上茶谷大河 東洋大ドラフトDeNA|京都学園高校の成績や動画「制球力が鍵」

いよいよ「ドラフト会議2018」(開催日時:2018年10月25日(木) 17:00開始予定)が始まりますね!東洋大は、梅津晃大、甲斐野央、上茶谷大河らの注目が集まりますが、ここでは、東洋大ドラフト1位候補の上茶谷 大河(読み方は、かみちゃたに・たいが)投手(京都学園高校)の成績と動画などプロフィールと共にまとめています。交渉権はDeNAが獲得しました。

スポンサーリンク




上茶谷大河(読み方はかみちゃたにたいが)投手| ドラフト

持ち前のヒジの柔らかさを生かして球持ち良く投じる152㌔ストレートが持ち味。東洋大は、全員が1位候補だと言います。交渉権はDeNAが獲得しました。

日本ハム・栗山英樹監督が、東都大学野球の国学院大―東洋大2回戦を、ネット裏から電撃視察した。都内でのスカウト会議終了後、一人で神宮を訪れた。試合後の指揮官は「スカウトからの報告で、中川くん(圭太二塁手)も含めて、いい選手というのは聞いている。自分の目でも、見ておきたいと思っているし、きょうは見られるタイミングだった。いいものを見せてもらった」と話した。試合は上茶谷大河が、8回4安打2失点の好投。1点リードの9回を、甲斐野央が無失点で抑えた。

©スポーツ報知

東洋大は、梅津晃大、甲斐野央、上茶谷大河らに注目が集まりますが、指名を受けた場合、東京都内のホテルで午後5時から行われる記者会見の模様が 「THE PAGE」YouTubeチャンネルで配信予定。以下の記事で書いています。

東洋大《ドラフト2018中継ライブ動画》記者会見(甲斐野、上茶谷)

2018.10.25

スポンサーリンク




上茶谷大河(読み方はかみちゃたにたいが)投手|京都学園高校の成績や動画「制球力が鍵」

上茶谷 大河(かみちゃたに・たいが)投手は、181cm85kgの身体を生かして最速152㌔直球を持つスリークォーター右腕。

セットからタメて重心を下げながらインステップし、後ろ大きめにしなやかな腕の振りから投げ込む最速152㌔、常時140㌔強から140㌔台後半(先発)の伸びのあるストレートが持ち味。さらに、120㌔台のスライダー、130㌔前後のカット、130㌔前後のスプリット、120㌔台のチェンジアップが特徴。

  • 金閣小学校1年の時から軟式チーム・金閣リトルタイガースで野球を始め
  • 衣笠中時代は京都レッドベアーボーイズに所属
  • 京都学園では2年春から主戦としてチームを牽引
  • 東洋大では1年秋から救援で2部戦に出場

4年春1回戦・九産大戦に先発として臨んだが、体調すぐれず2.1回6失点KOを喫して大敗した。

成績は、通算25試合、10勝(3完投2完封)4敗、135回、防御率2.13。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください