蚊に刺されない方法「足裏アルコールとは?子供,赤ちゃんでも使える商品教えて!」

これからの季節、BBQや海水浴など屋外レジャーに行く機会も多いですが、
楽しみたいのに、どうしても”蚊”が気になってしまいますよね。

7月17日放送のTBS『マツコの知らない世界』では、
『蚊の世界』を田上大喜(たがみだいき)さんが「蚊を寄せ付けない究極の対策」を直伝!

そんな田上大喜さんが発見した「蚊に刺される原因」と
彼が推奨する「蚊に刺されない足裏アルコール拭き拭きする方法」とは?「赤ちゃんでも使えるアルコール消毒液」ある?

おまけにNHKが推奨する「ハッカ油スプレーの作り方」についてご紹介します。

蚊対策には「足裏アルコール拭き拭き」開発者・田上大喜さんって誰?

まずは、「足裏アルコール拭き拭き」が蚊対策に有効だと発見した田上大喜さんについて。

田上大喜さん(京都教育大学附属高校出身)は、アメリカ出身。
オーストラリアからシンガポールを転々とし2014年に日本にやってきた帰国子女。
過去には番組出演の経歴もある。

そんな田上大喜くん自ら体を張って実験する姿は、まさに研究生の賜物!
有名な話ですが、研究を始めたきっかけは、

「蚊に刺されやすい妹(名前は千笑さん)を助けたい」というもので、
日夜研究を重ねた結果、人の足に生息する「常在菌(じょうざいきん※)」が原因だと突き止めます。

この研究結果は、第55回 全国の小・中学生を対象とした理科自由研究コンクール「自然科学観察コンクール」で、中学校の部佳作に入賞するほどのもの。

特に蚊はただただかゆいだけじゃなくて、
デング熱やマラリア等病気の感染媒体となることも懸念されていますので、
研究の成果はとても大きいと思います。

「常在菌(じょうざいきん※)」とは、健康な人の皮膚に必ず存在する菌。それ自体はまったく体に害を与えるものではない。いわゆる腸内細菌のように、人によって菌の種類や数の割合が違う

田上大喜さんゲキ押し!「蚊に刺される原因」と「蚊に刺されない方法」

 

では「なぜ常在菌が原因で蚊は人間を刺すようになるのか」というと、

その原因は、蚊の嗅覚受容体
この部分は、人の汗に含まれる乳酸とオクテノールの二つの物質に反応するそうです。
そして、足裏の常在菌の数も一因であり、より強いにおいに蚊は反応するそうです。

「蚊に刺されやすい理由が、足の菌にあるのなら、その菌をきれいに除菌してしまえば、蚊にさされにくくなるのではないか?」(引用:NHK

そこで、田上大喜くんは、アルコールをつけたティッシュで、足首から下をよく拭いて、蚊が多い裏山に5分間いたところ、何もしなかったときは81か所も刺されたのに、足を消毒した場合は、刺された数が3分の1に減ったという実験結果が出たようです。

でも、私はここで思いました。

赤ちゃんにも使っていいアルコール消毒液を教えて!

アルコール消毒液って肌に使ってええんか?

大人でも肌がかぶれたりせえへんか?と。

そこで、赤ちゃんでも使用がOKなアルコール消毒液だったら
大人でも特別なアレルギーがない限り大丈夫だろうということで、見つけました。

いくつかピックアップするのでご予算と照らしてみてくださいね!

除菌ミストなのに、無添加・無着色・無香料、アルコールフリー、100%天然由来成分でできているので、赤ちゃんでも安心して使えます。物でなく手指などの肌に使う除菌ミストです。手を洗えない外出時に、赤ちゃんの手指に吹きかけるだけで手が清潔に。手指を口に入れてしまっても大丈夫。除菌が期待できるだけでなく、5種類のオーガニック保湿成分配合で手肌に潤いを与えます。

グレープフルーツ種子油や醸造アルコールなどの自然由来の成分で処方された除菌スプレー。おもちゃやぬいぐるみなどに使えるのはもちろん、食中毒対策として、まな板や包丁などの調理器具にも使えます。赤ちゃんや敏感肌にやさしい弱酸性です。

この除菌スプレーは、もともと人の体内で生成されている次亜塩素酸を主成分として構成されている水です。水なので、うがいにも使えるほど無害。アルコールフリーなのに多くの菌やウイルスを除菌してくれます。多くの保育園をはじめとし、病院やレストランでも使われている除菌スプレーです。

ただ、アルコール消毒に夜効果には以下のような注意点もあります。

※効果が期待できるのは数時間
※石鹸で足の指の間などを洗うだけでも効果はあります
※消毒の効果がどのくらい続くのかは、人によって大きく違うと考えられます

「ハッカ油スプレーの作り方」

また、アルコール消毒の他に、
蚊をよせつけなくする効果があるとして
注目を集めているのが、ハッカ油スプレー

ハッカ油は打ち身やねんざの薬として、
どこの薬局でも売られているものですが、
直に塗るのではなく、薄めてスプレーすることで効果がもっと期待できるとか!

ただし、ハッカ油は使い方に注意が必要とのことですので、
メリットとデメリットを抑えて上手に使いましょう。

メリット

  • 清涼感が得られる
  • リラックス効果がある
  • 防虫効果がある
  • 炎症沈静効果がある
  • 殺菌効果がある
  • 消臭効果がある
  • 鼻の通りを良くしてくれる
  • 食品添加物でもあるので、風味付けに使える

中には、ハッカ油を使ったハッカ風呂なるものもあるようですね!

デメリット

このように、ハッカ油は犬にはダニ除けなどの対策にもなり、とても便利な一方で、

猫などの完全肉食動物はハッカ油のような植物の成分を代謝、分解(解毒)することができないため、「ハッカ油はじめ、アロマオイルは天然成分であっても体質的に受け入れられないため、注意が必要」とのこと。

ハッカ油の使用用途

清涼感を得る

  • 暑い時に体や衣服に振りかける。(シーブリーズの代わり)
  • 扇風機の背面にカバーをかけ、スプレーをカバーに振りかけることで、かなりの涼風が得られる。

虫除け対策

  • 体や衣服に振りかけて虫除けスプレーになる。
  • 網戸やカーテンにふきかけて、虫の侵入を防ぐ。
  • 室内に入って来た虫に振りかけると、動きが鈍くなる。

スキンケアとして

  • 化粧水代わりになる
  • 男性も、ひげそり後の化粧水代わりになる

(参考:GOEMOM雑学王

これであなたも、蚊に刺されないハッカ美人に!

夏を楽しく過ごしましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください