オフィス北野・森社長 年収20%減額、高額役員報酬 1億円「高いとは思わない」背任経営の罪と罰

3月31日、オフィス北野を独立したビートたけし(71)。翌、4月1日、たけし軍団のいちメンバーである水道橋博士(55)やダンカン(59)、グレート義太夫(59)らが、それぞれのブログなどで声明文を発表。森社長が4月5日(木)発売の「週刊新潮」(4月12日号)で丁寧に説明。取材は5時間にわたり、反論をしたという。中には、若手社員の年収が1800万円を超える、森昌行社長の役員報酬額面で1億円という点について問いただす内容もあったが、この点について、森社長は、若手社員の年収について事実無根としながらも、役員報酬については、「高いとは思わない」と論破した。しかし、内紛騒動の改善策として、2月11日に公認会計士を交えた話し合いにより、これら年収は、収入の20%の人件費カットを約束。 さらに、株もすべてたけし軍団へと譲渡したという。

たけし軍団 声明文4つのポイントまとめ

ここでは、たけし軍団のいちメンバーである水道橋博士(55)やダンカン(59)、グレート義太夫(59)らが、それぞれのブログなどで発表した声明文の内容を、下記4点にまとめています。

⑴森氏がたけしも知らないところでオフィス北野の筆頭株主になっていたこと
⑵森氏らの役員報酬の高さ
⑶オフィス北野の従業員の高額給与
⑷東京フルメックス(オフィス北野関連の映画事業)にかかっている人の人件費の問題

(参考元:4月5日(木)発売の「週刊新潮」4月12日号)

⑵森氏らの役員報酬の高さ・⑶オフィス北野の従業員の高額給与に関する問題について、森社長が4月5日(木)発売の「週刊新潮」(4月12日号)で丁寧に反論。

スポンサーリンク



オフィス北野・森社長の高額年収・高額役員報酬「高いとは思わない」

  • [事実]たけし軍団のメンバーである井手らっきょ(旧名:井手ひろし)の証言によれば、⑵森社長の役員報酬は1億以上であり、⑶20代の若手社員の年収は約1800万円を超え「ボーナスの額が異常である、若手事務員が仕事中にジムに行く」と批判されている。これに対する、森社長の反論は下記の通り。
  • [反論]まず、⑵に関しては、「私はやるべきことをやっているという誇りもあり、傲慢に思われてしまうかもしれませんが、金額は法外に高いとは思わない」と説明。⑶に関しては、「私が社長に就任してから年収を1億円以上に引き上げたとか、20代の従業員の年収が数千万円だとか避難されましたが、すべて事実無根です」と否定。なお、この点については、4月4日放送のフジテレビ「バイキング」にダンカンが生出演した際に、「井手らっきょの認識違い」と謝罪している。(参考元:4月4日放送「バイキング」

結果的に、20代の従業員の年収が1800万円というのは、事実無根で、中には軍団の中には600万円の借金を事務所に肩代わりしているメンバーもいるとしながらも、経営が黒字でうまくいっている時はなるべく従業員への給与や賞与を多くし、従業員のモチベーションにつなげていると、独自の経営観を主張。◆その他の、論点についてはこちらの記事で書いています。

たけし軍団 声明文全文に森社長が「週刊新潮」で反論5時間、内容への感想と意見。

2018.04.05

森社長 年収20%減額!背任経営の罰なのか

しかし、今年2月11日、たけし軍団の一部メンバーと、森社長、公認会計士を交え、ビートたけしの自宅で行った協議の末、改善策として以下2点が決定したことで、森社長の年収は減額となる。

しかし、これらの対応がなく、いよいよビートたけしは、独立を宣言。
これが、ビートたけし独立の真相である。

スポンサーリンク



オフィス北野・森社長のプロフィールと経歴


(写真は向かって左が森社長、右がビートたけし)

森 昌行(もり まさゆき)氏は、1953年1月7日、鳥取県鳥取市出身の65歳。1976年に青山学院大学法学部を卒業後、テレビ番組制作会社スーパープロデュースに入社。アシスタントディレクター(AD)やリサーチスタッフを経験し、『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』や『クイズ!!マガジン』(いずれもテレビ朝日)などの番組制作に携わる。1980年に『クイズ!!マガジン』でADとしてビートたけしと出会ったことをきっかけに、たけしの弟子グループを「たけし軍団」と命名し起用したり、番組の原型となるコーナーを企画するなどして、たけしからも信頼され、寝食を共にする仲に。1988年1月、ビートたけしは、当時の所属事務所・太田プロダクションから独立。その際に取締役制作部長の肩書きで、オフィス北野設立に参加。その後、プロデューサーとして北野武名義の映画作品にも携わり、1992年からオフィス北野の社長に就任。(参考元:ウィキペディア)

たけし軍団の一部メンバーが発表した声明文に関し、森社長が5時間のロング反論!
こちらの記事で書いています。

たけし軍団 声明文全文に森社長が「週刊新潮」で反論5時間、内容への感想と意見。

2018.04.05

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です