小林よしのり 文春記者(山尾志桜里専属)の顔写真と実名をブログで公開!当たり前だが、抗議文届く始末

SPONSORED LINK



漫画家の小林よしのり氏が、2017年11月13日のブログ「狂気に走る週刊文春(その1)」の記事中で、「週刊文春」の女性記者(神田知子氏)と、カメラマンの男の名前と顔写真を公開している。16日発売の「週刊文春」(11月23日号)では、山尾志桜里衆院議員が倉持麟太郎弁護士と1泊2日の大阪出張を報じているが、「これは大衆に誤解を与えることを狙ったものである。」=そういった事実はないと主張する小林よしのり氏は、逆に文春記者の情報を晒してしてやった感むき出しで、「小林よしのりVS週刊文春の戦争は、わしの完全勝利である」と主張している。

スポンサーリンク



山尾志桜里、倉持麟太郎弁護士と3度目の文春砲!内容は、「山尾志桜里衆院議員が倉持弁護士と1泊2日の大阪出張」

2017年11月7日、改憲論議のために「今後も倉持氏からサポートを受ける必要があると判断した」との理由で、山尾志桜里衆院議員が倉持麟太郎弁護士を政策顧問にすると明かし、批判が相次ぐ中。

16日発売の「週刊文春」(11月23日号)では、山尾志桜里衆院議員が倉持弁護士と1泊2日の大阪出張を報じている。

 11月12日(日)、2人は漫画家の小林よしのり氏が主催する討論イベント、第3回関西ゴー宣道場「権力と共謀して何がオモロイねん!」に参加するため、大阪へ。
 2人は、別々に会場に入り、イベントが終わると別々に会場を後にした。2人は翌日、新大阪駅に別々に現れ、倉持氏は午前9時56分に品川駅に、山尾氏は午前11時23分に東京駅に到着。

 週刊文春はこの事実を、山尾志桜里衆院議員が倉持弁護士と1泊2日の大阪出張と報じている。

 こういった事実があったのか否かは、さておき。

山尾志桜里と倉持麟太郎弁護士に男女関係はない!「狂気に走る週刊文春」とヤジり、ついに文春記者を顔写真と実名付きで公開する小林よしのり氏

 山尾議員批判に反発する立場をとる批評家の漫画家の小林よしのり氏は、2017年11月13日のブログ「狂気に走る週刊文春(その1)」の記事中で、

▼2人を追跡取材する文春記者を顔写真と実名付きで公開してしまった。
カメラマンの男性記者。さらに、文春から山尾氏と倉持氏に関するインタビューファックスが届いたと実物を掲載。

これが問題となり、14日文芸春秋の顧問弁護士から、抗議文書が届いたと報告。

スポンサーリンク



文春も黙ってはいられない!顧問弁護士から抗議文が届く小林よしのり氏

なんということか、週刊文春!ここまで腰抜けだったか!
山尾事務所に対して、文芸春秋の顧問弁護士から、抗議文書が届いたのである。

山尾氏を尾行していた神田知子とニット帽の男の写真を載せたこと、そして追加文書を載せたことが、「肖像権」や「著作権」を「侵害する可能性があります」などとのたまっているのだ。

(引用元:2017.11.14(火)恐怖で怯える週刊文春(その1)

さらに、15日「小林よしのりVS週刊文春の戦争は、わしの完全勝利である!」と強気の姿勢を見せる。

週刊文春の記事を見たが、全マスコミ関係者に言っておく。
小林よしのりVS週刊文春の戦争は、わしの完全勝利である!

(引用元:2017.11.15(水)週刊文春の敗北宣言だった!

文春記者、大変だなという印象だが、これまで、「ベッキーの不倫」など多くの大スクープを暴いてきただけに、文春がこういう形で逆に袋の鼠にされる瞬間というのは、新しい。

「ひとり5本」というノルマの中、文春記者だって必死なんだ

株式会社ヴィベアータ代表取締役、ブラック企業アナリストの新田 龍(にった・りょう)氏によれば、

文春編集部では持ち寄る取材ネタについては「ひとり5本」というノルマがあり、一人ひとりがプレゼンをするかたちで会議が進む。総スタッフ数は約50名いるので、毎週250本のネタが集まり、その後のデスク会議において250本の中から厳選された20本が選ばれ、取材チームが編成されて、取材がスタートしていく

とのこと。

文春記者は、そもそも、

他誌で10年以上経験したベテラン揃い。初心者は見向きもされず、他誌で実績を残した記者をヘッドハンティングするかたちで採用しているというから、記者のレベルが高い。

ゆえに、スクープされるネタも衝撃性は高いのか。

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2016/02/post_13829_3.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

文藝春秋として、優秀な記者がこのような事態にさらされることは許しがたいのだろう。どうなる「小林よしのりVS週刊文春の戦争」・・・密かに、見守っていこうと思う。

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です