柿元泰孝/由加里 大阪寝屋川長女監禁事件で自宅住所が大島てる事故物件認定へ

スポンサーリンク

大阪府寝屋川市の自宅に長女の柿元愛里(かきもとあいり)さん(33)の遺体を放置したとして、両親が死体遺棄容疑で逮捕された。逮捕されたのは、父親の会社員、柿元泰孝(かきもとやすたか・55)と母親の由加里(かきもとゆかり53)の両容疑者。司法解剖の結果、愛里さんの死因は凍死で身長は145センチ、体重は19キロだった。両親は【自宅住所「大阪府寝屋川市秦町6-4」】に間仕切りした2畳の部屋を作り、布団と簡易式トイレしかない部屋に柿元愛里さんを監禁。犯行の動機は、「娘に精神疾患があり、暴れたりするので16~17歳の時から部屋の中で療養させていた」という。なお、住所がバレた自宅は、大島てる事故物件に認定されている。

スポンサーリンク



◆こちらの記事も書いています。

◆柿元愛里さんは、小学生の時とても悲しげな表情を浮かべていた。その理由とは?

柿元愛里さんの顔画像が悲しげ(大阪寝屋川事件),精神病と虐待の関係を同級生ほのめかす

2017.12.28

事件の詳細はこちら

事件の詳細
大阪府寝屋川市の自宅に長女の柿元愛里さん(33)の遺体を放置したとして、両親が死体遺棄容疑で逮捕された事件で、愛里さんが監禁された部屋には監視カメラが据えられ、スピーカーなどの機器を通して会話をしていたとみられることが、捜査関係者への取材でわかった。愛里さんの死因は凍死で身長は145センチ、体重は19キロだった。大阪府警は両親が愛里さんの衰弱を把握していたとみて調べている。【山田毅、村田拓也、加藤佑輔】

逮捕されたのは、父親の会社員、柿元泰孝(55)と母親の由加里(53)の両容疑者で、愛里さんとの3人暮らしだった。23日未明、「娘が18日に死んだ」と府警寝屋川署に自首した。司法解剖の結果、愛里さんの胃に内容物はなく、皮下脂肪もほぼなかった。死亡判明の直後に知らせなかった理由について、両親は「亡くなった娘と一緒にいたかった。日がたち、犯罪になるのではと思うようになった」と話しているという。

自宅は平屋3棟が連なる。両親は中央の建物内に間仕切りした2畳の部屋を作り、布団と簡易式トイレしかない部屋に愛里さんを監禁していたとされる。両親は「娘に精神疾患があり、暴れたりするので16~17歳の時から部屋の中で療養させていた」と話しており、監禁期間は十数年に及ぶとみられる。部屋に窓はなく、二重扉の出入り口は内側から開かず、水分は室外に据えたタンクからチューブを通じて補給させていたらしい。

両親は「食事は最近1日1食だった」と供述。愛里さんの背中には床ずれの痕があり、死亡の直前は身動きが取れないほど衰弱し、食事も自力で取れなかったとみられる。両親は病院に連れて行くなどの対応を取っていなかった。
(引用元:<寝屋川死体遺棄>監禁、カメラで内部確認 機器介し会話

あれ?大阪府寝屋川市って少し前にも聞いたことあるな・・

斎藤真由美(顔画像あり)大阪寝屋川事件犯人の家族「夫も怪しい?息子と二人暮らし」

2017.11.21
斉藤真由美容疑者が子供をバケツにコンクリート詰めした事件が記憶に新しいですね。

スポンサーリンク



事件があった物件はこちら。【自宅住所「大阪府寝屋川市秦町6-4」】

◆こちらの記事も書いています。

 

住所がバレた自宅は、大島てる事故物件に認定されている。

・水分は室外に据えたタンクからチューブを通じて補給
・食事は、1日1食
・監視カメラが据えられ、スピーカーなどの機器を通して会話

人間の尊厳に値しない行為ですね。

聞くたび、悲しくなる事件です。

◆こちらの記事も書いています。
柿元愛里さんは、小学生の時とても悲しげな表情を浮かべていた。その理由とは?

柿元愛里さんの顔画像が悲しげ(大阪寝屋川事件),精神病と虐待の関係を同級生ほのめかす

2017.12.28

◆こちらの記事も書いています。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください