角幡唯介の家族【画像】結婚した嫁は恐妻家、探検家の娘らしい子供の珍エピソード。にぎやかそうで微笑ましい。

4月7日(土) ETV特集「極夜 記憶の彼方へ~角幡唯介の旅~」(23時00分~)に露出される角幡唯介さん。実家はスーパーを経営していたという彼の探検家として経歴の始まりは、早稲田大学時代、所属した探検部からはじまっていた。犬1頭を連れて太陽が昇らない冬の北極圏の探検を・・・そんな角幡唯介さんを支える奥様、理解のある一方で、恐妻家として知られているようです。さらに、子供は娘がいるという角幡唯介さんですが、幼稚園でのある珍エピソードに思わず、爆笑。家族がにぎやかそうで、なりよりです。

角幡唯介がテレビ出演 放送日程と放送局

4月7日(土) ETV特集「極夜 記憶の彼方へ~角幡唯介の旅~」(23時00分~)に探検家・角幡唯介さんがご出演されます。

番組あらすじ
厳冬の北極圏で何か月も太陽が昇らない「極夜」。探検家・角幡唯介は、この暗闇と極寒の世界をたった一人で旅をした。猛烈な吹雪に襲われて方角を知るすべを失い、食料が底を尽き生死の境をさまよう。壮絶なサバイバルが繰り広げられた「極夜」の世界で、角幡は何を見たのか? 自撮りカメラには、極限の状態に置かれた人間の生々しい姿と肉声、そして人類のはるかな記憶に回帰していく探検家の思索の跡が収められていた。

スポンサーリンク



角幡唯介のプロフィール


角幡 唯介(かくはた ゆうすけ)さんは、1976年2月5日北海道芦別市生まれの42歳。函館ラ・サール高等学校を卒業し、早稲田大学政治経済学部卒業。同大探検部OB。

◆角幡唯介の本

探検家の傍ら、経験を元に綴ったノンフィクション作家としても知られ、著書には、『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(2010年),
『雪男は向こうからやってきた』(2012年),『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(2013年),『探検家の日々本本』(2015年)などで、数々の賞を受賞。近著に37日間の漂流を経験した漁師を描いた『漂流』(新潮社、2016年)は、スケールの大きな作品などと書評される。

◆小中学校の頃は元気が良すぎる子ども

探検家となる前、小中学校時代の角幡唯介少年はやんちゃ。スキーで転ぶなどして4回骨折。教室では先生をからかって、みんなを笑わせるなどのキャラクターで、客観的に”先生にとっては腹立たしい存在”だったのではないかと自分を分析。

一方で、娘さんにまつわるこんな投稿も。

角幡唯介の家族|探検家の娘らしい子供の珍エピソード。

(出典元:公式ツイッターより

ファンからは、「本当は、やってるんでしょ(((*≧艸≦)ププッ」とのリプもありますが、子は親をよく見ていますからね。
小中学校時代の角幡唯介少年に似ているのかもしれませんね。

スポンサーリンク



かわいい〜

角幡唯介の家族|嫁は恐妻家?

そして「―― 奥さんは探検に出ることに難色を示したりすることはないのですか?」との質問に。

それはないですね。そこを否定すると私の存在意義を否定することになると分かっているんだと思う。私が探検家ということを理解した上で結婚したわけですから。でもまあ、私が遊びで山へ籠もっているとやはりときどきはおもしろくないみたいですが(笑)。(引用元:未知なるものを追い求めて 探検家・角幡唯介が、土地の向こうに見いだす世界

と、理解ある奥様の素性も明らかにしている角幡唯介さんです。本の中には、恐妻家のエピソードも見られ“こんなにひどいように書いて!”と怒られてしまうようです。ただ、グリーンランドの旅の途中で結婚指輪をなくして際は、怒られると思いきや、「僕が無事に帰ってくることに安堵していたので、指輪のことはそこまで問題視されませんでした」とノロケ話も。めちゃめちゃ優しいお嫁さんじゃないですか〜♡

ただ、虫は嫌いなんですね。笑

最後に、子育てについては、

「探検とかしてるより、子供といた方が楽しいですよね(笑)。子煩悩になっちゃいましたね。あと、子供の将来がすごく楽しみなので、死ぬがすごく怖くなりました。自分の将来はある程度分かるじゃないですか。子供の将来はどうなるか分からないという面白みがあるから、見たいんですよ。それが死んでしまって見られなくなるのが嫌なので、そういう意味での“死のリアリティ”が出てきましたね」(引用元:未知なるものを追い求めて 探検家・角幡唯介が、土地の向こうに見いだす世界

と、子煩悩な父親な一面も明かしています。

◆犬1頭を連れて太陽が昇らない冬の北極圏の探検を・・・「誰もやっていないことをやる」その信念を胸に抱くは、何処?

角幡唯介 探検家の経歴は、早稲田大学探検部からはじまる大冒険!「犬1頭を連れて冬の北極圏へ」

2018.04.07

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です