MVP)を受賞しました。

まとめ

いかがでしたか?

甲斐選手はドラフトにて育成選手で入り、下積み時代を経て、
日本一のキャッシャーとなりました。

そして、今シーズンのセ・リーグは広島の圧勝だったため、日本シリーズも優勢に思えましたが、
広島の特徴である足を全部、甲斐捕手が抑えたことで、
4勝1負1分という差が出たのではないでしょうか。

育成、3軍、2軍、、、そして1軍
と一歩ずつ頑張ることで日本一に輝くことは素晴らしいことですし、
次に繋がるとまたうれしいですよね。

また来シーズンの活躍にも期待です!

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください