加藤鮎子 宮崎謙介の離婚原因は不倫。元嫁は現在【家族写真】角田 賢明と再婚・息子を出産。

スポンサーリンク

現在も嫁(妻)である金子恵美(かねこえみ)氏の妊娠中に育休を取得しながら、出産直前にゲス不倫が発覚し、議員を辞職した宮崎謙介(みやざきけんすけ)元衆院議員。不倫相手は、グラビアアイドルの宮沢磨由(みやざわまゆ)さん。宮崎謙介元議員といえば、元嫁(前妻)は、加藤鮎子衆院議員で知られるが、彼女は現在は、慶応ボーイ角田 賢明(つのだよしあき)氏と再婚。加藤鮎子氏は、5歳の息子とともに山形県で、とても幸せそうに家族で暮らしている。

宮崎謙介の不倫・浮気・女性遍歴をおさらい

宮崎謙介のプロフィール

名前:宮崎 謙介(みやざき けんすけ)
生年月日:1981年1月17日 (37歳)
出身地:東京都新宿区
職業:元政治家。現在は会社役員・テレビコメンテーター。
なお、奥様の金子恵美(かねこえみ)衆院議員とは、2018年4月現在も離婚はしていません。

宮崎謙介の元嫁(前妻)は、加藤鮎子。現在は角田賢明と再婚・息子を出産。

2006~2009年までは加藤鮎子氏の夫。現在は角田 賢明(つのだよしあき)氏と再婚・息子を出産。
角田 賢明氏は、慶應義塾大学出身で現在は山形県庄内地域で、「株式会社さんどれっど代表」を務める38歳。
息子は、現在5歳で、来年の春から、鶴岡第二小学校に入学予定とのこと。将棋が趣味ってすごい天才臭がします。

加藤鮎子(かとう あゆこ)氏は、1979年4月19日山形県鶴岡市大東町生まれの38歳


現在、自由民主党所属の衆議院議員。父・加藤紘一氏は、16年9月9日に77歳で亡くなった元自民党幹事長・官房長官。
実は、宮崎謙介氏にとって加藤紘一氏は元義父にして、政界を目指すきっかけとなった人物でもあり、「地元の山形では宮崎が紘一先生の後継として出馬するのではないか」と湧いていたようです。

宮崎謙介と加藤鮎子の離婚原因

それにもかかわらず3年足らずで離婚した原因は、加藤鮎子氏の知人によると、宮崎謙介氏は、「家庭的な女性」がタイプであるのに対して、加藤鮎子氏がバリバリの「キャリアウーマン」だったことから、性格の不一致とされますが、また、宮崎謙介氏の不倫相手の女性からの電話を、加藤鮎子氏が撮ってしまい不倫がバレたことも原因の一つと言われています。

かたや、角田 賢明氏は、大手証券会社を辞め、「子供は地元で育てたい」と長男の出産を機に昨年、東京からUターンした鮎子氏と一緒に引っ越し。街宣車で「鮎子の夫です」とマイクを握り、同世代に支持を訴えるなど、妻に寄り添う形で、働く彼女を応援しているようです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください