河野景子(花田景子)さんと、元貴乃花親方との離婚は、衝撃的でしたが、現在は、講演会の講師や株式会社「ル・クール」の代表を勤めているという景子さん。年の差8歳の姉さん女房、1年前から続いていた不仲、から第2の人生を歩む河野景子さんを応援したいですね!そんな河野景子さんの現在について調査しましたよ!

スポンサーリンク




河野景子(花田景子)さんプロフィール(若い頃の画像)

©ツイッターより

  • 生年月日:1964年11月12日
  • 出身:宮崎県
  • 学歴:上智大学在学中に「ミス・ソフィア」に選ばれる
  • 経歴:大学卒業後は、1988年4月、フジテレビアナウンサーとして入社
  • 1994年からはフリーに転身

若い頃のアナウンサー時代も素敵!

河野景子と貴乃花親方が離婚!年の差と不仲を乗り越えて卒婚

「行きつけの中華料理屋さんで安らぎのひと時を過ごすことができました」先月の19日、一緒に中華料理屋で仲睦まじい夫婦の姿がブログに収められています。

しかし、6日後の先月25日に離婚。その9日後、2018年11月3日(土)、4日(日)に福岡県田川市で開催された「第13回TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~」では、共に笑顔も、互いに距離をとる景子さんと元貴乃花親方の姿が。

離婚の足音が聞こえていたのは1年前のこと。

1995年に婚約を発表した二人ですが、なんと年の差は8歳。貴乃花が23歳の時で、当時、景子さんは31歳でした。この時既に、妊娠6ヶ月。いわゆる”でき婚”。

以来、部屋がなくなる最後の日まで、夫と弟子たちを支えてきた河野景子(花田景子)さん。

スポンサーリンク




河野景子【貴乃花の嫁|現在は会社代表!】

講演会や朗読会など精力的にこなして部屋に貢献してきたという。有名企業の タニマチを廃止したので、相撲界からの批判は相次ぐ中、夫婦二人で、相撲界の新しい形を追求してきたというのが、専門家の見方。

後援会関係者によれば、その奮闘ぶりは、

「景子さんは、貴乃花親方を支える若手親方の奥さんたちでネットワークを作って、相撲部屋の運営を協力したり、貴親方の考えを丁寧に説明したり、内助の功で夫を支えてきました。」(引用:NEWSポストセブン

と、内助の功で夫を支えてきたと評判。

一方で、元貴乃花親方は、”はっきり”とは弟子たちに言わない性格。

以前講演会では、

「師匠は直接的に彼ら弟子たちに言葉を投げかけないんです。

だから時々私は親方が入っていることを私が伝える役だな。

これを伝えた方がいいなと思う時は直接的なコミュニケーションとして取るようにしています」

と話していたという景子さん。代弁するにしても、仕事と割り切っていたとはいえ、

独り、闘うことに、女将としての責務を果たすことに、疲れてしまったのではないか?

そして、その緊張の糸が、今回の景勝関(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=の優勝によって切れて、景子さんの中でも、一区切りつき、今回の離婚の発表に至ったのではないか、という見方が強いですね。

2016年に株式会社「ル・クール」を設立し、現在は、講演会などの活動を精力的に行っているようです。

「河野景子のことばのアカデミー」は、自身が校長となり、小池祥子講師と共同で会社を運営。経営者、社会人、主婦、就職活動中の方を対象に、人前で話す力をつける講座を開催しているようです。

その他、事業内容は、

・美容品のプロデュース/販売

・健康関連商品プロデュース/販売

・イベント企画

・カルチャーアカデミー企画

・出版・映像

・講演・イベント出演 など

となっており、美容品関連のプロデュース業もこなすハイスペック社長へ急成長していました。

アナウンサー時代の経験、そして部屋の女将をしていた頃、培っていたものが今に活きて、河野さんを輝かせているように見えます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください