鹿嶋学 職業・仕事は建築会社員、家族の父親は会社経営社長。経歴知る勤務先の社長<性格は「仕事熱心で、後輩の面倒見もいい。」>

あれから14年が経とうとしている。広島県廿日市(はつかいち)市の民家で2004年に高校2年の北口聡美(きたぐちさとみ)さん(当時17)が殺害された事件で、鹿嶋学(かしままなぶ)容疑者(35)が逮捕。鹿嶋学容疑者の職業・仕事は建築会社に務めるサラリーマン。勤務先の社長によれば<性格は「仕事熱心で、後輩の面倒見もいい。まだ信じられない。」>と話している。家族について、結婚はせずお嫁さんもいない。鹿嶋学容疑者の父親は、会社を経営する社長だったとのこと。事件の経緯から、容疑者の詳細、犯行動機とはなんだったのか。

鹿嶋学 顔画像、広島廿日市市・北口聡美さん殺人の犯人逮捕。

◆16日の速報によりますと、鹿嶋学容疑者の犯行動機は「わいせつ目的」だったとのこと。詳しくはこちらの記事で書いています。

鹿嶋学「わいせつ目的」犯行・殺害動機:北口聡美さん接点なし・無関係の通り魔わいせつ犯だった。

2018.04.16

平成16年10月5日(火曜日)午後3時ころ,広島県廿日市市上平良の一般民家で,北口聡美さん(当時17歳)が高校から帰宅後、自室で若い男に刃物で胸や腹など10カ所近くを刺され死亡。騒ぎを聞きつけて駆けつけた聡美さんの祖母にも重傷を負わせた凶悪事件から14年。4月13日、午前6時頃、鹿嶋学(かしままなぶ)容疑者(35)が、事件の容疑者として逮捕された。

容疑者の勤務する山口県宇部市から、広島県廿日市までは、約100キロの距離にあり、在来線は山陽本線を使って2時間弱、高速は山陽自動車で1時間強の距離にある。

顔写真(画像):亡くなられた北口聡美(きたぐちさとみ)さん(当時17)

廿日市高校当時、北口聡美さんは、友達の多い人気者で、建築士を夢見て、大学進学をめざしていた。

(ANNより)

産経新聞によれば、聡美さんは反抗期もなく映画が好きな父・忠さんと一緒によく洋画を見に出かけた。朝、学校へ行く聡美さんを起こすのは忠さんの役目で、事件の解決を願い、発生翌年、インターネット上のブログ「SA・TO・MI ~娘への想い~」を開設した。(参考元:産経新聞

実際のブログを覗いてみると、

犯人鹿嶋学の逮捕に父コメント

皆さんもニュースでご存知でしょうけど
今朝、事件の容疑者が逮捕されました。

事件が解決するまで、約13年と6ケ月の期間を必要としましたが
解決するのと未解決では大きな違いがあります。

皆さん、事件解決のご協力と応援ありがとうございました。

スポンサーリンク




皆さんから、ブログへコメントを沢山頂いています。
本来なら、一人一人の方へ書くべきだと感じておりますが
この場で、お礼を言う非礼を許して下さい。
よろしくお願いいたします。

娘への報告「事件が解決したよ」と私の胸の中で伝えましたが
「守る事が出来ないで、ごめんなさい」という想いの方が大きいですし
これからも、この想いは持ち続けるでしょうね。

(引用元:gooブログ

と、コメントしている。

「守る事が出来ないで、ごめんなさい」という気持ちの方が大きい。

悲痛な父親の気持ちが伝わってくる。

事件後、北口聡美さんの父親は、ブログで事件の真相を求め、懸命の情報呼びかけをしてきました。◆詳しくは、こちらの記事で書いています。

北口聡美さんブログ涙腺崩壊:父親、犯人 鹿嶋学の逮捕1ヶ月前もビラ配り。真相求め手記14年…殺人事件被害者の会「宙の会」出席など

2018.04.13

顔写真(画像)殺人の容疑で逮捕された鹿嶋学(かしままなぶ)容疑者(35)

山口県宇部市の自宅は、家宅捜索が入る

時事通信より)

逮捕のきっかけとなった暴力事件とは

今月上旬、山口県内の暴行事件で捜査をしていたところ、指紋・DNA型が14年前の犯人のものと一致したというが、鹿嶋学容疑者の勤務先の山口県宇部市にある建築会社の男性社長(39)によれば、4月初旬、同僚の態度に腹を立てて尻を蹴ったのだという。さらに、毎日新聞が報じた内容によれば、この男性社長ががインタビューに答え、鹿嶋学容疑者の経歴について、

スポンサーリンク



鹿嶋学容疑者の経歴知る社長の証言、父親は会社経営社長

  • 鹿嶋学容疑者は社長の父親が経営していた十数年前、知人の紹介で働き始めた
  • 12日も午前7時に出社後、山口市内の現場で通常通りに働き、変わった様子はなかった
  • 性格は、「仕事熱心で現場を任せられるタイプ。シャイで暴力的な感じではなく、後輩の面倒見もいい。まだ信じられない」

と話しているという。(参考元:毎日新聞

現在わかっている、鹿嶋学容疑のプロフィールや経歴をまとめると、

鹿嶋学容疑者の経歴・プロフィール

  • 名前:鹿嶋学(かしままなぶ)容疑者
  • 住所:山口県宇部市
  • 年齢:35歳
  • 出身高校:宇部市の機械科高校を卒業→県内の企業に就職
  • 職業:建築会社に務めるサラリーマン
  • 家族・結婚:独身(両親と一緒に実家暮らし)、父親は会社経営社長
  • 仕事熱心で現場を任せられるタイプ
  • シャイで暴力的な感じではなく、面倒見がいい
  • 10数年前、知人の紹介で、現在の勤務先に就職。

鹿嶋学容疑者 犯行動機と事件の真相「なぜ、殺害?」「真相は?」

◆16日の速報によりますと、鹿嶋学容疑者の犯行動機は「わいせつ目的」だったとのこと。詳しくはこちらの記事で書いています。

鹿嶋学「わいせつ目的」犯行・殺害動機:北口聡美さん接点なし・無関係の通り魔わいせつ犯だった。

2018.04.16

事件後、<北口聡美さんと、鹿嶋学容疑者はどんな関係があったのか?><無差別殺人だったのか?事件当時、鹿嶋学容疑者は19〜20歳。交際の関係もあったというのか?>二人の関係・接点に焦点が当たりましたが、14日、毎日新聞によると、「バイクに乗り、通りすがりで廿日市市に来た」という趣旨の供述をしていることがわかったという。◆詳しくはこちらの記事で書いています。

鹿嶋学 結婚・嫁なし独身、父母と実家暮らし。北口聡美さん関係、通り魔か。交際・彼氏ではなく「通りすがりで廿日市市に」

2018.04.14

(※事件の経緯から、容疑者の詳細、犯行動機は、詳しい情報が入り次第、お伝えします。)

スポンサーリンク



広島廿日市市・北口聡美さん殺人事件の経緯

平成16年10月5日(火曜日)午後3時ころ,広島県廿日市市上平良の一般民家で,北口聡美さん(当時17歳)が高校から帰宅後、自室で若い男に刃物で胸や腹など10カ所近くを刺され死亡。騒ぎを聞きつけて駆けつけた聡美さんの祖母にも重傷を負わせた凶悪事件とされます。(広島警察署より)詳しくは、こちらの記事で書いています。

北口聡美さんブログ涙腺崩壊:父親、犯人 鹿嶋学の逮捕1ヶ月前もビラ配り。真相求め手記14年…殺人事件被害者の会「宙の会」出席など

2018.04.13

鹿嶋学 顔画像、広島 北口聡美さん殺人の犯人逮捕。ブログで事件真相を求めた父親「まずは一区切りつきました」

2018.04.13

世間の声「時効が無くなって良かった」

別の事件から犯人だと分かった。
つまり犯罪に犯罪を重ねた人生。
こんなやつを野放しにしてはいけない。

14年も逃げおおせたあげくきっと今回以外にもたくさんの余罪があるだろう。犯罪者が野放しになっている現状に恐怖を感じる

この事件は目撃者がいたにも関わらず逮捕出来ない不思議な事件だったがやっと遺族も安心出来きだでしょう。後は真相解明に全力を。

隣町なの。同じような事して今回見つかった訳でしょ?反省してない、治ってない、根っから暴行したり人を刺すのもなんとも思わない人なんでしょう?
すぐ出てくるよね。近くに帰ってくるんでしょ?
名前出しといてよ……怖いじゃん。
少ししたらネットで名前も場所もわかるかな?
これは近く過ぎて名前確認しときたい。怖いよ。

時効が無くなって良かった、逃げ得させては駄目だ。

(引用元:ヤフーニュース)

矢方美紀 乳癌 手術成功裏の英断。現在 退院し入院先で笑顔写真もステージII期か。今後の活動復帰予定は?

2018.04.13

福田淳一 財務次官『生セクハラ音声動画』女性記者の名前が聴こえるぞ「予算通ったら浮気するか?」ハ?

2018.04.13

スポンサーリンク



 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です