自治医大・神戸克明教授のWIKI経歴・学歴や評判は?結婚して家族がいる?

「神戸先生」こと、元東京女子医科大学東医療センターの神戸克明(かんべかつあき)医師が同センターの患者の個人情報を不正に持ち出していたと「週刊文春 2018年8月9日号」が報じました。

「神戸先生から突然連絡が来たのですが、なんで私の電話番号を知っているのですか?」

と患者から連絡があり、事件が発覚したのですが。
これって相手の患者に気があって、連絡先を盗んだってことなのでしょうか。

何はともあれ、事実ならば「建造物侵入罪」「不正アクセス禁止法違反」「不正競争防止法違反」等々の罪に問われるそうです。
ウィキペディア風にプロフィール(出身,高校,大学)や経歴・学歴は?結婚して家族(嫁,子供)はいる?
現在自治医大教授としての評判は?

神戸克明先生が文春砲!なぜ個人情報?理由は女性問題?

リウマチや五十肩の名医として何度もメディアに取り上げられ、最近もフジテレビの『名医20人があなたの健康法を徹底議論!!ザ・ドクタージャッジ』に取り上げられていたという神戸克明医師。

センター関係者によると、

「退職後の今年2月12日に、神戸氏が自身のID、パスワードでセンターのパソコンにログイン、二百数十件の電子カルテが閲覧されていた事実が確認されました。その日は建国記念日の振り替え休日。防犯カメラには、無人の整形外科・リウマチ科外来や医局に、神戸氏が暗証番号を入力して忍び込む様子も映っていた」

(引用:週刊文春デジタル

とのことで、医師が患者の個人情報を不正に持ち出すというあるまじき失態を犯してしまったようです。
なお、本人は文春の取材に対して、「反省しています」と語り、ほぼほぼ容疑を認めているようですが、
弁護士によると、事実ならば「建造物侵入罪」「不正アクセス禁止法違反」「不正競争防止法違反」等々の罪に問われるようで、逮捕も秒読みなのかななどと、個人的には感じているところです。

神戸克明(かんべかつあき)自治医大教授WIKIプロフィール・経歴・学歴

神戸克明医師のプロフィールから、ご紹介します。

(出典:時事メディア

  • 名前:神戸克明(かんべかつあき)
  • 職業:自治医科大学附属病院(栃木県下野市薬師寺3311-1)肩関節疾患の名医・教授
  • 学歴:1991年 群馬大学医学部卒業
    経歴:2000年 同大学院で修了学位取得後、米国ペンシルバニア州立大学整形外科留学
    2006年 東京女子医科大学東医療センター整形外科准教授を経て
    2017年 12月より現職

五十肩は中高年から発症しますが、
「加齢に加えて、なりやすいのは糖尿病患者です」
とのことで、糖尿病と五十肩の関連を示す論文を発表するなど現職でありながら研究熱心な方。

かつ、テレビにも出演するってかなりバイタリティがありますね!

神戸克明先生は、結婚して家族(嫁,子供)はいる?

ご結婚されているかどうかに関する情報がなく、
お伝えできないのが残念ではあるのですが、

ご年齢的に結婚されててもおかしくないのかなと思いましたが、

実際の映像では、指輪をされてい無い様子です。

ちょっと話し方が特徴的ですね!

頭が良さそうです。

神戸克明教授の評判や実績は?

最後に評判について調べましたが、
口コミ等々の情報は集められませんでしたが、

肩関節への関節鏡視下手術を考案・工夫してきた医師であり、五十肩・腱板断裂に関しては2003年より580例を超える実績を持つ再発予防を目的としたリハビリテーションにも定評があり、テレビなどのメディアを通じて肩こりのタイプ別体操法を紹介する機会も多い。現在は同大学で教鞭をとる傍ら、複数の医療機関で診療も行っている

(引用:時事メディア

とプロフィール欄にあり、マスコミにも取り上げられるほど
ということは、かなり信用の置かれた人物だったのではないでしょうか。

また、続報があれば追記します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください