海月姫 ドラマと映画を徹底比較!キャスト(画像)や最終回結末も違う?!

みなさん、1月15日よりフジテレビ系ドラマ『海月姫』が月9枠で放映されますね!原作も映画も観たことがあるファンのみなさまにとっては、今回の実写化で、キャストがどのような配役になるのか、気になるところではないでしょうか。そこで、今日は、映画とドラマで登場するキャストや主題歌がどのように、ちがうのかを徹底比較しました。また、最終回の結末はどう違っているのかを予想します!

(最後、目白先生は出演されるのでしょうか??)

スポンサーリンク



▼『海月姫』の原作とは?原作者は誰?原作のあらすじは?

『海月姫』とは、講談社「kiss」で2008年より連載され、累計発行部数420万部、2010年には「講談社漫画賞少女部門」を受賞している大人気コミック。そして原作者は、『東京タラレバ娘』でおなじみの東村アキコ先生。

恥ずかしながら、私は、最初「海月」を「うみつき」と読んでいましたが、正確には、「くらげ姫」ですね。

ちなみに、タイトルの意味はストーリーの内容・あらすじとも被ります。
ざっくりとあらすじをお話しすると、主人公でヒロインの倉下月海(くらしたつきみ)は、自他共に認める海月(くらげ)オタクですが、ある時、海月を巡って王子様と出会い、いろいろあって、いろいろ乗り越えて、最後は王子様と天水館で幸せに・FIN(半分ネタバレすみません)と言うシンデレラストーリーになぞらえています。

詳しいあらすじについてはこちらの記事でも書いていますので、よかったらどうぞ〜

『海月姫(ドラマ)』原作あらすじをネタバレ!最終回の結末はどうなる?!

2017.12.19

▼原作は、映画実写化、そしてアニメ化もされている!キャストや配役は?

そして、原作はアニメ化はもちろん、
15年に主演・能年玲奈と菅田将暉により、映画実写化さています。

映画『海月姫』キャスト

・主演“オタク女子”倉下月海役◇能年玲奈

・“女装美男子”鯉淵蔵之介役:◇菅田将暉

・蔵之介の兄・“童貞エリート” 鯉淵修役◇長谷川博己

・民自党最大派閥鯉淵派を率いる国会議員で”修と蔵之介の父親”鯉淵慶一郎◇平泉成

スポンサーリンク



・”地上げ屋”稲荷翔子◇片瀬那奈

・和物ヲタク千絵子◇馬場園梓(アジアン)

・三国志ヲタクまやや◇太田莉菜

・鉄道ヲタクばんばさん◇池脇千鶴

・ベンツをこよなく愛する鯉淵家の運転手花森◇速水もこみち

・枯れたオジサマ好きジジ様◇篠原ともえ

その時の主題歌は、SEKAI NO OWARIです。

スポンサーリンク



楽曲
◆主題歌:「マーメイドラプソディー」(SEKAI NO OWARI)
◆劇中歌:「スターライトパレード」(SEKAI NO OWARI)

『海月姫(ドラマ)』原作の最終回や結末をネタバレ【閲覧注意】目白先生は、実は・・・・

2017.12.19

『海月姫(ドラマ)』原作あらすじをネタバレ!最終回の結末はどうなる?!

2017.12.19

ちなみに、アニメの主題歌は、チャットモンチー!海月姫の世界観にとても合っていました!

楽曲
◆オープニングテーマ:「ここだけの話」チャットモンチー
◆エンディングテーマ:「きみのキレイに気づいておくれ」サンボマスター

アニメも映画もそれぞれの良さがありましたね。
では、ドラマではどのようなキャストに配役が決まったのでしょうか。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です