小園海斗 ドラフト広島|ヒロミが父親?母親こずえサッカー選手で家族がスゴい!

三拍子揃ったプロ注目ショート兵庫・報徳学園高の小園海斗(こぞの・かいと)内野手のドラフト1位指名、プロ野球のドラフト会議で、広島が交渉権を獲得。父親がヒロミさん?母親こずえさんがサッカー選手って本当?

小園海斗 ドラフト広島が獲得。

巨人、ヤクルト、日本ハム、ソフトバンク、オリックス、広島が注目する中、プロ野球のドラフト会議で、報徳学園の小園海斗選手は4球団から1位で指名され、抽せんの結果、広島が交渉権を獲得しました。

小園海斗(こぞの・かいと)内野手プロフィール

178cm79kg、50m5秒8、プロ注目ショート。帽子のつばの裏には「日本一のショート」と大志をしたため昨年のU-18では、藤原とともに2年生で2人だけ代表に選ばれています。


逆瀬台小学校1年時に宝塚リトルで硬式野球を始め、光ガ丘中3年春に枚方ボーイズで全国を制覇。同年11月にU-15代表で世界大会Vを経験し、報徳学園では1年春からベンチ入り。

小園海斗(報徳学園高校)母親が元サッカー選手

ご家族は、父の孝志さん(46)は元走り幅跳び選手。

母のこずえさんは元女子サッカー選手で、Lリーグ(現なでしこリーグ)の旭国際バニーズ(現バニーズ京都SC)でプレー

さらに父方の祖父、義光さんは社会人野球の東洋高圧大牟田で原辰徳次期巨人監督(60)の父、貢さんとチームメート。と、まさにアスリート一家に育った小園海斗内野手。

両親は競技人生を終えた後、整体院を開業。中学時代の成長期に腰痛に悩まされ、両親から体のケアや食育といった良質のサポートを受けています。

小園海斗の父親はヒロミ?噂の真相

小園海斗選手とヒロミさん、全く関係がないにもかかわらず、ヒロミさんとの関係が噂されているようです。どうやら、ヒロミさん、本名が『小園浩己(こぞのひろみ)』小園海斗選手と同じ苗字。

さらに、ヒロミさんの次男『小園隼輝(こぞのとしき)』さんも高校球児であり、2016年、成城学園で3年生の時に西東京大会に出場していることなどから、

『ヒロミの息子って小園海斗選手じゃね???』

的な噂ができてしまったということですね。


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください