『賭ケグルイ(ドラマ)』キャストや原作あらすじをネタバレ!

SPONSORED LINK



シリーズ累計370万部突破の大ヒット漫画「賭ケグルイ(かけぐるい)」(原作・河本ほむら/作画・尚村透)の実写ドラマ化が決定。放送局は【MBS】2018年1月14日 スタート(毎週日曜 深夜0時50分~)【TBS】2018年1月16日 スタート(毎週火曜 深夜1時28分~)

キャストには、映画「君の膵臓をたべたい」で主演を報知映画賞新人賞を受賞した浜辺美波(17)、TAMA映画賞最優秀新進俳優賞を受賞し2018年も活躍が期待される高杉真宙、そして、「Seventeen」の専属モデルとしてデビューし数々のドラマ・映画に出演する森川葵である。彼らが学園で繰り広げるギャンブルドラマは、現実離れした超本格的なもの。第1話から最終話まで、観るものも虜にすること間違いなしの作品だ。

スポンサーリンク




 

賭ケグルイ(原作・河本ほむら/作画・尚村透)が待望の実写化!漫画独自のスリリングなギャンブルドラマを描ききれるのか?に注目!

「賭ケグルイ(かけぐるい)」(原作・河本ほむら/作画・尚村透)は、2014年より月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊にて連載中の人気漫画。

今年の夏にはアニメ化もされ、大きな反響を呼んだが。
ついに、2018年1月実写化される。

原作 河本ほむら先生 「#賭ケグルイ」は僕の好きなものを詰め込んだ漫画です。それをまさか実写で見られるなんて。とても光栄だし、望外の喜びです。夢子が、芽亜里が、鈴井くんが、どんな活躍を魅せてくれるのか。もはや待ち切れないほど楽しみです! 作画 尚村透先生 河本さんに原作をいただき、毎日描き続けてきた夢子たちがアニメになって今度は実写になるなんて…!吉報に滾りながら原稿を描いています。リアルに表現される「賭ケグルイ」の放送を心待ちにしています! 川村先生からは、書下ろし応援イラストも頂きました🔥 英勉(はなぶさつとむ)監督 今、準備中のボクの中で夢子ちゃんが賭ケグルイ 、鈴井くんがガチ挙動り、芽亜里ちゃんが叫びまくり、滾ってしまいます状態です。ぜひハードルを下げて楽しんでいただければ幸いです。

ドラマ「賭ケグルイ」さん(@kakegurui_jp)がシェアした投稿 –

放送局と放送日時

【MBS】2018年1月14日 スタート(毎週日曜 深夜0時50分~)

【TBS】2018年1月16日 スタート(毎週火曜 深夜1時28分~)

ドラマ『賭ケグルイ』前に知っておきたい!原作ストーリーとあらすじ内容まとめ

◆舞台となる「私立百花王学園」は、表向きは普通の名門校だが、放課後ともなれば、生徒により各所で賭博が繰り広げられていた。ここの生徒は、政財界の子女が数多く通うため、勉強やスポーツは金や権力で解決できた。ゆえに、ここで有力者となるには、ギャンブルに打ち勝つ運と勝負強さが求めらる。

◆こういった思想から、もしギャンブルに負ければ、家畜同然の扱い受ける階級制度が平然と敷かれている「私立百花王学園」だが、現行・生徒会長である桃喰綺羅莉(ももばみ・きらり)が前・生徒会長をギャンブルにより打ちのめし、その地位についてから、学園は変わったのだ。つまり、この学園を裏で実質支配し、現行のルールを作り上げたのは、まぎれもない生徒会であり、桃喰綺羅莉本人だった。

◆ある日、この学園に蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)という少女が学校に転入してくる。一見するとおっとりとしたお嬢様風・清楚風の夢子であったが、ギャンブルとなれば、その目はまさに蛇のように豹変した。2年華組金髪ツインテールの美少女であり、勝負師の早乙女 芽亜里(さおとめ・めあり)も例外ではなく、同組の学級委員である鈴井 涼太(すずい・りょうた)を家畜にし、クラスを牛耳るマドンナだった。

◆蛇喰夢子に出会うまでは。

その実力は、マドンナを超えるが、意外なのはその素顔もまたギャンブルを純粋に楽しんでいるだけというところにある。ここから、ギャンブル狂・蛇喰夢子による逆転劇が繰り広げられていく。「いつか、生徒会長と対戦を」と夢見た彼女が、最後「生徒会長」の座をかけて挑んだ勝負の行方は?

スポンサーリンク




 

ドラマ『賭ケグルイ』超豪華すぎる若手俳優に注目!主人公の夢子は、17歳の浜辺美波

現在、わかっているキャストは、下記の3名。

蛇喰 夢子(じゃばみ・ゆめこ) – 浜辺美波
『賭ケグルイ』の主人公。普段は上品な彼女だが、ギャンブルともなれば豹変。人間離れした観察力、記憶力、推理力、交渉力で見事生徒会を制圧。しかし、彼女はただギャンブルが好きでやっているところが憎めない。両親はおらず、入院する姉の医療費を彼女が払っているというが、その資産や経歴に至るまですべてがミステリアス。

【キャスト発表🎲✨】 主人公の #蛇喰夢子 役は、#浜辺美波 さんに決定🎉 上品さとお淑やかさを漂わせながら、相手を #ギャンブル に誘うかのようなポーズ…“ #賭け狂い ”な女の雰囲気が漂います✨ “可愛らしさ”と “狂気”の二面性を持つ唯一無二のキャラクターをどう演じるのかご注目👀‼️ ーーーーーーーーーーーーーー 浜辺さんからコメントが到着! 「夢子ちゃんは、今まで演じたことがない個性的なキャラクターなので、不安もありましたが、演じることがとても楽しみでした。 全力で、1 シーン 1 シーン、1 カット 1 カット、精一杯演じていきたいと思います。 皆さん、是非一緒に賭ケグルイましょう!」 ーーーーーーーーーーーーーー さらに、 ‪英勉監督からも、浜辺さんに期待を寄せるコメントが到着!‬ ‪ 「撮影初日から、出し惜しみせずに色々やってくれて、とても良かったです。 でも、まだまだ持っていますよ、奴は。 早く貯金を出しなさい。持っているでしょ、まだ。」 ‬ #賭ケグルイ #ドラマ化 #キャスト発表

ドラマ「賭ケグルイ」さん(@kakegurui_jp)がシェアした投稿 –

鈴井 涼太(すずい・りょうた) – 高杉真宙
夢子に翻弄されながらも強い味方となる男子生徒。早乙女芽亜里との勝負に大敗し、ポチとなるが、夢子にお金を借りて、借金を返済。二人はタッグを組み、今度は生徒会を敵にギャンブルに挑んでいく。

【キャスト発表🎲✨】 夢子の強い味方となる男子校生 #鈴井涼太 を演じるのは、#高杉真宙 (たかすぎまひろ)さん🎉 #ギャンブル 狂の多い学園の数少ない”常識的な感覚”の持ち主ですが、クラスメイトに虐げられ、夢子に翻弄される情けないところも…。今まで見たことのない、新しい高杉さんの演技にご期待下さい! ーーーーーーーーーーーーーー \高杉さんからコメントが到着!/ 「ポチと呼ばれてボコボコにされたり、ずっと叫びながら挙動りまくっていたりと、今まで演じたことがないキャラクターなので、めちゃくちゃ楽しかったです。最初からエンジン全開でガンガン攻めていきたいと思いますので、楽しみにしていてください!」 ーーーーーーーーーーーーーー 俳優の振り切った演技を演出することに定評のある英監督から、高杉さんの新境地に期待のコメント!‬ ‪「真宙君は一生懸命にやるほど面白いです。真面目に考えてやればやるほど笑えます。 初日から“やりたがり”が溢れ出ていましたが、まだまだやりましょう。」 #賭ケグルイ‬ #ドラマ化 #キャスト発表

ドラマ「賭ケグルイ」さん(@kakegurui_jp)がシェアした投稿 –

早乙女 芽亜里(さおとめ・めあり) – 森川葵
主人公・蛇喰夢子のライバルにして、後に共闘することになる高飛車なツインテールの美少女JKギャンブラー。蛇喰夢子に対戦を持ちかけるも完敗。マドンナから一気に家畜に転落していた彼女に待ち受けていた地獄。そして、夢子と共同し借金地獄から抜け出す。

【キャスト発表🎲✨】 高飛車な #ツインテール の美少女JKギャンブラー・ #早乙女芽亜里 役に #森川葵 さんが決定🎉 主人公・ #蛇喰夢子 のライバルにして、後に共闘することになる原作人気キャラでもあるため、その演技に期待が高まります! 果たして、”あの顔”をどう演じるのか…?! \森川さんからコメントが到着!/ 「芽亜里は表情が豊かを通り越した、人間ができる限りの変顔をやるので、どこまでできるか…と心配でした。お芝居をやってきた中で、1日でこんなに声を出して体力を使い切ったのは初めてです。熱くてスカッとするドラマだと思うので楽しみにして下さい!」 \さらに!/ 撮影の真っ只中である英勉監督からも、森川さんの演技力の高さに大絶賛のコメントが到着! 「森川さんは、“出来る子”だと聞いていましたが、“想像以上に出来る子”だったので驚いています。 まだまだ持っていそうなので、面白いです。」 #賭ケグルイ #ドラマ化 #キャスト発表

ドラマ「賭ケグルイ」さん(@kakegurui_jp)がシェアした投稿 –

原作『賭ケグルイ』の見所と感想まとめ

同作は、なかなか、正気の沙汰では観られない。これは、ただの学園ドラマではなく、ギャンブルドラマである。

それは、つまりギャンブルの持つ世界観やそこで得られる快感や失望をありありと描いてるという点で、衝撃性は大きいということだ。ただ、その分、見応えもある。そもそもギャンブルはエンターテイメント性もあるが、一方で「ギャンブル依存」や「ギャンブルにより自己破産」などが発展し、事件事故など犯罪につながることも多く、それは時に人間を狂わせるものであるということはわざわざ述べるまでもない。例えば同様の映画作品『ラスベガスをぶっつぶせ!』では主人公はまさに人間の理性を失ってしまうシーンもありありと描かれているように。

しかし、同作は、その点、狂喜する人間を個性的な登場人物たちとともにリアルに描き切っている。また、話中で繰り広げられるギャンブルゲームも、一つ一つにこだわりがある。例えば、「ポーカー」といえば、馴染みも深くルールも理解している人が多いだろうが、同作では「ダブルポーカー」など少し難易度が高く、馴染みのないゲームの新鮮さに心おどるばかりか、主人公の夢子のかけ方や少々ミステリアスな人物背景もハラハラする展開で、心惹きつける。

ぜひ主人公たちとともに、その世界観を堪能していただきたいというのが、個人的な感想である。

スポンサーリンク




 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です