窪田哲学 ディレクター顔画像、経歴は私立大学から元警視庁記者。番組「西部邁ゼミナール」で魅入られ 自殺幇助

これまで、入水自殺として遺書も発見されていた評論家の西部邁(にしべすすむ)氏(享年78)の死去報道。4月5日に西部邁氏が出演していた東京メトロポリタンテレビジョン=TOKYO MXの番組を担当していた子会社のディレクターの窪田哲学容疑者(45)と、西部さんの知人で会社員の青山忠司(あおやまただし)容疑者(54)が手助けしたとして他殺・自殺ほう助の疑いで逮捕されたと報じられた。「週刊文春」(4月19日号)によると、窪田哲学容疑者は、私立大学を卒業後、元警視庁記者倶楽部所属の経歴を持つという。約10年前に西部邁氏と出会い、TOKYO MXの討論番組「西部邁ゼミナール」でのディレクターとして頭角を表したという。

 

西部邁氏の自殺[速報]他殺ではなく、自殺幇助

18年4月5日(木)警視庁のその後の調査により、西部邁(にしべすすむ)氏が出演していた東京メトロポリタンテレビジョン=TOKYO MXの番組を担当していた子会社のディレクターの窪田哲学容疑者(45)と、西部さんの知人で会社員の青山忠司容疑者(54)が手助けしたとして自殺ほう助の疑いで逮捕された。(参考元:NHK

窪田哲学 ディレクター顔画像

東京メトロポリタンテレビジョン=TOKYO MXの番組を担当していた子会社のディレクターの窪田哲学容疑者(45)

(出典元:「週刊文春4月19日号)

窪田哲学の経歴は元警視庁記者。番組「西部邁ゼミナール」で魅入られ

「週刊文春」(4月19日号)によると、窪田哲学容疑者は私立大学を卒業後、TOKYO MXテレビに入社。2000年から2004年にかけて、元警視庁記者倶楽部に所属。専門は、強行犯捜査の部署である捜査一課を担当。約10年前に西部邁氏と出会い、TOKYO MXの討論番組「西部邁ゼミナール」でのディレクターとして頭角を表したという。

スポンサーリンク



青山忠司の顔画像


(出典元:Youtubeより)

青山忠司と窪田哲学容疑者の犯行動機

逮捕容疑は、1月21日未明、大田区田園調布5丁目の多摩川付近まで西部さんを車で連れて行き、工事現場などで使う安全帯やロープを装着させた上で川に入水させて自殺を手助けしたというもの(参考元:朝日新聞)。青山容疑者は、「20年以上お世話になった先生のために、やらなくてはならないと思った」、窪田容疑者は「西部先生の死生観を尊重して力になりたいと思った」と話し、いずれも容疑を認めているという。(参考元:NNN)

自殺幇助とは
人を幇助して自殺させる自殺幇助罪(自殺のための道具や場所、知識などを提供すること)、人の嘱託を受けてその人を殺害する嘱託殺人罪、人の承諾を得てその人を殺害する承諾殺人罪(同意殺人罪)を言う(参考元:ウィキペディア)

西部邁氏の自殺|概要

西部邁氏は、2018年1月21日、東京都大田区の多摩川で自殺を図り、溺死したと報じられていた人物。長男が21日未明に捜索願を出し、21日午前6時40分ごろ、大田区田園調布5丁目の多摩川河川敷で、西部邁氏の長男から「父親が川に飛び込んだ」と110番通報があった。

しかし、明日15日発売の「週刊文春」によれば、その不自由な手では、自殺するために手にロープなど結べるはずがないと家族から申告があり、警視庁捜査一課が再捜査に動き始めているという。

西部邁氏の自殺、協力者がいた可能性|捜査関係者の証言

捜査関係者の話によれば、

「事件当初、警視庁田園調布署は、現場に遺書が残されていたことから自殺と判断しました。しかし、その後、いくつもの不可解な点が見つかった。自殺を手助けした人物がいる可能性が高いと見て、捜査一課の捜査が続いています」

とのことで、当初、自殺と判断された今回の事件に、不可解な点が見つかり、自殺には協力者がいた可能性を示唆。

西部邁氏の自殺、協力者がいた可能性|不可解な点と親族の証言

不可解な点というのは、「工事現場用のハーネスで固定され、白いロープが結び付けられていた」と云う点で、西部邁氏の親族によれば、

「邁さんは手が不自由で、食事をするときは箸ではなくスプーンです。それにシャツのボタンを留められず、長女が手伝っていました。ロープの片側は木に巻きつけられていたといいますが、彼1人でロープを結べるとは思えません」

とのことで、一人で自殺は不可能だと推測している。(参考元:西部邁自殺 警視庁が事件性の疑いで再捜査

たしかに、西部邁氏といえば、トレードマークの白い手袋。シャツのボタンも留められない人間が、ロープは結べない。誰かが、頼まれて殺したのならば、それは嘱託殺人と呼ぶべきなのか。

スポンサーリンク



西部邁氏 病気が理由で手袋をしていた

西部邁氏は、神経症を患い、利き手の右腕がますます激しくなる神経痛で、78歳にして字を書けなくなったと明かし、また掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)と云う皮膚のご病気が理由で手袋をしていたとされる。特に、自分の番組に出演される時は、右手に白い手袋、左手に黒い手袋をしていたそう。

これが、最終的には、自死を暗示させるとして、噂になったほど。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です