「この世界の片隅に(このせか)」撮影ロケ地の呉市、水害災害の状況が深刻で断水続く…

スポンサーリンク

日曜劇場ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜よる9時)が、7月15日(日)からスタート。
同作は累計120万部を突破した、こうの史代の同名マンガ(上・中・下)が原作となり、アニメ映画化され興行収入は10億円突破。

あらすじは、太平洋戦争最中の広島県、江波(えなみ)から呉市(くれし)へ嫁いだヒロイン・すずが、嫁ぎ先の北條家で暮らすかけがえのない日常を描いた作品です。
映画の撮影場所となっている広島県呉市は、2018年7月に発生した「西日本を中心とした記録的な豪雨『西日本豪雨』」で大変大きな水害を受けています。

現在も断水が続いているということですが、その被害状況はいかなるものだったのでしょうか。

映画「この世界の片隅に」撮影ロケ地の呉市

映画「この世界の片隅に」の片渕須直監督監修によるイラストロケ地マップが広島市内の観光所で配布され、巡礼された方も多いのではないでしょうか。

ロケ地には「福屋百貨店八丁堀店」「原爆ドーム」「平和記念公園レストハウス」などが使われていましたが、今回、「三ツ蔵」のある呉市街地は大変な災害に襲われてしまったようです。

映画「この世界の片隅に」撮影ロケ地「福屋百貨店八丁堀店」

映画「この世界の片隅に」撮影ロケ地「原爆ドーム」

旧 広島県産業奨励館として知られた場所です。

映画「この世界の片隅に」撮影ロケ地「 平和記念公園レストハウス」

映画「この世界の片隅に」撮影ロケ地「三ツ蔵」

スポンサーリンク



 

呉市、水害災害の状況が深刻で断水続く…

すでに死者は200人、安否不明も60人超。
西日本を中心とした各地で、何十年に一度という驚くべき雨量で「平成30年7月豪雨」と名付けられた今回の災害。


まず、今回の災害で被害に遭われた方、そして現在も復旧に尽力されている方、
心からお悔やみ申し上げるとともに、どうか無理をせず生き延びて欲しいと思います。

さて、ロケ地の撮影場所となった呉市においては、15日現在で、天応南町、天応大浜1丁目、天応大浜2丁目、天応宮町で避難勧告が解除され、天応西条1丁目、天応西条2丁目、天応西条3丁目、天応西条4丁目で二何準備が出されるなどしています。

市のホームページでも、最新情報が更新されています。

かなり酷い状況ですね。

呉市、水害災害の給水断水状況

市内の給水所、断水場所については、呉市上下水道局 公式ホームページで情報が更新されています。

詳しくは公式サイトの情報を。

公式サイトでは義援金の協力を受け付けているようです。

⇒ 「平成30年7月西日本大雨災害義援金」【JNN・JRN共同災害募金 】受付中

 

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください